愛知「竹島ファンタジー館」で昭和レトロと映える写真を撮る

愛知「竹島ファンタジー館」で昭和レトロと映える写真を撮る

更新日:2020/08/18 10:53

Sige pandaのプロフィール写真 Sige panda パンダライター、パンダスポット探検家
竹島ファンタジー館は、貝と石のテーマパーク。島全体が天然記念物&パワースポットとされる観光地、蒲郡市の竹島からも徒歩約10分と近く、立ち寄りスポットとしてもピッタリ。

駐車場完備。目の前には、海の幸が味わえるレストランもあります。

すべて貝で作られたオブジェは、想像を超えた超絶技巧。見て損はありません!幻想的な雰囲気の中に、昭和レトロの面影を残すスポットです。

復活した昭和なスポット

復活した昭和なスポット

写真:Sige panda

地図を見る

「竹島ファンタジー館」は、2010年に惜しまれつつ閉館した「蒲郡ファンタジー館」の流れをくみ、2014年に華麗に復活を遂げたスポットです。

さびしく消えていく昭和なスポットが多い中、パワーアップして復活!地元民にも愛されています。

入り口横には、貝でできたフォトスポットも。でっかいシャコ貝に、なんだかテンションも上がります。

復活した昭和なスポット

写真:Sige panda

地図を見る

館内には貝で作られたオブジェがズラリ。写真は貝でできた魚。うろこがすべて貝殻でできています。なんともいえない雰囲気。レトロ
でなつかしい、昭和スポットの香りがしますね。

復活した昭和なスポット

写真:Sige panda

地図を見る

世界110カ所から集めたという、5500万個の貝で作ったオブジェたち。そのオブジェを彩るのは、2万個のLEDです。どちらも万単位。圧巻ですよね。

実は、このLEDと貝の競演が映えるんです!写真を撮ると、簡単に絵画のような1枚が出来上がります。

LEDの色が変化するので、同じ場所を撮っても、ガラッと雰囲気が変わります。心の中で思わず「ファンタジ〜!」と、叫びたくなる1枚が撮れますよ。

まさしくファンタジー

まさしくファンタジー

写真:Sige panda

地図を見る

これは……天の川?いいえ、貝です。こちらは透明な床を、上から撮影したもの。写すだけで、こんなに映えちゃうんですよ。暗めなので、カメラもスマホも、手ぶれには気をつけて。

脇をしっかりしめて、シャッターを押したあとに、心の中で2秒数えて静止しましょう。これだけで、手ぶれはだいぶマシなはず。あらかじめ、夜景撮影用のアプリなどを入れておくのも、オススメです。

まさしくファンタジー

写真:Sige panda

地図を見る

どうしてもブレてしまう場合は、スマホを座った自分のヒザや、床においてみてください。視点が変わって、面白い写真が撮れますよ。

人物のシルエットを入れたり、構図を工夫するだけで、あなただけのアートな世界ができあがります。

まさしくファンタジー

写真:Sige panda

地図を見る

どこから撮れば、美しいのか。ちょっぴり工夫しながら、ファンタジーな空間を、めいっぱい楽しんでください。

黄金の橋がかかる竜宮城

黄金の橋がかかる竜宮城

写真:Sige panda

地図を見る

館内には、さまざまな見どころが点在しています。なんと豪華な竜宮城も。こちらは、亀や魚はもちろん、浦島太郎の着物の柄まで、貝でできているんです。

黄金の橋がかかる竜宮城

写真:Sige panda

地図を見る

竜宮城には、きらびやかな金の橋も。これ、本物の金箔が貼ってあるんです。ピッカピカ!本物は、やはり光がちがいますね。純金の橋は、大変縁起が良いされ、「金虹橋(きんこうばし)」という、立派な名前まであるんですよ。

黄金の橋がかかる竜宮城

写真:Sige panda

地図を見る

そして、健康を意識した「病気知らず貝歩道」。貝の上を歩くことで、足つぼが刺激される仕組みです。

使われているのはシャコ貝。温かい珊瑚の海に生息しています。二枚貝の中でも大型の貝で、貝殻表面のヒラヒラが足裏を刺激します。このB級感がたまらない!

不健康な人、やってみてください。結構痛いですよ!

縁起が楽しめるスポットも

縁起が楽しめるスポットも

写真:Sige panda

地図を見る

お楽しみスポットのひとつが「あなたの鯉占い」。
入館時に渡される、コイのえさを使って「あなたの鯉占い」にチャレンジ!どのコイがえさを食べたかで、コイならぬ、恋の行方を占います。

大吉は1億人に1人の幸運。さらに、ハート型のもようがあるコイも。なんだか、ご利益がありそうです。

縁起が楽しめるスポットも

写真:Sige panda

地図を見る

鯉占いから少し進むと、壁一面に大迫力の昇り龍と、弁天様が。LEDに照らしだされ、なんとも神々しい雰囲気です。

縁起が楽しめるスポットも

写真:Sige panda

地図を見る

ここには神殿もあり、ホタテ貝でできた「願貝絵馬(ねがいえま)」に願いを書いて、奉納できます。(有料)

一度閉館し、不死鳥のように復活した、ファンタジー館のパワーにもあやかりたいですね。

絶滅危惧種!昭和レトロなおかんアート!

絶滅危惧種!昭和レトロなおかんアート!

写真:Sige panda

地図を見る

貝アートを堪能したら、最後は「貝と石の展示室」へ。貴重な石や化石、貝殻などが、所せましと展示されています。

「貝アートコーナーも、もう終わりか……」と、さびしい気持ちになったアナタ。化石コーナーの先にある売店には、現在は入手困難という貴重な貝殻を使用した、大型の能舞台の松があるので、お見逃しなく。

絶滅危惧種!昭和レトロなおかんアート!

写真:Sige panda

地図を見る

数々の貝アートに、すっかり芸術魂を刺激されてしまったら売店へゴー。こちらでは、工作に使える貝殻も販売しています。

緑のかごの中の貝は、1つ100円ほどとお手軽。ほかにも、世界の貝を詰め合わせたセットなどもあります。一つひとつ表情の違う貝殻。じっくりと選んでくださいね。

絶滅危惧種!昭和レトロなおかんアート!

写真:Sige panda

地図を見る

お土産には、貝を使ったオブジェはいかが?きっとここにしかない!世界にひとつだけの、レトロなおかんアートです。

入場者を楽しませようという、数々のしかけがうれしい竹島ファンタジー館。館内では、スタンプラリーも実施中。景品がなかなかステキなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

さらに、インスタに「#竹島ファンタジー館」とタグを付けてアップすると、なんともレトロなリンゴ型のカゴがもらえます。

これはもう、立ち寄るしかない!むしろメイン級の実力があるスポットです。

竹島ファンタジー館の基本情報

住所:愛知県蒲郡市竹島町28-14
電話番号:0533-66-3888
料金:
大人1000円、小人(小・中学生)500円、
幼児(3歳以上)300円、シニア(60歳以上)800円
定休日:水曜日
営業時間:9:00〜17:00
(7、8月は17:30、11月〜2月は16:30まで)

2020年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/08/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -