最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

繁華街・錦でスタイリッシュステイ「西鉄ホテル クルーム 名古屋」

繁華街・錦でスタイリッシュステイ「西鉄ホテル クルーム 名古屋」

更新日:2020/08/25 15:16

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家
東海地区最大の都市である名古屋は、江戸と京都の中間ということで独特の文化が栄えてきたといわれています。ゆえに観光に訪れたら是非体験したいスポットも多くありますが、名古屋を丸ごと楽しむのであれば、繁華街の錦や栄に泊まるのもいいでしょう。シティホテルからビジネスホテルまで多くの施設がある中で、今回は「西鉄ホテル クルーム 名古屋」を紹介します。スタイリッシュさと機能性を兼ね備えたホテルです。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

名古屋を楽しむ

名古屋を楽しむ

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

大都会名古屋は、名古屋城の金の鯱などに象徴されるように、豪華絢爛な印象が定着していますが、グルメでいえばB級グルメも人気を博しています。「名古屋めし」とも呼ばれていますが、“あんかけスパゲッティ”をはじめ“味噌カツ”“味噌煮込みうどん”といった味噌にまつわるメニュー、手羽先なども全国区の知名度です。また、喫茶店のモーニングサービスはその充実度で競うほど。これも名古屋ならではです。

名古屋を楽しむ

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

観光の面からいうと、近年名古屋は高山や北陸地方への「昇龍道」といわれる観光ルートの起点都市として、スタート地点的なフォーカスもされています。でも、通過する場所としてだけではなく、前述したグルメをはじめ名古屋独特の文化を体験したいものです。

「栄」や「錦」といったエリアは名古屋随一の繁華街として知られる場所で、ビジネスやショッピングのスポットとして多くの人々が行き交います。このエリアには、ビジネスホテルをはじめデラックス、カプセルホテルなど様々なホテルがあります。特に最近、宿泊特化型タイプのホテルが増えており、新しい施設も見かけるようになりました。西鉄ホテル クルーム 名古屋もそんな人気エリアにあるホテルです。ホテルを拠点に名古屋の市街地観光を存分に楽しめることでしょう。

温かな雰囲気のロビー

温かな雰囲気のロビー

写真:瀧澤 信秋

西鉄ホテル クルーム 名古屋は、名古屋駅から地下鉄3駅の久屋大通駅から徒歩1分という好立地。コンセプトは「旅先にある、わたしの家」ということでくつろぎ感が重視されているホテルです。ホテルに到着するとまずリラックス感のあるロビーが印象的。広々として開放感があり、通りに面した大きなガラス窓からは陽光か降り注ぎます。

敢えて統一させていないソファやチェアのセレクトもセンスがあります。直線的なインテリアにあってウッディな色合いも意識されており、ホテルにいるというよりも自宅に帰ってきたようなゆったり感に溢れています。全体として女性目線を意識しており、温かなホテルのホスピタリティを体現しているかのような空間です。まさにコンセプトである“旅先の家”のイメージにマッチしていると言えるでしょう。

特徴的なレイアウトの客室

特徴的なレイアウトの客室

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

客室は、全室ダブル・ツインによる構成。ビジネスでのひとり利用をはじめ、友達や家族との旅での利用にもマッチしています。調度品やアメニティとしては、2名掛けのソファやマッサージクッション、肌触りのいいナイトウェアなど吟味してセレクトされています。スタンダードなダブルルームでも15.3平方mと一般的なビジネスホテルと比較すると広めにとられています。

特徴的なレイアウトの客室

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

中でも特徴的なのが水回り。入り口付近にユニットバスがあるのは一般的ですが、こちらではレインシャワーが採用されたシャワーブースとトイレ、洗面スペースが分離した3点独立タイプです。

ユニークなのが洗面スペースの配置でベッドやテレビの方向に向けて設置されています。ベッドスペースと水回りの仕切り的なポジションになっており、考えられた配置といえます。その他、コンフォートダブルやコンフォートツインといった客室も用意されています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

省スペースの工夫

省スペースの工夫

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

客室では、より広く使える工夫がされていますが、細かいところでもアイディアが光ります。大画面テレビは壁付けで設置されているのは最近よく見かけますが、壁からテレビの厚さに備えられたテレビボードには、物を置くスペースやファイル収納するポケットなどが設けられています。これによりデスク周りを広く使うことが出来そうです。

省スペースの工夫

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

また、前述した2人掛けソファもデスクと部屋のコーナーという通常ならデッドスペースになってしまいそうなところにうまくはめ込まれており、限られたスペースがより有効活用されています。

大浴場で疲れを癒やす

大浴場で疲れを癒やす

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

西鉄ホテル クルーム 名古屋のご自慢が最上階の大浴場。露天風呂も備えられています。最近、宿泊特化型ホテルで大浴場を見かけるようになりました。ある種の大浴場ブームともいえる状況だけに、ポイントを押さえた施設と言えそうです。足を伸ばしてくつろげる”寝湯”も設置されており、よりリラックスした時間を過ごすことが出来そうです。

営業時間15時〜25時/6時〜9時

西鉄ホテルならではの朝食

朝食会場も木目調のナチュラルなデザインの空間です。名古屋のホテルで名古屋メニューは定番ですが、九州の名産もふんだんに提供されているあたりが西鉄ホテルならではでしょう。

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/02−2019/04/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -