高知“天空の林道”上名野川線とパノラマの猿越山

高知“天空の林道”上名野川線とパノラマの猿越山

更新日:2020/07/30 10:48

春野 公比呂のプロフィール写真 春野 公比呂 歴史研究家、郷土文筆家、郷土登山家
高知県には「天空の道」と呼ばれる車道が三ヶ所あります。UFOライン、四国カルスト公園縦断線、そして「天空の林道」こと、仁淀川町の林道・上名野川線です。標高1400m前後を走る上名野川線は、本当に空中に浮かんでいるかのように見えます。その林道から散策程度で登れる笹原の猿越山(1436m)は、360度の大展望が開けています。天空の林道を走行し、天空の山へ登り、雲上の世界をお楽しみ下さい。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

実感せよ!「天空の林道」上名野川線

実感せよ!「天空の林道」上名野川線

写真:春野 公比呂

地図を見る

天空の林道」という呼称は近年、SNS等で知られるようになりましたが、正式名称「林道・上名野川線」を知る方は極めて稀です。そこに向かうには、まず国道33号から「中津渓谷」の標識に従い、渓谷を過ぎると「吾川スカイパーク」若しくは「スキー場」(吾川スカイパークの前身)の道標を追います。そこを過ぎると、今度は「中津明神山」の道標を追っていきます。

中津明神山(1540.6m)の8合目位まで登ると、右手に小さな「カラ池」若しくは「トレッキングコース」という道標が現れるので、その方向に折れます。その未舗装林道が上名野川線です。そこの分岐を中津明神山方向に登った地点から高知・愛媛県境の尾根を見下ろすと、その光景は万人が納得する「天空の林道」になっています。

実感せよ!「天空の林道」上名野川線

写真:春野 公比呂

地図を見る

林道は最初、一旦下ります。急カーブがいくつかありますが、そのカーブ部から改めて進路方向の林道を望むと、遠くに猿越山も見えています。林道が平坦になると、いよいよ「天空の走行」が始まります。

実感せよ!「天空の林道」上名野川線

写真:春野 公比呂

地図を見る

林道の起点から2.2km進んだ所でまたカラ池の道標が現れます。ここが猿越山登山口兼、カラ池から雑誌山(ぞうしやま)を経て、水ノ峠(とう)まで続く、長大な縦走路の入口です。標高は1390m、そのすぐ上が県境尾根です。尾根上には樹木が殆どなく、林道の反対側を見下ろすと、笹原のスロープ越しに展望が広がっています。

想像以上のパノラマ・猿越山

想像以上のパノラマ・猿越山

写真:春野 公比呂

地図を見る

尾根一帯は笹原で視界を遮るものは何もなく、起伏もあまりないため、軽快に登っていけます。進むに連れ、猿越山の山容が眼前に迫ってきます。山頂のやや手前は尾根の西側が樹林帯ですが、勾配は見た目ほどきつくありません。

想像以上のパノラマ・猿越山

写真:春野 公比呂

地図を見る

写真を撮りながらゆっくり登って20分ほどで山頂です。当然、山頂はこれまでの縦走路からの展望より優れていて、360度の大パノラマが広がり、遙か石鎚山系まで一望できます。

想像以上のパノラマ・猿越山

写真:春野 公比呂

地図を見る

尾根の所々と山頂付近には4月後半から5月上旬、ミツバツツジが咲き、そのピンクは空の青や山の緑によく映えます。標高が高いだけに、夏場は避暑にもなります。

余力があれば「天空の縦走路」を

余力があれば「天空の縦走路」を

写真:春野 公比呂

地図を見る

山頂から先の尾根を見下ろすと、尾根の西側が灌木帯、東側が笹原になっているように見えます。そこを走る尾根道はまさしく「天空の縦走路」と言えるでしょう。

余力があれば「天空の縦走路」を

写真:春野 公比呂

地図を見る

森林限界を超えた尾根の登山道は当然のことながら、上りの往路よりも下りの復路時の展望が良く、往路辿ってきた尾根を一望することができます。いつまでもこの展望を楽しみたいところですが、帰路は10分台で登山口に帰り着いてしまいます。

余力があれば「天空の縦走路」を

写真:春野 公比呂

地図を見る

登山口が近づくと、車で走行した林道を見渡すことができます。その景観を見ていると、登山口からその林道を歩いてみたくなることでしょう。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

「天空の人」から「天空の鳥」へ

「天空の人」から「天空の鳥」へ

写真:春野 公比呂

地図を見る

登山口から北の林道はすぐ樹林に覆われるようになるため、車で来た道を少し歩いてみましょう。引き返していくと、段々中津明神山の山体が迫ってきます。天辺に建つ建物は、雨量レーダードームです。車道化された山ですが、高知・愛媛両県からの登山道も残っており、特に道路が凍結する冬期は、昔からの登山道を登る登山者の姿が見かけられます。

「天空の人」から「天空の鳥」へ

写真:春野 公比呂

地図を見る

登山口から南の尾根がヤブ化しているため、林道を俯瞰する写真は撮り難いのですが、斜面にヤブがない箇所も一部あるため、林道越しの風景をカメラに収めることもできます。

「天空の人」から「天空の鳥」へ

写真:春野 公比呂

地図を見る

林道自体の写真も撮りたいものですが、緩やかなカーブが多いため、撮影ポイントは限られます。それでも林道が尾根上を走っている箇所では、視界の奥に林道が一直線に消えていく様が見られます。

往路、車で通り過ぎた吾川スカイパークは、映画「県庁おもてなし課」のロケ地でもあります。そこではパラグライダー体験ができるため、興味のある方は帰路寄り、錦戸亮氏のように「天空の鳥」になるといいでしょう。

林道・上名野川線と猿越山の基本情報

所在地:高知県吾川郡仁淀川町上名野川
電話番号:0889-35-1083(仁淀川町役場産業建設課)
アクセス:高知自動車道伊野ICから車で約2時間40分(登山口まで)
駐車場:整備された駐車場はなし。但し、登山口前の路肩に3台ほど縦列駐車可
※林道・上名野川線の起点に到る道路と、上名野川線は幅員が狭く、ガードレールもないため、車の運転は慎重に。

2020年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/05/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -