客室で釣りと温泉が同時に楽しめる!能登・和倉温泉「多田屋」

| 石川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

客室で釣りと温泉が同時に楽しめる!能登・和倉温泉「多田屋」

客室で釣りと温泉が同時に楽しめる!能登・和倉温泉「多田屋」

更新日:2015/10/30 12:53

二宮 うららのプロフィール写真 二宮 うらら ライター、エディター

北陸新幹線が開通し、活気づく石川・富山方面。関東からはちょっと行きにくかった能登・和倉温泉もぐっと身近なものになった。そこで和倉温泉の名宿・多田屋の貴賓室「利久」をご紹介したい。客室の露天風呂が海のすぐ目の前にある素敵なお部屋だ。

- PR -

波静かな七尾湾に面した宿にはプライベートの桟橋がある

波静かな七尾湾に面した宿にはプライベートの桟橋がある

写真:二宮 うらら

地図を見る

和倉温泉の温泉街には旅行新聞新社が主催する「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で34年連続1位に選ばれている「加賀屋」をはじめとして、超巨大なホテルが建ち並んでいる。
その温泉街からさらに半島の奥へ。波静かな七尾湾に面してポツリと建つ宿が、今回ご紹介する「多田屋」。

この宿、フジテレビのドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション 花嫁のれん物語」で、千葉から嫁いできた若おかみの奮闘ぶり、若旦那と現社長との親子関係が何度か放送されているので、ご存じの方も多いかも。

海辺の傾斜地という立地から、玄関とロビーは本館3階にある。宿に着いたら、ロビーで一服。午後の陽ざしにきらめく海が出迎えてくれる。
お目当ての客室は別館の1階。客室へ向かう途中からは、写真の光景が。
なんとこの宿にはプライベートの桟橋があり、自家用クルーザーやヨットで来ることもできる。この日は、桟橋の先から釣り竿を出すお客さんが。ご主人が釣りを楽しんでいるのを、奥さまがそばで見守っている様子。なんとものどかで、心なごむ風景。

海に面した広い客室に露天風呂が付いている

海に面した広い客室に露天風呂が付いている

写真:二宮 うらら

地図を見る

貴賓室「利久」は大正風の造りと色調で懐かしさを感じさせる佇まい。全12室のうち、今回リニューアルしたのは1階の712号室、715号室、716号室。1階には6室の部屋があるが、今回のリニューアルで1階全室が温泉が注がれる客室露天風呂付きとなった。
写真の客室は712号室。15畳の和室に囲炉裏のある板の間があり、その向こうに露天風呂を備えたデッキが。部屋は広々としていて、目の前は海。波穏やかな七尾湾の向うには能登島が見え、温泉に浸かりながら夕焼けも楽しめる。

露天風呂と釣りを同時に楽しめる客室

露天風呂と釣りを同時に楽しめる客室

写真:二宮 うらら

地図を見る

海を臨む温泉は他にもあるが、客室にある露天風呂で、ここまで海が間近というのは、ちょっと他にはないのでは。
どれほど近いかというと、露天風呂の横から竿を出して、魚釣りができるくらい。
竿は宿で貸してくれるので、わざわざ持参する必要はない。
もっとも釣り好きなら、マイタックルをもって行くのもいいだろう。
実際、魚釣りを目当てにやってくるゲストも多いとか。
釣れた魚は厨房にお願いして、夕餉の食卓に並べることも可能だ。

デッキに新しく設えられた露天風呂は、陶器の湯船。湯船の半分をベンチ状に囲むことで、足湯としても楽しめる。
潮騒に耳を傾けながら、の〜んびり極楽気分を味わおう。

七尾湾の魚を主体に量より質を重んじた料理

七尾湾の魚を主体に量より質を重んじた料理

写真:二宮 うらら

地図を見る

写真は貴賓室「利久」で出される料理の一部。旬の地の素材を使った会席料理を客室でいただく。
お造りはマダイ、シマエビ、カンパチ、そしてアカニシガイ。
もちろん季節によって内容は変わるが、アカニシガイは今や能登でも希少な一品。お造り用の醤油を土佐醤油とちょっと甘口の能登醤油の2種類用意してくれるのもうれしい。

写真右側の八寸は梅貝の旨煮、五朗島金時のレモン煮、焼き茶マメなどが美しく盛り付けられている。
そして主菜はA4ランク以上の能登牛のステーキ。
金沢の老舗料亭「つば甚」で修業したという若き料理長の腕が光る。

大浴場もバラエティー豊かで飲泉もできる

大浴場もバラエティー豊かで飲泉もできる

写真:二宮 うらら

地図を見る

大浴場には客室露天風呂とはまた異なる開放感がある。
一面ガラス張りで全長18メートルの内風呂に、海を望む陶器の露天風呂、岩風呂など、バラエティに富んだ温泉につかれる。
また大浴場では飲泉用の温泉が湧出し、柄杓も用意されている。

その昔、和倉に暮らしていた漁師夫婦が、湯気立つ海で白鷺が身を癒しているのを見て、“湯の湧き出づる浦”涌浦(わくら)が発見された。
また加賀藩二代藩主、前田利長が腫物で困った折、涌浦の湯を取り寄せ治療したともいわれている。

とにかく和倉に来たなら、豊富で良質な湯を存分に楽しみたいものだ。

※多田屋の詳細は以下MEMOよりご確認ください。

スイーツも寿しもハイレベル

能登の美味と温泉が魅力の和倉温泉。
温泉街には地元・七尾市出身で世界的に活躍するパティシエ辻口博啓によるミュージアム&カフェ「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」があり、海を眺めながらスイーツを堪能することができる。
また能登では全体的に寿しのレベルが高く、なかでも「能登すしの庄 信寿し」は地元でも評判の寿司店。宿や駅からの送迎サービスもある。
期待を裏切らない名店揃いで、旅が一層充実すること間違いなしだ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/26−2014/05/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です! この記事に関するお問い合わせ