最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

瀬戸大橋を一望!岡山「穴場稲荷神社」は“穴場”のビュースポット

瀬戸大橋を一望!岡山「穴場稲荷神社」は“穴場”のビュースポット

更新日:2020/08/21 17:25

乾口 達司のプロフィール写真 乾口 達司 著述業/日本近代文学会・昭和文学会・日本文学協会会員
本州と四国とを連絡する瀬戸大橋。あなたなら、瀬戸大橋をどこから見ますか?本州側で瀬戸大橋を眺めるスポットとして、国の名勝「鷲羽山(わしゅうざん)」を挙げる方も多いはず。しかし、鷲羽山だけがビュースポットではありません。その近くには絶好の「穴場ビュースポット」もあるのです。その名もズバリ「穴場稲荷神社」。今回は瀬戸大橋を眺める絶好の「穴場」スポットである「穴場稲荷神社」をご紹介しましょう。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

「千本鳥居」を連想させる穴場稲荷神社の鳥居群

「千本鳥居」を連想させる穴場稲荷神社の鳥居群

写真:乾口 達司

地図を見る

「穴場稲荷神社(あなばいなりじんじゃ)」は岡山県倉敷市下津井地区に鎮座する神社。鷲羽山スカイラインを下津井港方面へと向かい、岡山児島線と合流する直前、進行方向の左側に赤い鳥居が見えて来ます。これが穴場稲荷神社。祭神は、その名のとおり、穴場稲荷大明神です。

本殿へと通じる参道の石段には、稲荷社の総本山・伏見稲荷大社の「千本鳥居」にならって朱塗りの鳥居が並べられており、穴場稲荷神社も全国各地に鎮座する稲荷社の一社であることがわかります。

頑張って上ろう!岩室でできた必見の奥宮

頑張って上ろう!岩室でできた必見の奥宮

写真:乾口 達司

地図を見る

「千本鳥居」を抜けると、集会所のようにも見える建物が見えてきます。拝殿に当たる建物で、写真の本殿はその拝殿からもう一段高い平坦地に鎮座しています。まずはお参りしましょう。

ちなみに、本殿の脇にも幾つかの小さな祠があり、そのうちの一つは「小穴場稲荷神社」とされています。

頑張って上ろう!岩室でできた必見の奥宮

写真:乾口 達司

地図を見る

しかし、穴場稲荷神社の参拝はここで終わりではありません。本殿の裏手に目をやると、そこからさらに上方へと延びる石段があることにお気づきになるでしょう。これを上っていくと、その先に奥宮の祠があります。

注意していただきたいのは、この石段が急峻であること。奥宮までの距離はそれほどではありませんが、手すりも取り付けられているため、手すりを適宜利用しながら、慎重に上りましょう。

頑張って上ろう!岩室でできた必見の奥宮

写真:乾口 達司

地図を見る

奥宮は巨大な岩のたもとに鎮座しています。それは神の宿る神聖な岩(磐座)であり、その内部には、巨石を組み合わせて作られた岩室も設けられています。圧倒的な迫力であり、必見です。

瀬戸大橋が目の前に!境内からの眺め

瀬戸大橋が目の前に!境内からの眺め

写真:乾口 達司

地図を見る

石段を上る際、足元に注意しながら、ご自身の後方をぜひ振り返ってみてください。目の前には瀬戸大橋が!

瀬戸大橋を一望するスポットとしては、穴場稲荷神社のさらに上方にある鷲羽山を思い浮かべる方も多いでしょうが、橋の上を走る車両の車種がわかるくらい、すぐ目の前に瀬戸大橋を眺められるのは、この穴場稲荷神社ならでは。しかも、鷲羽山のように観光客で混雑することもありません。まさしく「穴場」のビュースポット!誰にも邪魔されず、思う存分、瀬戸大橋を眺めましょう。

瀬戸大橋が目の前に!境内からの眺め

写真:乾口 達司

地図を見る

瀬戸大橋といえば、架橋から垂直に上へと延びる主塔の連なりとそれを支える巨大で重厚なアンカレイジ(橋台)に圧倒される方も多いはず。

もちろん、穴場稲荷神社からも主塔の連なりやアンカレイジが眺められます。

瀬戸大橋が目の前に!境内からの眺め

写真:乾口 達司

地図を見る

島伝いに海の彼方までのびる瀬戸大橋。そのはるか先に見えているのは、標高421メートルの飯野山。「讃岐富士」の別名を持つ山です。「讃岐富士」の名前からもわかるように、穴場稲荷神社からは瀬戸内海を挟んで向こうの香川県まで望めます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

瀬戸内海の要衝・下津井の街

瀬戸内海の要衝・下津井の街

写真:乾口 達司

地図を見る

もちろん、穴場稲荷神社から眺められるのは、瀬戸大橋だけではありません。瀬戸大橋の向こうに見える街並みは、古来、瀬戸内海の要衝として栄えた下津井の街。手前の小高い丘の上に鎮座するのは祇園神社で、古来、瀬戸内海を航行する船舶の守り神として崇敬されてきました。下津井の眺めもお忘れなく。

穴場稲荷神社がいかに「穴場」のビュースポットであるか、おわかりいただけたでしょうか。駐車場もあるので、お車で訪れても支障なし。穴場稲荷神社で「穴場」ならではの眺望をご堪能ください。

穴場稲荷神社の基本情報

住所:岡山県倉敷市下津井
アクセス:JR児島駅より下電バスで約15分

2020年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/01/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -