最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

「ロイヤルパインズホテル浦和」は料理とスイーツ自慢の地元高級ホテル

「ロイヤルパインズホテル浦和」は料理とスイーツ自慢の地元高級ホテル

更新日:2020/09/10 17:12

二松 康紀のプロフィール写真 二松 康紀 リゾートホテル旅館客室コンサルタント
「ロイヤルパインズホテル浦和」はJR浦和駅西口から徒歩約7分の浦和繁華街の中にあるホテルです。地元に根付いた高級ホテルで、8つあるレストランやスイーツ、和洋のウェディングなど充実した施設も評判です。
街の中心部にあり、ロビー部分は開放的で、気軽にホテル利用できるのも愛されるポイント!地元のサッカーチーム「浦和レッズ」の協賛企業です。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

「ロイヤルパインズホテル浦和」は地元に愛されるホテル

「ロイヤルパインズホテル浦和」は地元に愛されるホテル

写真:二松 康紀

地図を見る

「ロイヤルパインズホテル浦和」は浦和の街の中心部にあり、最寄り駅はJR浦和駅。1999年の開業以来、地元の方に愛されるホテルです。
レストランは8つ、フレンチ、中華、日本料理に居酒屋など選択肢が豊富。どのレストランも個性豊かな内装で、美味しい食事を提供しています。

客室は洋室、和室など種類が豊富で、エグゼクティブフロアでは「エアウィーヴ」を全室に設置するなど、常に最新の設備やアメニティ類を意識しているところに好感ポイント!

高層階からは浦和の景色や富士山がよく見え、街の夜景もとてもきれいですよ。

「ロイヤルパインズホテル浦和」は地元に愛されるホテル

写真:二松 康紀

地図を見る

ホテルが入るビルは複合施設になっていて、高層階はホテル、その他の階に商業テナント、3階には「うらわ美術館」も併設されています。玄関口は豪華な造りで、入ると大きなシャンデリアが正面にあり、吹き抜けの内観はなかなかのものです。

「ロイヤルパインズホテル浦和」は地元に愛されるホテル

写真:二松 康紀

地図を見る

「ロイヤルパインズホテル浦和」は地域密着型ホテル!サッカーチームで有名な「浦和レッズ」の協賛企業で、ホテル内にはチームグッズが展示されています。グッズのショーケースはファンが訪れる際の撮影スポットです。

客室はシンプル&モダンなデザイン

客室はシンプル&モダンなデザイン

写真:二松 康紀

地図を見る

客室はシングル、ツイン、ダブル、バリアフリーの他に和室、スイート(4タイプ)があります。広さはスイート以外は24平米から38平米。スイートは47平米から110平米まで種類は豊富です。

画像はエグゼクティブツインで32平米の客室です。フロアにより設備やアメニティ類が異なり、こちらは「エアウィーブ」を導入。睡眠についても最新の設備でゲストを迎えてくれます。その他、19階のトップラウンジでウェルカムドリンクなども用意してくれます。

客室はシンプル&モダンなデザイン

写真:二松 康紀

地図を見る

こちらは和室。48平米のタイプと64平米のタイプがあり、こちらは64平米のタイプ。10畳+7.5畳で、茶室としても利用できるように炉と水屋も設置されています。このほかに55平米の和洋室もあります。

客室はシンプル&モダンなデザイン

写真:二松 康紀

地図を見る

通常はユニットバスタイプですが、64平米の和室には洗い場付きのタイプを完備。和室はファミリーが多いので、洗い場付きはとても便利ですよ。

地元ではウェディングが評判

地元ではウェディングが評判

写真:二松 康紀

地図を見る

ここ「ロイヤルパインズホテル浦和」は地元に愛されるだけあって、ウェディング需要が多くその内容は充実しています。ウェディングの口コミサイトでも常に埼玉県内で上位をキープするなど名実伴った施設です。

特に人気なのがホテル6階にあるガーデンチャペル。こちらは天井からのペンダントライトがとてもきれいです。

地元ではウェディングが評判

写真:二松 康紀

地図を見る

チャペル以外に神殿でもウェディングは可能。厳かな雰囲気の中、神主さんが結婚式を取り持ってくれます。もちろん衣装などもホテルで手配可能。ブライダルサロンはゆったりしたスペースで落ち着いた雰囲気です。

地元ではウェディングが評判

写真:二松 康紀

地図を見る

宴会場は全部で5つあり、おすすめは最上階のスカイバンケットホールとゴールドルーム。画像はゴールドルームです。こちらは英国調の落ち着いた色調と調度品で、大人の結婚式といった感じです。シックなインテリアがウェディングドレスやタキシードなどと良くマッチしますよ。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

レストラン類は全部で8つ

レストラン類は全部で8つ

写真:二松 康紀

地図を見る

「ロイヤルパインズホテル浦和」はレストランが豊富で、どこも本格的な料理が食べられます。特におすすめしたいのが、19階のフレンチレストラン「RPR」。こちらのシェフが作り出すフレンチ料理は、一品毎に繊細な装飾と複雑な味わいを組み合わせた見事な料理ばかり。

高級フレンチをホテル最上階の夜景を見ながら食べられるのは埼玉県内でもなかなかありません。ディナーのコース料理は3つ。おすすめはほどよい量で楽しめるメルキュールコース。

前菜やメインなどを選択できるので、ここで好きなものを選ぶと良いですよ。こちらの画像は前菜で、フランス産「フォワグラのポワレ」。カカオの苦みとフルーツの酸味が効いたソースが美味です。

レストラン類は全部で8つ

写真:二松 康紀

地図を見る

こちらは「かますのコンフィ」で、うにのソースを下に敷き、小さく切った野菜類を施した上にかますを載せた逸品。焼き加減が絶妙で、歯ごたえのあるかますは口の中でほどけるような新鮮な食感ですよ。

レストラン類は全部で8つ

写真:二松 康紀

地図を見る

「季節のフルーツのゼリー寄せ ライチソルベを添えて」は見た目がとても華やかな逸品!弾力のあるフルーツとぷるぷるのゼリーの食感と、それらが合わさったときの2つの甘さが程よく、とろけるように味わえます。

全ての料理は見た目もきれいなのが、シェフの力のなせる技。浦和駅周辺にはたくさん飲食店がありますが、このホテルに泊まったらぜひ、ホテル内のレストランを利用してみてはいかが。

他にもおすすめグルメはたくさん

他にもおすすめグルメはたくさん

写真:二松 康紀

地図を見る

こちらはセットメニューで提供されているホテルの朝食。おかずは少しずつで種類が多いのが嬉しい点!このセットだけで十分お腹いっぱいになりますが、お代わりもできるシステムになっています。

現状はセットメニューになりますが、食事の提供方法や食事内容については変更になることがありますので、宿泊の前にホテルにお問合せしてください。

他にもおすすめグルメはたくさん

写真:二松 康紀

地図を見る

レストランの他にホテルが誇るのはペストリーショップ「ラ・モーラ」のスイーツ!
浦和は実はスイーツで有名な地で、パティシエコンクールでも優勝者が出るなど、名店も多いんです。「ロイヤルパインズホテル浦和」のパティシエも数々の賞を受賞しています。

そのスイーツは、色鮮やかな見た目が特長の1つ。もちろん食べても美味しいのですが、見た目って大事です。きれいなデコレーションが目を引き、ショーケースで全部買いたくなってしまうくらいです。

もちろん、購入したスイーツはテイクアウトも可能ですよ。

他にもおすすめグルメはたくさん

写真:二松 康紀

地図を見る

最後におすすめは、客室からの夜景!浦和の街は大きなビルが無いので、地平線の見える夜景がポイント。大都市とは違った趣も素敵ですよ。
夜景を見ながらホテルのスイーツを食べてみてはいかが?

グルメとスイーツなら「ロイヤルパインズホテル浦和」で

「ロイヤルパインズホテル浦和」は浦和駅周辺のホテルの中ではレストランが豊富で、スイーツにも力を入れている、いわばグルメホテルです。宿泊だけで無く、地元の人から愛されるレストランやスイーツは浦和以外から来ても満足できますよ。

特にディナーの創作フレンチ料理は秀逸。ディナーを食べるためにホテルに宿泊するのもありって思うくらいなので、ぜひ試してみて欲しいです。

最後にホテルの裏手には昭和の香り漂う通りがあります。昔ながらの佇まいの銭湯、昭和の雰囲気そのままのレトロな喫茶店、外観がとても懐かしい散髪屋など、まるで映画「ALWAYS 三丁目の夕日」のような一角。夕方の散歩にとってもおすすめです。

2020年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/08/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -