最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

埼玉の超構造体・防災地下神殿こと首都圏外郭放水路を見学

埼玉の超構造体・防災地下神殿こと首都圏外郭放水路を見学

更新日:2020/08/26 14:56

大木 幹郎のプロフィール写真 大木 幹郎 巨樹巨木巡礼者、低山登山者
埼玉県の東部に位置する春日部市には、世界最大級の地下放水路、河川の洪水を流すトンネルがあります。それが全長約6.3kmにも及ぶ首都圏外郭放水路。東京都内まで続く中川流域の市街地を洪水から守る、壮大な規模の地下トンネルです。見学会が開催されており、地下神殿こと調圧水槽の存在が有名になりました。春日部市の地下にある超構造体、首都圏外郭放水路の見学をご案内します。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

洪水を防ぐ地下の超巨大放水路

洪水を防ぐ地下の超巨大放水路

写真:大木 幹郎

地図を見る

首都圏外郭放水路の見学会で最大の目玉ともいえるのが、この調圧水槽です。洪水の排水を調整をする地下の巨大プールで、奥行きが177m、高さは18mもの規模。巨大な柱が林立する様は、地下神殿と呼ぶに相応しい圧巻の施設。

首都圏外郭放水路の役割は、都内まで続く中川流域を洪水から守ること。中川流域は昔から浸水被害の多い人口の集中する低地。この放水路で複数の河川から洪水を取り込み、治水容量の大きな江戸川へ排水して洪水被害を軽減しています。

洪水を防ぐ地下の超巨大放水路

写真:大木 幹郎

地図を見る

首都圏外郭放水路の大まかな機能は、中川を含めた複数の河川から洪水を地下トンネルへ流下。調圧水槽を経て庄和排水機場で江戸川へ排水するものです。地下トンネルは全長約6.3km、深さ約50m、内径約10m。各河川の流入口の施設と調圧水槽は、立坑で地下トンネルと接続。全部で5つある立坑は、内径が約30mもある巨大な縦穴です。
(写真:龍Q館の展示資料)

洪水を防ぐ地下の超巨大放水路

写真:大木 幹郎

地図を見る

首都圏外郭放水路の心臓部である施設が庄和排水機場です。地上の管理棟で全体の操作と監視を行い、地下にある大出力のポンプで調圧水槽の水を江戸川へ排水。管理棟には見学会の受付所と龍Q館が併設。外郭放水路の詳しい仕組みが分かる資料も展示されています。

<龍Q館の基本情報>
所在地:埼玉県春日部市上金崎720
連絡先:048-746-0748
開館時間:9:30〜16:30(入館は16:00まで)
休館日:月曜と年末年始
アクセス:
車で圏央道・幸手ICまたは東北道・岩槻ICから約30分
市営の春バスを東武野田線・南桜井駅北口から利用

「調圧水槽」洪水を溜め込む地下の巨大プール

「調圧水槽」洪水を溜め込む地下の巨大プール

写真:大木 幹郎

地図を見る

首都圏外郭放水路の見学会では、調圧水槽と第1立坑をメインとした2つのコースを選べます。ここでは調圧水槽をメインとしたコースをご紹介。

見学会の受付後は、地上を歩いて調圧水槽の入口へ移動。排水機場の前にある広大なグラウンドの真下が調圧水槽。その巨大空間は地上からでも実感できます。入口は左奥に見える小さな建物。地下約22mにある底まで、116段の階段を下りていきます。

「調圧水槽」洪水を溜め込む地下の巨大プール

写真:大木 幹郎

地図を見る

調圧水槽は高さ18mの柱が林立する巨大空間。想像よりも巨大な地下の超構造体には驚かされることでしょう。柱にある排水ポンプの定常稼働水位の表示から、とてつもない排水能力も窺えます。

調圧水槽の役割は、地下トンネルを流下してくる洪水の水勢を弱め、安定して江戸川へ排水すること。他にはポンプが緊急停止したときの急激な水位の変化を調整する役割もあります。

「調圧水槽」洪水を溜め込む地下の巨大プール

写真:大木 幹郎

地図を見る

調圧水槽の最奥は大出力のポンプの吸い込み口へ繋がっています。最大の排水量は1秒間に200トン。調圧水槽は優れた治水能力を誇る首都圏外郭放水路の象徴にして、防災の地下神殿と呼ぶに相応しい施設です。

神殿らしい景観をつくる柱は全部で59本。1本につき500トンの重量がある柱は、地下水の揚力で巨大空間を浮上させない役割もあります。

「第1立坑」地下トンネルと繋がる巨大な縦穴

「第1立坑」地下トンネルと繋がる巨大な縦穴

写真:大木 幹郎

地図を見る

地下トンネルと調圧水槽を繋ぐ第1立坑は、調圧水槽の内部からも見ることができます。開閉式の天井がある大迫力の縦穴は、まるで巨大ロケットの発射基地のようです。

調圧水槽をメインとした見学コースでも、第1立坑を内部から見学可能。左上部に見える作業用通路の一部が見学のビューポイントです。

「第1立坑」地下トンネルと繋がる巨大な縦穴

写真:大木 幹郎

地図を見る

第1立坑の入口は左に見える建物。入って階段を少し下った先に、見学のビューポイントがあります。右に見える小さな建物は調圧水槽の入口。見学後は排水機場まで続く、巨大な地下空間の存在を実感できるでしょう。

「第1立坑」地下トンネルと繋がる巨大な縦穴

写真:大木 幹郎

地図を見る

見学のビューポイントから見下ろす第1立坑。深さ約70m、内径約30mもの巨大な縦穴です。あまりの深さと大きさに足がすくむ凄味のある景観。右下に調圧水槽との接続部が見えます。

地上と地下トンネルを繋ぐ立坑は、管理車両の搬入口にも兼用。首都圏外郭放水路を維持管理するうえでも重要な施設です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

「排水樋管」首都圏外郭放水路の終点

「排水樋管」首都圏外郭放水路の終点

写真:大木 幹郎

地図を見る

庄和排水機場には興味深い屋外展示物と、江戸川に面して首都圏外郭放水路の終点である排水口があります。見学会の前後に立ち寄ってみてください。

これは屋外展示のカッターヘッド。第1〜第2立坑を結ぶ、延長約1.4kmの地下トンネルを造ったシールドマシンのもの。外郭放水路を造った立役者のモニュメントです。

「排水樋管」首都圏外郭放水路の終点

写真:大木 幹郎

地図を見る

ここは首都圏外郭放水路の排水口、排水樋管の出口。排水樋管は堤防を貫通して庄和排水機場と江戸川を繋ぐ排水路です。大きな排水口は幅5.4m、高さ4.2mのものが6門。壮大な地下放水路の終着点は一見の価値あり。なお、雨天や増水時は危険なので近寄らないでください。

「排水樋管」首都圏外郭放水路の終点

写真:大木 幹郎

地図を見る

排水樋管の出口から望む江戸川。首都圏外郭放水路の洪水を受け入れる大河の流れには感慨深いものがあります。

首都圏外郭放水路は2006年に完成。2019年までの稼働回数は、完成前の暫定稼働を含めて121回で、年平均は約7回です。2019年10月に発生した超大型の台風19号(令和元年東日本台風)では約1218万トンもの洪水調節を実施。中川流域を洪水被害から守り続けています。

「流入施設」立坑と繋がる洪水の取り込み口

「流入施設」立坑と繋がる洪水の取り込み口

写真:大木 幹郎

地図を見る

首都圏外郭放水路の出口である排水施設を見学した後は、入口である流入施設も気になりませんか。第2〜第5立坑にある流入施設では、河川に面した流入口を見ることができます。

ここは第5立坑の大落古利根川に面した流入口です。堤防の低い部分が増水時に越水させる越流堤で、奥に立坑へ続く流入施設。市街地のため越流堤の上を道路が通過。

<第5立坑の基本情報>
所在地:埼玉県春日部市小渕
アクセス:北春日部駅より徒歩約10分

「流入施設」立坑と繋がる洪水の取り込み口

写真:大木 幹郎

地図を見る

ここは第4立坑にある幸松川に面した流入口。堤防の低い部分が越流堤です。川幅が狭いため第4立坑の流入施設は比較的にコンパクト。18号水路が流入する第2立坑も同規模です。

<第4立坑の基本情報>
所在地:埼玉県春日部市不動院野
アクセス:春日部駅から徒歩約20分

「流入施設」立坑と繋がる洪水の取り込み口

写真:大木 幹郎

地図を見る

ここは第3立坑にある倉松川に面した大きな流入施設。少し離れた東側には中川に面した流入施設もあります。越流堤、ゴミを取り除く除塵設備、制水ゲートなどが続き立坑へと繋がっていきます。また、第3立坑には地下トンネルに残った水を倉松川へ排水する設備もあり、左奥に排水管が見えています。

<第3立坑の基本情報>
所在地:埼玉県春日部市樋籠
アクセス:藤の牛島駅より徒歩約20分

壮大な防災施設の見学は貴重な体験

首都圏外郭放水路は土木と治水技術の粋を尽くした壮大な防災設備。これを見学できることはとても貴重な体験です。特に地下神殿こと調圧水槽は圧巻。見学会に参加するだけでなく、流入施設と排水樋管、外郭放水路の入口と出口を巡ってみるのも面白いもの。また春日部市には特別天然記念物「牛島の藤」もあります。見学会を5月上旬の時期にすれば、美しい藤の花見も楽しむことができます。最後に以下補足です。

<見学会は予約制>
見学会は有料で当日参加が不可の予約制。見学会のウェブサイトにてご予約ください。

<見学会での服装>
調圧水槽の内部や階段は、濡れているところや水溜まりがあります。滑って転倒する危険があるので、歩きやすい靴で訪れましょう。

<流入施設の見学>
第2〜第5立坑と流入施設のある敷地内には立入れません。また、越流堤のある流入口には危険なため近寄らないでください。

2020年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/07/22−2020/07/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -