最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

奈良時代と同じ時間が流れる!奈良・海龍王寺で心落ち着くひとときを

奈良時代と同じ時間が流れる!奈良・海龍王寺で心落ち着くひとときを

更新日:2020/08/30 15:45

磯本 歌見のプロフィール写真 磯本 歌見 フリーライター、ご朱印ガール、仏像マニア
奈良の平城京近くにある海龍王寺は、731年に光明皇后により創建された寺。ゆるやかな時間が流れる静かな境内には、重要文化財の西金堂やその堂内の国宝・五重小塔、また光明皇后ゆかりの仏像などがあり、見どころたっぷり。本堂に座ると、奈良に都があった時代に思いをはせることができます。また、海との関わりが深いことから、留学や海外旅行の祈願の寺、そして般若心経発祥の寺としても有名です。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

国宝や重要文化財満載の境内

国宝や重要文化財満載の境内

写真:磯本 歌見

地図を見る

そもそも海龍王寺は、飛鳥時代に創建された寺院です。当時この辺り一帯を治めていた土師(はじ)氏の氏寺でした。

710年の平城京遷都で、藤原不比等がここに邸宅を構えることになり、本来なら取り壊されていたはずの寺院が、そのまま不比等邸の一角に残ったのです。720年、不比等が亡くなり、娘である光明皇后が邸宅を相続したことから、光明皇后が居住される「光明皇后宮」となりました。

当時、遣唐使として唐に渡っていた玄ム(げんぼう)が、嵐の中、海龍王経を唱え、735年無事に平城京に戻り住職に着任しました。
このとき、聖武天皇から寺の名前を「海龍王寺」と定めてもらい勅額を賜り、ここから、海龍王寺の歴史が始まったのです。

国宝や重要文化財満載の境内

写真:磯本 歌見

地図を見る

海龍王寺の住職となった玄ムは、洛陽の都にあった内道場の制度を取り入れ、海龍王寺を「平城宮内道場」と定めました。

「宮廷寺院」となった海龍王寺は、「天皇家の私寺院」となり「宮廷寺院」として天皇・皇后を支えていたのです。

光明皇后宮に建てられていた建物のうち、現存しているのがこちら「西金堂(さいこんどう)」です。建物は当時の構造とは一部で違いも見られますが、部材などは奈良時代のものが多く残されており、簡素かつ小さなものながらも数少ない「奈良時代の金堂建築」として知られた存在になっており重要文化財です。

国宝や重要文化財満載の境内

写真:磯本 歌見

地図を見る

こちら国宝の「五重小塔」です。高さは約4メートル。

創建当時から西金堂に安置され、細部は天平時代のかなり早い時期の手法を用いています。天平時代の建築技法を現在に伝え、建築様式の発展をたどるうえでも重要であること、また当時の建築物がこの一基しか残ってないことから、国宝に指定されています。

また簡単な柵越しに自由に撮影できるおおらかさも、この寺の魅力です。

本堂にも見どころがいっぱい

本堂にも見どころがいっぱい

写真:磯本 歌見

地図を見る

本堂に行ってみましょう。

こちら重要文化財のご本尊・十一面観世音菩薩立像です。天平時代に光明皇后が自ら刻まれた仏像をモデルにして鎌倉時代に慶派の仏師により造られました。昭和28年まで秘仏であったため、保存状態がよく、全身の金泥や装身具なども当時のままです。プロポーションの美しさや優しい顔立ちも秀逸で必見の仏像です。

通常戸帳越しの公開で、毎年3月下旬〜4月上旬、5月上旬、10月下旬〜11月上旬の特別開帳等でのみ開帳されます。

本堂にも見どころがいっぱい

写真:磯本 歌見

地図を見る

真ん中の像が「文殊菩薩像」でこちらも重要文化財です。おだやかな起伏をもつ姿が自然なプロポーションで表現されている像です。

本堂にも見どころがいっぱい

写真:磯本 歌見

地図を見る

平城京の東北(鬼門)を護るために造られた北方の守護神である大柄な毘沙門天です。

そのほか、愛染明王や不動明王、先代住職による四国八十八所のご本尊など、本堂内には多くの仏像が安置され、仏像好きにはたまらない空間です。

決して派手ではないけれど、どちらかといえば通好みの仏像ともいえます。

海との関わりが深い寺

海との関わりが深い寺

写真:磯本 歌見

地図を見る

初代住職の玄ムが、暴風雨の中、海龍王経を唱え、唐から無事帰国して以来、遣唐使の航海安全祈願を行うなど、海との関わりが深いお寺です。弘法大師空海も、渡海の安全祈願に訪れました。

海龍王寺に残されている海龍王経には、東シナ海を渡った奈良時代の人々の想いも刻まれているのです。

本堂には、沖縄や高知などの全国から送り届けられた海水が祀られています。玄ムが、嵐の中を無事帰国した旧暦3月(現在の4月)に営まれる「四海安穏祈願法要」には、これらの海水を壇上に安置し、海龍王に「世界の平和・生命の源である海の安穏と自然への感謝、渡海する方々の安全」の思いを込めて儀式を執り行います。

海との関わりが深い寺

写真:磯本 歌見

地図を見る

本堂に奉納されたお酒のなかに、「みうらじゅん」さんの名前が見られます。みうらじゅんさんといえば、長きにわたる仏像マニアとして知られ、いとうせいこうさんとともに『見仏記』で独特の世界観を醸しています。

現住職は、そのみうらさんより「イケてる住職」という意味である「イケ住」の称号をつけられ、雑誌などでは「イケ住」と紹介されるケースがあります。

そんなイケ住との会話にも癒されるのが、海龍王寺の魅力の一つなのです。

海との関わりが深い寺

写真:磯本 歌見

地図を見る

いろいろと話題も多い海龍王寺ですが、一番のおすすめは、本堂の縁側から見える景色です。

龍の形に見える松があります。縁側に座って、そんな景色を見ながら天平時代に思いを馳せる。ここでは、自分自身の感性でゆっくりといろいろなことを感じることができる穏やかな空気が流れているのです。

もしかしたら聖武天皇や光明皇后が見たかもしれない、過ごしたかもしれない同じ場所で、時間を忘れてたそがれる時間はたまらなく贅沢です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

御守や手作り絵馬も素敵

御守や手作り絵馬も素敵

写真:磯本 歌見

地図を見る

御守や絵馬など、縁起物もありますよ。

こちらのお守りは各500円ですが、光明皇后にちなんで菊の御紋が入っていますね。

御守や手作り絵馬も素敵

写真:磯本 歌見

地図を見る

絵馬はひとつずつ手作りです。こちらは700円。

龍と共に嵐の中の遣唐使船が描かれ、龍の力強さと、嵐にも負けず生き残るという生命力の頑強さを感じ、いかにもご利益がありそうですね。

御守や手作り絵馬も素敵

写真:磯本 歌見

地図を見る

こちらの絵馬も700円です。

本堂に祀られる縁結びの神様、愛染明王にちなみ、2匹の龍がハートの形で絡んでいますね。

令和2年9月3日のみ授与される特別御朱印にも注目

令和2年9月3日のみ授与される特別御朱印にも注目

提供元:海龍王寺

https://kairyuouji.jp/地図を見る

海龍王の御霊が納められている箱に記された「天保15年甲辰年9月3日」の墨書にちなみ、令和2年9月3日、一日のみ、100枚限定で海龍王の御朱印がいただけます。

今回の限定御朱印は、金色の龍が印刷された用紙に、聖武天皇筆と伝わる海龍王経から海龍王の墨跡を複写し、海龍王寺所蔵の重要文化財「金銅鍍金舎利塔」の朱印を押しています。

海龍王の力強さと、お釈迦様の智恵で、どんな厳しい難局でも乗り越えれるようにと願いが込められています。

<拝受の方法>
9時の開門と同時に受付開始。拝観料500円と御朱印用紙500円、合わせて1000円を受付で納め整理券を受け取ります。
※御朱印のみは不可。整理券、御朱印ともひとり1枚のみ。

令和2年9月3日のみ授与される特別御朱印にも注目

写真:磯本 歌見

地図を見る

こちら通常の御朱印です。

真ん中に書かれた「妙智力」は、観音経のなかの言葉。「お参りの方に観音様の慈悲の力が授かりますように」との願いが込められています。300円。

海龍王寺の基本情報

住所:奈良県奈良市法華寺北町897
電話番号:0742-33-5765
拝観時間:9:00〜16:30
拝観料:500円

2020年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。


LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/06/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -