最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

甘ーいパスタはドイツ名物!「スパゲッティ・アイス」

甘ーいパスタはドイツ名物!「スパゲッティ・アイス」

更新日:2020/10/05 14:22

car minのプロフィール写真 car min ドイツ在住旅行ブロガー
ヨーロッパでスパゲッティといえば、イタリアを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?
では、アイスで有名な場所は?と尋ねられたら、やはりイタリア!?

そんな固定観念がひっくり返るような特別なアイス「スパゲッティ・アイス」は、ドイツの名物アイス。「スパゲッティ・アイス」が登場して約半世紀。ドイツ国民に愛され続けている特別なアイスクリームをご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ドイツ人はアイスが大好き!

ドイツ人はアイスが大好き!

写真:car min

ヨーロッパでイタリアに次ぐアイスの個人消費量が多い国ドイツ。小さな町でも必ずアイスショップを見かけるほど。ソフトクリームはほとんど見ることが無く、コーンかカップに希望のアイスを入れてもらうスタイル。値段もシングルで1ユーロから1.5ユーロで、子供がお小遣いを握りしめて買いに行ける価格です。

ドイツ人はアイスが大好き!

写真:car min

半袖を着るぐらいの陽気になると、アイスショップは大人気!週末になると長い列になっていることも。ドイツには、持ち帰りにドライアイスを付けてくれるサービスなど無いので、その場で食べるのがおすすめです。

ドイツ名物「スパゲッティ・アイス」

ドイツ名物「スパゲッティ・アイス」

写真:car min

ドイツには「アイス・カフェ(Eis Cafe)」と呼ばれる、アイスをメインとしたカフェが多くあり、そこで食べられる名物が「スパゲッティ・アイス(Spaghetti Eis)」。名前だけ聞くとスパゲッティのトッピングにアイスが乗っていそうで、熱いの?冷たいの?と、出てくるまで不安になるかもしれませんが、正解は写真のように、スパゲッティの形をしたアイス!

基本は、バニラアイスと生クリームの上にイチゴソースがかかった、外見がトマトソースのスパゲッティスタイル。

ドイツ名物「スパゲッティ・アイス」

写真:car min

バニラアイスでスパゲッティの形を作り、その上にチョコレートソースやキャラメルソースがかかった物も。ナッツやバナナなどの果物がトッピングされた物も人気。チョコレートアイスでヌードルの形を作った、イカ墨スパゲッティのようなアイスもチョコレートファンには嬉しい一品。

「スパゲッティ・アイス」発祥の地マンハイム

「スパゲッティ・アイス」発祥の地マンハイム

写真:car min

地図を見る

ドイツ南西部、ライン川とネッカー川の間に広がる大学都市マンハイム。観光地として有名な都市、ハイデルベルクの北西に位置しています。多くの鉄道主要路線が交差する重要な場所でもあります。

マンハイムの市街は、格子状になっているのも特徴の一つ。他の場所では「カール通り」や「ビスマスク通り」など通りの名前で場所を表していますが、マンハイムでは「M1」や「E6」などで表示されています。

「スパゲッティ・アイス」発祥の地マンハイム

提供元:Eis Fontanella Eismanufaktur Mannheim

http://www.fontanella.de/地図を見る

その格子状の市街の中でも、おしゃれなショップが並ぶ地域の一角に「アイス・フォンタネッラ(Eis Fontanella)」があります。

常にトレンドとフレーバーを探求した、色とりどりのアイスクリームが店頭に並び、カフェの席に着いてゆっくり食べたり、コーンやカップで買って、歩きながら食べることも可能。日本だとお行儀が悪い!と言われそうですが、ドイツでは、大人も子供も、アイスを食べながら歩いている姿を街中で見かけます。

「スパゲッティ・アイス」発祥の地マンハイム

写真:car min

地図を見る

「アイス・フォンタネッラ」は、1933年にイタリアから移住してきたフォンタネッラ氏によって開業されました。イタリアらしいアイスクリームはもちろんですが、イタリアンコーヒー、トーストやフォッカチャなどの軽食、そしてケーキやタルトなどもこちらで味わうことができます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

「スパゲッティ・アイス」のひらめきから50年!

「スパゲッティ・アイス」のひらめきから50年!

写真:car min

地図を見る

現在のオーナーであるダリオ・フォンタネッラ氏が、「スパゲッティ・アイス」のヒントを得たのは17歳の時。イタリアで学生時代を過ごしていた彼は、訪れたスキー場でモンブランケーキを食べて、その作り方にとても興味を持ちました。

作り方を尋ねた彼に、カフェのオーナーが取り出したのは、卵麺を押し出す器具シュペッツレプレス。ドイツ南部やオーストリアの名物料理、シュペッツレ(卵麺)を作る時に利用する器具で、栗のピューレを押し出していたのです。

ダリオ氏は、学校の休暇でドイツの両親の元に帰った時に、アイスクリームでスパゲッティの形に作ることに挑戦しました。

「スパゲッティ・アイス」のひらめきから50年!

提供元:Eis Fontanella Eismanufaktur Mannheim

http://www.fontanella.de/地図を見る

無数の試作の結果、ついに完璧な「スパゲッティ・アイス」が生み出されました。特別な型に入れて作る「スパゲッティ」のフォルムの下には濃厚な生クリームが。「トマトソース」には、イチゴのピューレが使われ、少しの酸味と甘みがバニラクリームアイスを引き立てます。そして、忘れてはならない、粉チーズ「パルミジャーノ」にはホワイトチョコレートを!

開発当初は、「スパゲッティ・アイス」を見た子供たちが、アイスが食べたいのにスパゲッティが出てきたと泣いた程。1969年にひらめいたアイデアは現在50年以上の歴史を紡いでいます。

<基本情報>
住所:O4,5 Mannheim
電話番号:+49-621-18191616
アクセス:マンハイム中央駅から徒歩約13分/トラム利用(3番、4番)約6分
営業時間:10時〜22時

ドイツ名物「スパゲッティ・アイス」を召し上がれ!

ダリオ・フォンタネッラ氏の発見、発明から始まった「スパゲッティ・アイス」。現在は、ドイツのアイスカフェで主要なメニューになっています。そのお店独自のトッピングやアイスの組み合わせがあり、数人で違うメニューを頼んで、食べ比べてみるのも楽しいでしょう。

「アイス・フォンタネッラ」があるマンハイムは人気の観光地ハイデルベルクから電車で30分ほどの距離。ぜひ、オリジナルの「スパゲッティ・アイス」も味わってみてくださいね。

2020年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -