歴史の現場をめぐる!東京「防衛省市ヶ谷台ツアー」

歴史の現場をめぐる!東京「防衛省市ヶ谷台ツアー」

更新日:2020/08/12 12:30

麦吉 ぼにのプロフィール写真 麦吉 ぼに ライター、イラストレーター
東京・市ヶ谷にある防衛省。防衛の中枢と聞くと敷居が高い気がしますが、「市ヶ谷台ツアー」に申し込めば誰でもガイド付きで内部を見学することができます。かつて大本営陸軍部が置かれ、東京裁判の法廷にもなった建物へ入り、三島由紀夫事件のおきた現場に立つことができます。さらに今は、旧陸軍の地下壕跡「大本営地下壕跡」を一般公開(有料)、貴重な歴史の現場へ足を踏み入れるチャンスです!

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

歴史、地理、建築、ドラマのロケ地、市ヶ谷防衛省は見たいポイントがいっぱい

歴史、地理、建築、ドラマのロケ地、市ヶ谷防衛省は見たいポイントがいっぱい

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

防衛省はJR・地下鉄「市ヶ谷」が最寄り駅、広大な敷地に電波塔や庁舎が立ち並ぶ景色は見ごたえのある威容です。それもそのはず市ヶ谷台は、かつて尾張徳川家の江戸上屋敷があった場所、広大な敷地に御三家大名の権勢をうかがうことができます。

明治期に陸軍士官学校となり、昭和12年に大本営陸軍部、陸軍省、参謀本部等が置かれ、終戦で米軍に接収されて東京裁判の法廷も置かれた市ヶ谷台は、まさに激動の歴史の現場です。

歴史、地理、建築、ドラマのロケ地、市ヶ谷防衛省は見たいポイントがいっぱい

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

防衛省は総面積約25ヘクタール。正門から見上げると高みに庁舎棟が仰ぎ見えます。この高低差は市ヶ谷台の地形をそのまま生かしたもの、高低差マニアやスリバチ地形好きは必見です。市ヶ谷台ツアーは自衛隊ファンはもちろん、TVドラマ「空飛ぶ広報室」のロケ地にもなったので、ロケ地巡りが好きな方にもおすすめです。

以前はネット予約ができた市ヶ谷台ツアーですが、2020年8月現在ツアー予約は電話受付のみになっています。予約する際は参加者全員の住所・氏名・年齢・電話番号が必要となるので、手元に情報を揃えてから電話するのがおすすめ。

歴史、地理、建築、ドラマのロケ地、市ヶ谷防衛省は見たいポイントがいっぱい

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

市ヶ谷台ツアーは午前(9:30〜11:10)と午後(13:30〜15:45)の2回催行されています。午前は20名、午後は10名の定員です。ルートは写真の儀仗広場や、市ヶ谷記念館など。現在売店のある厚生棟へは立ち入りできませんが、午後の回では「大本営地下壕」を見学することができます。

大本営陸軍部、東京裁判の法廷、三島事件、あの時歴史はここで動いた

大本営陸軍部、東京裁判の法廷、三島事件、あの時歴史はここで動いた

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

防衛省西側に建っているのが、市ヶ谷地区内の旧庁舎や極東国際軍事裁判(東京裁判)の法廷となった大講堂などを移設、復元した「市ヶ谷記念館」。

昭和45年(1970年)に三島事件が起きた事件現場でもあります。正面に張り出したバルコニーは、作家・三島由紀夫がクーデターを呼びかける演説を行った場所。激動の歴史を刻んで、今は静かに建つ市ヶ谷記念館です。

大本営陸軍部、東京裁判の法廷、三島事件、あの時歴史はここで動いた

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

ツアーでは大講堂で市ヶ谷台の歴史をまとめた動画を見た後、館内をガイド付きで見学します。極東国際軍事裁判(東京裁判)の法廷であった場所に座って過去の動画を見る体験は、つかのま時空を超えるタイムトリップ感覚です。

大本営陸軍部、東京裁判の法廷、三島事件、あの時歴史はここで動いた

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

2階の旧陸軍大臣室は、三島事件が起きた場所。大臣室(当時は陸上自衛隊総監室)のドアには、三島由紀夫が幕僚らともみあった際についた刀傷が3カ所残っています。

補修後初めての一般公開、大本営地下壕跡

補修後初めての一般公開、大本営地下壕跡

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

大本営地下壕は、昭和16年(1941年)に大本営陸軍部、陸軍省、参謀本部など陸軍の主要機関を市ヶ谷に移転する際に建設されたもの。当時は地下壕内に大臣室から通信室、炊事場、浴場などの設備がありました。

補修後初めての一般公開、大本営地下壕跡

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

地下壕の中は現在、設備を撤収して構造だけの状態です。昭和20年(1945年)8月10日この地下壕で、阿南惟幾陸軍大臣が将校を集め、ポツダム宣言の受諾を決めた天皇陛下の「聖断」を伝えたと記録が残されています。

補修後初めての一般公開、大本営地下壕跡

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

大本営地下壕は令和元年(2019年)に耐震工事が行われ、今回の公開は補修後初となります。通常の市ヶ谷台ツアーは参加無料ですが、大本営地下壕を見学する午後の回は、見学料700円がかかります(18歳未満無料)。
ツアー参加者には来場記念として、防衛大臣からのメッセージと絵葉書がもらえます。
あなたも防衛省市ヶ谷台ツアーに行ってみませんか?

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

防衛省(市ヶ谷台ツアー)の基本情報

申込先:防衛省大臣官房広報課記念館係
住所:東京都新宿区市谷本村町5-1
電話番号:03-3268-3111(代)/03-5366-3111(代)(内線21904)
お問合せ時間:
平日 9時00分〜12時00分、13時00分〜16時30分
アクセス:
JR・地下鉄(有楽町線、南北線、都営新宿線)市ヶ谷駅より正門まで、徒歩約10分
JR・地下鉄(丸の内線、南北線)四ッ谷駅より正門まで、徒歩約10分

2020年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/08/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -