最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

秋の特別公開も!京都「旧三井家下鴨別邸」で名建築と紅葉を堪能

秋の特別公開も!京都「旧三井家下鴨別邸」で名建築と紅葉を堪能

更新日:2020/10/30 12:43

古都の U助のプロフィール写真 古都の U助 ブロガー
鴨川デルタの北側、下鴨神社・糺の森の南側にある「旧三井家下鴨別邸」。
かつての豪商・三井家の別邸は、現在は重要文化財であり広く一般に公開されています。敷地内には四季折々に美しい池のある庭園があり、建築は外観も内部の意匠も見所が盛りだくさん!
また、例年紅葉が美しい時期には特別公開として、普段は見ることができない二階及び三階望楼部分の公開も行われ、各階でガラリと変わる景色を堪能することができますよ。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

秋の旧三井家下鴨別邸

秋の旧三井家下鴨別邸

写真:古都の U助

地図を見る

建築や四季折々に美しいお庭の風景も楽しめる旧三井家下鴨別邸。その入口は下鴨神社の鳥居のすぐ横にあり、敷地を取り囲む塀に降りかかる紅葉とあわせて素敵な景色を見ながら歩くことができます。

秋の旧三井家下鴨別邸

写真:古都の U助

地図を見る

こちらの紅葉に囲まれているのは主屋(しゅおく)の三階、望楼と呼ばれる部分。旧三井家下鴨別邸において大きな特徴の1つとなるもので、通常は一階のみの公開となりますが、特別公開の際には二階と三階望楼部分の公開も行われます。

表情豊かな外観

表情豊かな外観

写真:古都の U助

地図を見る

こちらは入口から入り、建築を北側から見た様子。
右手側は同じ京都市内木屋町三条から移築された際増築された玄関棟で、左手奥が主屋です。その形状はどこか船を連想するような独特の姿を見せています。かつてはこちら側が通りに面した表玄関として使用されていました。

表情豊かな外観

写真:古都の U助

地図を見る

こちらは逆に南側に広がる庭園から主屋を見た眺め。左手に玄関棟、右側には茶室もあり、秋は紅葉も美しく必見のアングルです。
旧三井家下鴨別邸は、派手さはないものの庭に面した座敷に当時としては貴重であった大きなガラスが使用され景観が楽しめるよう工夫されていたり、細部まで粋なあしらいを見ることができます。

室内から見る大小のお庭

室内から見る大小のお庭

写真:古都の U助

地図を見る

旧三井家下鴨別邸では、建築内部から楽しめる数々の中庭や坪庭の景色も遊び心にあふれ、見逃せないものとなっています。こちら小さな庭のつくばいは三井家が両替商を営んでいたことにちなみ、水をたたえる部分が分銅の形になっています。時には四季の植物が配されることも。

室内から見る大小のお庭

写真:古都の U助

地図を見る

重厚な雰囲気もありながらモダンなテイストも感じられるこちらの中庭は、棕櫚竹が素敵なアクセントに。棕櫚竹の緑の葉は四季を通じて邸宅を彩ってくれます。

室内から見る大小のお庭

写真:古都の U助

地図を見る

そして主屋の座敷前には大きなガラス入りの障子が用いられ、庭の景色を存分に味わえるように工夫されています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

細部まで注目を!

細部まで注目を!

写真:古都の U助

地図を見る

こちらの大きなガラスは今はもう作ることができない表面にゆらぎのある大正ガラスとよばれるもので、とても貴重なものとなっています。見る角度によっては独特のゆらぎが確認できるので、幻想的な景色を楽しむこともできますよ。
また、一階の座敷の床の間には季節の花が飾られたり、折々に珍しいものやゆかりの品などが展示され訪れる人を楽しませてくれます。

細部まで注目を!

写真:古都の U助

地図を見る

また、座敷には襖を閉めることで見えなくできる水屋もあります。旧三井家下鴨別邸には別棟で茶室もありますが、こちらは主屋の座敷でお茶会が開かれた際使用されていたものです。邸宅内では昔も今もおもてなしの心を随所で味わうことができます。

細部まで注目を!

写真:古都の U助

地図を見る

こちらは大正時代に改築された部分である折り返し階段と、洗面所。他に浴室、トイレなども大正時代に改築され、いずれも保存状態がよく細部までセンスの良いデザインを見ることができます。
階段は一階から二階へ続くものだけでも計三ヶ所もあり趣も違うので、ぜひそれぞれチェックしてみてください。

特別公開でしか見られない!二階&三階から見る絶景

特別公開でしか見られない!二階&三階から見る絶景

写真:古都の U助

地図を見る

また、二階から見るお庭の光景も必見です!色とりどりの木々の様子や、瓢箪池の眺めが楽しめます。欄干のモチーフも特徴的で、欄干越しにみる庭の光景はまさにアート。

特別公開でしか見られない!二階&三階から見る絶景

写真:古都の U助

地図を見る

お庭は実際に歩いて回ることもできますが、瓢箪池の形は断然二階から眺めた方がよくわかります。ちなみに、池の水は下鴨神社の糺の森を流れる泉川から引かれています。

特別公開でしか見られない!二階&三階から見る絶景

提供元:京都市観光協会

https://www.kyokanko.or.jp/地図を見る

また、三階に上がれば視界はガラっと変わります。窓からは紅葉の庭園だけでなく、比叡山や大文字山など周囲の絶景が楽しめます。東山の山肌も、秋は紅葉して風情ある色彩となるので、ぜひその目で確かめにきてくださいね。

三階からの眺めと、杉戸絵など一部は撮影ができませんが、お庭はもちろん邸宅内の多くは写真撮影可能という点も旧三井家下鴨別邸の大きな魅力となっています。

喫茶タイムもおススメ!

旧三井家下鴨別邸では、喫茶の営業もされています。ご紹介したお座敷で素敵なお庭を眺めながら、お抹茶やコーヒー、甘味などがいただけます。また、お天気が良い日はお庭に出されたベンチでカフェタイムを楽しむこともできます。

喫茶の様子は早春から初夏の花々とともに別記事にてご紹介していますので、下記MEMO欄からぜひご覧ください。

2020年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/11/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -