最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

9月中旬からもう紅葉!北海道「大雪山旭岳」空中散策&ハイキング

9月中旬からもう紅葉!北海道「大雪山旭岳」空中散策&ハイキング

更新日:2020/08/16 17:11

ミセス 和子のプロフィール写真 ミセス 和子 北海道ブロガー、街興しフリーライター
北海道の中央に位置する大雪山国立公園は、北大雪、表大雪、東大雪、十勝連邦の4山域に分かれています。その中でも旭岳は、標高2290.9メートルと、北海道では最も高い山。
大雪山国立公園の山は、7月中旬になると高山植物が咲き乱れ、9月中旬からは日本で最も早いと言われる紅葉が始まります。旭岳は中腹までロープウェイもあります。ロープウェイからの空中散策と姿見駅から約1時間のハイキングコースをご紹介します。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

大雪山旭岳ロープウェイから紅葉を鑑賞しよう

大雪山旭岳ロープウェイから紅葉を鑑賞しよう

写真:ミセス 和子

地図を見る

大雪山旭岳ロープウェイの駅は、標高約1100メートルにあります。麓ロープウェイの駅は、二階建ての建物。二階で切符を購入し出発します。一階はお土産屋さんやレストランがあります。

大雪山旭岳ロープウェイへのアクセスは、車の場合JR旭川駅から約1時間10分、JR札幌駅から約3時間の場所にあります。JR旭川駅からは「いで湯号」の循環バスがあります。

大雪山旭岳ロープウェイから紅葉を鑑賞しよう

写真:ミセス 和子

地図を見る

写真のゴンドラは、大雪山旭岳の標高1600メートル「姿見の駅」まで約10分の道のりを往来。ゴンドラからは、四季折々に素晴らしい北海道の山の風景が楽しめます。
ゴンドラは、一度に101人までが乗車。季節によって運行時間が変わりますが、運行時間は近隣のホテルでも確認できます。

動画:ミセス 和子

地図を見る

ロープウェイ乗車後は、日本語と英語の二カ国語のガイドが流れます。標高1600メートルまでの原生林や、ロープウェイ到着後の散策コース、高山植物や山に住む生き物のこと等、しばし目と耳で旭岳の自然を満喫してみましょう。

ロープウェイは強風や、落雷等の悪天候時は運行を休止する場合があります。ペットの乗車は禁止、またドローン等も持ち込み禁止となっています。

「姿見駅」からの大自然を満喫!

「姿見駅」からの大自然を満喫!

写真:ミセス 和子

地図を見る

ロープウェイ到着後、登ってきた方向を眺めてみましょう。不思議に感じるかもしれませんが、標高1600メートルの場所には、背の高い木が殆どありません。

ここは、気候条件が緯度の関係で本州の3000メートル級の山に匹敵する厳しい環境にあり、そのため森林限界が1500メートルと低いのです。ですから1600メートルの場所には、低木のなだらかな山並みが続きます。

「姿見駅」からの大自然を満喫!

写真:ミセス 和子

地図を見る

天候や時間によって、周囲の景色も違って見えます。360度の景色は素晴らしく、天候や時間によっては神秘的な光景が眺められます。
写真は早朝の旭岳。遠くの山々や麓の湖、手つかずの自然の光景が素晴らしく、見応えがあります。

「姿見駅」からの大自然を満喫!

写真:ミセス 和子

地図を見る

ロープウェイは、標高1600メートルの姿見駅に到着します。ここへ来る人の目的は二つ。一つは旭岳山頂まで本格的な登山と、もう一つは姿見駅から二つのハイキングコースを散策することです。装備を見ると目的がすぐにわかるでしょう。

姿見駅は木造二階建て、お土産売り場があります。ここ以外にトイレはありませんので、必ず済ませてから出発して下さい。

紅葉の「カムイミンタラ」散策コース

紅葉の「カムイミンタラ」散策コース

提供元:旭岳ロープウェイ

http://asahidake.hokkaido.jp/ja/地図を見る

散策コースは、旭岳を背景に、はい松の緑と高山植物の赤とのコントラストが美しく、まさに自然が描く芸術品です。9月中旬から紅葉が始まり、日本の紅葉前線は旭岳から始まるとも言われています。

紅葉の「カムイミンタラ」散策コース

提供元:旭岳ロープウェイ

http://asahidake.hokkaido.jp/ja/地図を見る

かつてアイヌの人々はこの地を「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」と呼び、敬っていました。7月中旬にはチングルマなどの高山植物が咲き乱れ、9月中旬から鮮やかに色づいた紅葉が鑑賞できます。

紅葉の「カムイミンタラ」散策コース

提供元:旭岳ロープウェイ

http://asahidake.hokkaido.jp/ja/地図を見る

写真は、白くて華麗な高山植物「チングルマ」。10月中旬頃、紅葉が終わって綿毛になった様子です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

展望台から写真を撮影しよう!

展望台から写真を撮影しよう!

写真:ミセス 和子

地図を見る

散策路を進むと、風景の良い場所に展望台があります。ベンチに腰をおろし、周囲の風景を撮影する事ができます。第一展望台から第五展望台に向かって巡ってみましょう。

展望台から写真を撮影しよう!

提供元:Yuka_aoki

地図を見る

散策路には、いくつかの池があります。写真は第三展望台付近の「鏡池」、この池は噴火口に水が溜まったもの。池には旭岳が映し出されます。
隣には「摺鉢(すりばち)池」があり、この二つの池は「夫婦池」とも呼ばれています。

姿見の池や第五展望台

姿見の池や第五展望台

写真:ミセス 和子

地図を見る

旭岳の裾野にある「姿見の池」は、天候や時間によっても違いますが池に映し出される旭岳が素敵です。そしてこの場所が散策路の折り返し地点になります。初雪が降った旭岳の裾野にはいくつかの噴火口があり、白い煙が上がっています。
自然の息吹が感じられる、旭岳の風景が鑑賞できます。

姿見の池や第五展望台

写真:ミセス 和子

地図を見る

姿見の池周辺にある「鐘の塔」。旭岳を背景に写真が撮れる撮影スポットでもあります。

姿見の池や第五展望台

写真:ミセス 和子

地図を見る

写真は、散策路の折り返し地点でもある「第五展望台」です。ベンチに座って、噴火口から煙が上がる旭岳山頂や、姿見駅の方向等、360度眺めてみましょう。

大雪山旭岳ロープウェイの基本情報

住所:北海道上川郡東川町旭岳温泉
電話:0166-68-9111
休業日:不規則(ホームページ参照)

ロープウェイの運行時間:
6/1〜10/20は15分間隔
10/21〜11/10、12/11〜5/31は20分間隔
ロープウェイの所用時間:約10分
駐車場:乗用車・バイクは500円(11月〜5月は無料)

2020年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/10/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -