アテネ「ゴーランドリス現代美術館」富豪夫妻のアートな遺産!

アテネ「ゴーランドリス現代美術館」富豪夫妻のアートな遺産!

更新日:2020/08/08 09:59

小野 雅子のプロフィール写真 小野 雅子 わくわく探しの旅ライター
ギリシャの首都アテネには、沢山のミュージアムがあります。特にアクロポリス博物館や国立考古学博物館のように古代ギリシャ関連のものが有名ですが、今回ご案内するゴーランドリス現代美術館は19世紀以降のアートが中心。海運業界の大富豪バジル・ゴーランドリスと妻エリスが蒐集したのはゴッホ、ピカソ、クレー、ジャコメッティなど珠玉の傑作ばかり。フランスで活躍した日本人画家、レオナール藤田の作品にも会えますよ!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

シャガールの描いたエリス夫人がお出迎え!富豪夫妻の贈り物

シャガールの描いたエリス夫人がお出迎え!富豪夫妻の贈り物

写真:小野 雅子

地図を見る

ゴーランドリス現代美術館の正式名は、バジル・アンド・エリス・ゴーランドリス基金。船舶業界の大富豪バジル・ゴーランドリスと妻エリスは熱心な美術蒐集家でしたが、夫妻は子供をもうけず世を去りました。そして彼らの膨大なコレクションを展示するために作られたのが、この美術館なのです。

もともとギリシャ南東アンドロス島出身のバジルが生まれたゴーランドリス家は、船舶オーナーとして成功してきた一族。アテネには他にも、彼らが築いたキクラデス文明美術館やゴーランドリス自然史博物館などがあります。ギリシャの船舶実業家というとJ.F.ケネディ未亡人ジャクリーンと再婚した海運王オナシスがつとに有名ですが、なんともスケールが違いますね!

シャガールの描いたエリス夫人がお出迎え!富豪夫妻の贈り物

写真:小野 雅子

地図を見る

ゴーランドリス現代美術館があるのは、アテネ中心部のパングラティ地区。第一回目の近代オリンピック大会が行われたパナシナイコ競技場から徒歩3〜4分の近さで、観光者にとっても便利なロケーションにあります。

最寄りの地下鉄駅はエヴァンゲリスモス駅かシンタグマ駅。大通りを歩いていくと美術館に隣接する聖スピリドン教会とその前に続く広場が見えてくるので、これを目印にすると見つけやすいでしょう。

シャガールの描いたエリス夫人がお出迎え!富豪夫妻の贈り物

写真:小野 雅子

地図を見る

入口からチケット売り場のカウンターに向かう時は、右手の壁に掲げられたエリス夫人と愛犬の肖像画にご注目を。日本でもファンの多い画家マルク・シャガールとは個人的にも親交を深めた関係で、彼が描いた美しいエリス夫人の絵には親愛と友情が込められています。入場券にも印刷されたこの絵は、いわば当美術館のシンボルとも言えますね。

印象派からモダニズムまで 近代・現代の精鋭コレクション

印象派からモダニズムまで 近代・現代の精鋭コレクション

写真:小野 雅子

地図を見る

約200点ほどの所蔵品は、ゴーランドリス夫妻が愛した珠玉の名作ばかり。一例を挙げただけでもゴッホ「オリーブ摘み」、モネ「ルーワン大聖堂」、ピカソ「アビニョンの女」、セザンヌ「肩越しの自画像」・・・他にもゴーギャン、ミロ、ロートレック、ブラック、ポロック、カンディンスキー、ボナール、クレーと19世紀&20世紀を代表するアーティストが並びます。

印象派からモダニズムまで 近代・現代の精鋭コレクション

写真:小野 雅子

地図を見る

彫刻作品も充実しておりロダン、ゴーギャン、ジャコメッティ、キリコなど。バレリーナを描き続けた印象派画家として知られる、ドガが制作した「14歳の小さな踊り子」もあります。

印象派からモダニズムまで 近代・現代の精鋭コレクション

写真:小野 雅子

地図を見る

日本人としては、藤田嗣治のデッサン「恋人」を見ることが出来るのは嬉しいポイント。1913年にフランスのパリへ渡って画家として成功し、戦時中は日本への帰国を余儀なくされながらも再びフランスへ戻りレオナール・フジタの名で帰化。波乱に富んだ彼の人生はオダギリジョー主演映画「FOUJITA」となったので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

また彫刻家として有名なアルベルト・ジャコメッティが、同じくパリに渡った哲学者・矢内原伊作を描いた「ヤナイハラ」も展示されています。

ギリシャ現代アーティスト達と、16世紀の画家エル・グレコ

ギリシャ現代アーティスト達と、16世紀の画家エル・グレコ

写真:小野 雅子

地図を見る

ところで、この美術館がオープンしたのは2019年10月。すなわちアテネ市内で最も新しい美術館でもあり、洗練されたデザインとフロアープランも魅力のうちです。館内には講演会場やアート関連書の図書館、子供たちのワークショップなども完備しています。

展示フロアーは4階分あり、最上階とその下の階はギリシャ国内アーティストの作品に特化。ギカ、モラリス、ファシアノス、トンブロス、ガイティスなど20世紀および今世紀のギリシャ現代アートをまとめて鑑賞することが出来ます。

ギリシャ現代アーティスト達と、16世紀の画家エル・グレコ

写真:小野 雅子

地図を見る

なお入場料(大人8ユーロ、学生と65歳以上は6ユーロ)には、オーディオガイドの貸出しも含まれています。言語はギリシャ語と英語の2択となりますが、平易な英語なので入館時に借りておくのがお勧め。

ギリシャ現代アーティスト達と、16世紀の画家エル・グレコ

写真:小野 雅子

地図を見る

基本的には現代アートのための美術館ではありますが、ギリシャ人の画家といえば16世紀〜17世紀初頭に活躍したエル・グレコの存在も欠かせません。ギリシャのクレタ島出身ドメニコス・テオトコプーロスは、イタリアを経てスペインのトレドで生涯を終えた人。

スペインでは「ギリシャ人」を意味するエル・グレコの通称で呼ばれるようになり、宗教画を中心として精力的に創作しました。独特なタッチは当時としてはとても前衛的で、後世のピカソやセザンヌに影響を与えたと言われています。

現代アート蒐集に情熱を傾けたゴーランドリス夫妻にとってもエル・グレコだけは例外らしく、彼が1580年代に描いた「聖人ヴェロニカの聖顔布」が特別な位置を占めています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ルイ15世様式の優雅なアンティーク家具 美の神髄を慈しむ

ルイ15世様式の優雅なアンティーク家具 美の神髄を慈しむ

写真:小野 雅子

地図を見る

全体的に明るく開放的な館内ですが、暗い照明の部屋が1つだけあります。それはゴーランドリス夫妻が所有し実際に使っていた、アンティーク家具と調度品コレクションの展示室。照明が暗いのは、貴重なアンティークの品々を退色から守るためです。

モダンアートを愛してやまない夫妻でしたが、豪奢な邸宅にはやはり華麗なアンティーク家具が似合ったのでしょう。なかでもフランスのルイ15世様式を好んだようで、殆どの家具を1700年代半ばに作られた優美なデザインで統一しています。

ルイ15世様式の優雅なアンティーク家具 美の神髄を慈しむ

写真:小野 雅子

地図を見る

これらの家具に合わせて、インテリア小物もほとんどが同じ時代のフランス製。燭台、ポプリを入れる陶製容器、インク壺、置時計など、どれも1700年代の品という凝りようです。なかにはドイツのマイセン製オウムの置物や中国製の陶器もありますが、ルイ15世様式でまとめた家具に調和するようセレクトされている審美眼は、さすがと言うほかありません。

ルイ15世様式の優雅なアンティーク家具 美の神髄を慈しむ

写真:小野 雅子

地図を見る

一角にあるガラスケースには、ブシュロンのロッククリスタルで出来たオウムのように繊細な小物類を陳列。屋敷の隅々まで芸術品で埋め尽くされていた、ゴーランドリス夫妻の日常生活を物語っているようです。

明るいカフェでモダンギリシャ料理のランチはいかが?

明るいカフェでモダンギリシャ料理のランチはいかが?

写真:小野 雅子

地図を見る

館内にあるカフェは、開放的で明るい雰囲気。お茶やコーヒー、お菓子でひと休みするのも、軽くランチするのも良いですね。

このカフェは美術館への入場チケットを買わなくても利用できるため、ちょっとお洒落な雰囲気を味わうアテネっ子にも人気。室内だけでなく中庭のオープンテラス席もあるので、ギリシャらしい青空の下で寛ぐのもナイス!

明るいカフェでモダンギリシャ料理のランチはいかが?

写真:小野 雅子

地図を見る

ランチメニューには、ギリシャ独特のチーズ&ハムをトッピングしたオムレツや、ホウレン草パイなどが人気。また大の甘党ギリシャ人には欠かせないスィーツも色々ありますよ!

明るいカフェでモダンギリシャ料理のランチはいかが?

写真:小野 雅子

地図を見る

2019年10月に完成した最新の美術館ですから、現代人に必要な設備はほとんど揃っています。もちろん高速WiFiは館内どこでも使えるし、パスポートなどの身元証明があればベビーカーや車いす、歩行補助器の貸し出しもしています。

美しく洗練されたゴーランドリス現代美術館で、大富豪夫妻が愛したモダンアートを満喫しましょう!

ゴーランドリス現代美術館の基本情報

住所:Basil & Elise Goulandris Foundation,13 Eratosthenous street, Athens 116 35
電話:+30-210-7252-895
アクセス:地下鉄エヴァンゲリスモス駅またはシンタグマ駅から徒歩4分

手荷物に関する注意:小さいバッグ以外の持ち物は、基本的に無料クロークルームに預ける事になっています。中サイズ以上のショルダーバッグやリュック、上着など館内で着ない衣類、傘などもクロークへ。ただし55cm x 35cm x 25cmより大きい荷物はクロークでも預からず、入場できないのでご留意ください。

2020年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/11/09 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -