現代に復元された美しい建造物!金沢城公園の2つの必見スポット

現代に復元された美しい建造物!金沢城公園の2つの必見スポット

更新日:2020/08/05 13:18

Lily Tのプロフィール写真 Lily T 旅先案内人
石川県金沢市にある「金沢城公園」には、復元された五十間長屋(ごじっけんながや)や玉泉院丸庭園(ぎょくせんいんまるていえん)、そして江戸時代から現存する三十間長屋など多くの建造物や庭園などがあります。
金沢城公園にある建造物は、白漆喰や白い瓦屋根などが特徴で、国内にあるお城の中でも類を見ない特有の美しさがあります。

それでは、金沢城公園の見どころについてご紹介していきます!

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

金沢城の歴史について

金沢城の歴史について

写真:Lily T

地図を見る

金沢城は現在の金沢市に築城された平山城で、加賀藩主である前田氏の居住地でした。その昔この場所が尾山と呼ばれていたことから、別名尾山城とも言われています。

金沢城の歴史について

写真:Lily T

地図を見る

もともとは金沢城の前身である「尾山御坊(金沢御堂)」という寺院が建立されており、1488年〜1580年に起きた加賀一向一揆の拠点地でもありました。

1580年に武将である佐久間盛政公が尾山御坊を滅ぼし、その後金沢城と改称されました。

お城と言えば天守閣のイメージですが、金沢城の天守閣は1602年に落雷によって失われてしまい、それ以降再建されていません。

金沢城の歴史について

写真:Lily T

地図を見る

1949年〜1995年まで金沢大学の丸の内キャンパスとして利用されていましたが、その後は「五十間長屋」や「橋爪門」などを復元して金沢城公園として一般公開されています。2006年には日本100名城に選定され、金沢を代表する有名観光スポットの一つとして知られています。

見どころが沢山ある金沢城公園ですが、今回は復元された「玉泉院丸庭園」と「五十間長屋」について詳しくご紹介していきます!

武器の倉庫と城壁の機能を備えた「五十間長屋」

武器の倉庫と城壁の機能を備えた「五十間長屋」

写真:Lily T

地図を見る

二の丸広場にある五十間長屋は武器などを保管する倉庫としての役目を果たし、戦で二の丸を守る城壁の機能もある2階建ての建造物です。

五十間長屋の両側には「菱櫓」と「橋爪門続櫓(はしづめもんつづきやぐら)」があり、建物全体を間近で見ると迫力満点です!

武器の倉庫と城壁の機能を備えた「五十間長屋」

写真:Lily T

地図を見る

金沢城は、白漆喰になまこ壁、そして白い鉛瓦の屋根が特徴です。鉛瓦は通常黒い色をしていますが、空気中の二酸化炭素と反応して塩基性炭酸鉛(白鉛)が生じて白色に変化します。

五十間長屋をはじめ、菱櫓や橋爪門続櫓などの復元は2001年に完了しました。特に白い鉛瓦の屋根は、現在では日本国内のお城でも金沢城でしか見られない技法です。

五十間長屋は内部も見学することが出来ます。釘などを1本も使用しておらず、木造軸組工法という木組みの工法を用いて復元されています。見事な建造物なので、訪れた際はぜひじっくりと観光されることをおすすめします!

見事に再現された「玉泉院丸庭園」

見事に再現された「玉泉院丸庭園」

写真:Lily T

地図を見る

玉泉院丸庭園は、江戸時代初期に造られた池泉回遊式の大名庭園です。現在の庭園は、2015年に玉泉院丸跡に再現された庭園です。

見事に再現された「玉泉院丸庭園」

写真:Lily T

地図を見る

玉泉院丸庭園は、1634年に加賀三代目藩主の前田利常公により作庭が始められたと伝えられています。

日本三名園として有名な「兼六園」は、主に来客をもてなす時に利用されていましたが、玉泉院丸庭園は藩主の内庭として利用されていました。再現したとは思えないほど見事な庭園で、冬の季節には雪吊りの景色も見られます!

兼六園について詳しくは、文末の関連MEMOにてご確認頂けます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

金沢城公園へのアクセス!

金沢城公園へのアクセス!

写真:Lily T

地図を見る

金沢城公園へのアクセスは、バスの利用が便利です。最寄りのバス停はいくつかありますが、JR金沢駅より路線バスや観光バスなどを利用して、「兼六園下・金沢城」、「尾張町」、または「南町・尾山神社」のバス停にて下車すれば到着です!

金沢城公園へのアクセス!

写真:Lily T

地図を見る

今回は、復元された五十間長屋と玉泉院丸庭園を中心にご紹介しましたが、敷地内には江戸時代から現存する建造物などもあります。

玉泉院丸庭園では年間を通して毎週金曜日、土曜日そして祝日の前日に幻想的なライトアップが開催されています。

金沢城公園へのアクセス!

写真:Lily T

地図を見る

金沢城公園の近隣には兼六園や金沢21世紀美術館などの観光スポットもあるので、金沢を一日中満喫することが出来ます!

春の季節には桜、そして秋には紅葉などが観賞出来るので、ぜひとも金沢城公園に足を運んでみてください!

金沢城公園の基本情報

住所:石川県金沢市丸の内1-1
電話番号:076-234-3800
アクセス:JR金沢駅よりバスで約20分 「兼六園下・金沢城」「尾張町」または「南町・尾山神社」バス停下車
入園料:無料 ※菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓・橋爪門は320円
営業時間:3月1日〜10月15日 7:00〜18:00、10月16日〜2月末日 8:00〜17:00
※菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓・橋爪門 9:00〜16:30(入館〜16:00)

2020年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/03/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -