最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

関東最高峰「日光白根山」へロープウェイ利用の最短コースで登頂

関東最高峰「日光白根山」へロープウェイ利用の最短コースで登頂

更新日:2020/09/24 11:41

大木 幹郎のプロフィール写真 大木 幹郎 巨樹巨木巡礼者、低山登山者
日光白根山は群馬県の片品村と栃木県日光市の境にそびえる日本百名山。関東地方の最高峰であり、山頂は360度の素晴らしい大展望。日光の山々をはじめ、説明し尽くせないほどの名峰の数々を見渡すことができます。複数ある登山コースの中から、ロープウェイを利用した最短コースをご案内。登頂後は美しい火山湖である五色沼を巡る、眺望と変化に富んだ日光白根山の登山をご紹介します。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

日光白根山と丸沼高原のロープウェイ

日光白根山と丸沼高原のロープウェイ

写真:大木 幹郎

地図を見る

五色山から望む雄大な日光白根山の姿。巨大な溶岩ドームの山頂と、懐に抱く美しい五色沼が特徴的です。標高2578mの関東最高峰で、男体山をはじめとした日光連山の西端に位置する活火山。豊かな自然と優れた景観から、日光国立公園の特別保護地区に指定。大展望の山であり、高山植物の宝庫と紅葉の名所としても知られています。

日光白根山は登山コースのバリエーションが多い変化に富む山域。ここでは登山初心者の方にもお勧めできる、ロープウェイ利用の最短コースをご案内します。

日光白根山と丸沼高原のロープウェイ

写真:大木 幹郎

地図を見る

日光白根山の西山麓にある丸沼高原スキー場。ここの日光白根山ロープウェイを利用するのが登頂の最短コースです。標高約2000mに位置する山頂駅までひとっ飛び。2時間30分ほどの歩行時間で登頂できます。

ロープウェイの入口にあたる施設がセンターステーション。施設内にはチケット売り場の他、登山用品を扱うモンベルショップ、軽食の売店、日帰り入浴の座禅温泉も併設されています。

日光白根山と丸沼高原のロープウェイ

写真:大木 幹郎

地図を見る

日光白根山ロープウェイで約15分の爽快な空中散歩。山頂駅まで素晴らしい展望が続き、丸沼と周囲の山々も見渡すことができます。この眺望を求めて大勢の観光客も訪れる人気のスポットです。

<丸沼高原スキー場の基本情報>
住所:群馬県利根郡片品村大字東小川
電話番号:0278-58-2211
アクセス(車):
日光宇都宮道路・清滝ICから約60分、関越道・沼田ICから約50分
アクセス(路線バス):
JR日光駅か東武日光駅から湯元温泉行きの路線へ
湯元温泉から鎌田行きの路線に乗換え丸沼高原へ
アクセス(路線バス):
上毛高原駅か沼田駅から大清水行きの路線へ
鎌田から湯元温泉行きの路線へ乗換え丸沼高原へ

ロープウェイ山頂駅から登山開始

ロープウェイ山頂駅から登山開始

写真:大木 幹郎

地図を見る

ロープウェイ山頂駅の一帯では、間近に迫る日光白根山の姿が圧巻。登山口から先、右端に見える稜線まで山腹の樹林帯を巻くように登っていきます。

好展望の山頂駅は憩いの場でもあります。シラネアオイやコマクサなどの高山植物が植えられた庭園と、カフェや展望台を兼ねた足湯が併設。登山後の疲れを癒してくれる天空のオアシスです。

ロープウェイ山頂駅から登山開始

写真:大木 幹郎

地図を見る

この赤い鳥居が登山口。すぐ先にある二荒山神社では、安全登山を祈願しておきましょう。神社から先、鹿よけのゲートを開けて樹林帯へ入っていきます。

ゲートから先の樹林帯には、一周約5kmの史跡散策コースと、その中にコンパクトな一周約1.5kmの自然散策コースが整備。山頂へは途中まで史跡散策コースの一部を辿っていきます。

ロープウェイ山頂駅から登山開始

写真:大木 幹郎

地図を見る

気持ち良い森林浴が味わえる史跡散策コースを歩いて約40分。大きな不動岩と大日如来の石像を過ぎた先、七色平避難小屋の近くにある分岐点に到着します。現地案内板では散策コースの5番の地点。この分岐点を右へ。散策コースから外れて日光白根山の山腹を登っていきます。

大展望の日光白根山の山頂へ

大展望の日光白根山の山頂へ

写真:大木 幹郎

地図を見る

史跡散策コースの5番の分岐点から約1時間で、森林限界を越えて景色は一転。高山植物が群生し、大迫力の山頂一帯と周囲の山々を見渡せるところに着きます。

この南西麓の森林限界に出るまで、山腹に広がる深い樹林帯の中を巻いて登ってきます。途中で山頂西側にある崩壊地、地獄ナギから続く谷間を過ぎると急登の連続です。

大展望の日光白根山の山頂へ

写真:大木 幹郎

地図を見る

森林限界から山頂までは約40分。火山らしい荒涼たる景観の中を登っていきます。山頂直下までは石礫に覆われた急斜面。滑りやすいので慎重に登りましょう。

溶岩ドームの山頂一帯は、複数の爆裂火口跡がある複雑な地形。白根神社の祠がある先から大きな火口跡に下り、この中央の山頂へ登り返します。直登は危険なので左側から巻いて登りましょう。

大展望の日光白根山の山頂へ

写真:大木 幹郎

地図を見る

日光白根山の山頂は360度の大展望。数多くの名峰を見渡せます。東から南側にかけての展望では眼下の五色沼や、男体山などの日光連山と中禅寺湖が目立ちます。

特に目を引くのがこの北側の展望でしょう。眼下には弥陀ヶ池。奥に丸沼と菅沼を囲み鬼怒沼湿原へと続く山々。遥か遠くに尾瀬ヶ原にそびえる双耳峰の燧ヶ岳(左奥)や会津駒ヶ岳(右奥)。関東最高峰から望む絶景です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

美しい五色沼に立寄る下山コース

美しい五色沼に立寄る下山コース

写真:大木 幹郎

地図を見る

山頂からの下山は、往路で戻れば1時間45分ほどで登山口へ。ここでは1時間ほどの寄り道、美しい火山湖の五色沼と弥陀ヶ池に立寄る下山コースをご案内します。

五色沼へは山頂から東に位置する外輪山、前白根山へ続く尾根を下っていきます。途中にある五色沼避難小屋まで約50分。五色沼の眺めが素晴らしい尾根道ですが、樹林帯に入るまで石礫に覆われた急坂。足下に注意して慎重に下りましょう。

美しい五色沼に立寄る下山コース

写真:大木 幹郎

地図を見る

五色沼へは避難小屋の前にある分岐を左(北側)へ。約15分ほど下っていけば南の湖畔に着きます。五色沼は日光白根山の山頂と比べて、訪れる登山者が少ない静謐な雰囲気。外輪山に囲まれた碧く煌めく火山湖で、美しい秘境の景観を堪能してください。

美しい五色沼に立寄る下山コース

写真:大木 幹郎

地図を見る

五色沼では湖畔から見上げる日光白根山にもご注目ください。空を覆う巨大な溶岩ドームの山体は大迫力。五色沼は山頂から1時間ほどかけて立ち寄る価値は十二分にあります。

弥陀ヶ池を経て史跡散策コースへ戻る

弥陀ヶ池を経て史跡散策コースへ戻る

写真:大木 幹郎

地図を見る

五色沼では湖畔を歩いて南岸から北岸へ。約10分でこの分岐点に到着。弥陀ヶ池へは直進します。右は外輪山の五色山へ続く尾根の登り。体力に余裕のある人は五色山へ立寄ってみてください。往復約50分。五色沼と日光白根山を重ねた素晴らしい景観を望めます。

弥陀ヶ池を経て史跡散策コースへ戻る

写真:大木 幹郎

地図を見る

五色沼の北岸にある分岐から約25分で弥陀ヶ池へ到着。五色沼に劣らず美しい景観です。

弥陀ヶ池には日光白根山の山頂北側にある登山コースで、約45分で下ってくることもできます。山頂直下は岩がゴロゴロとした急斜面なのでご注意を。また、弥陀ヶ池は約2時間30分で登ってこれる、菅沼登山口のコースとも繋がっています。

弥陀ヶ池を経て史跡散策コースへ戻る

写真:大木 幹郎

地図を見る

弥陀ヶ池からは史跡散策コースを目指して下山。途中でこの神秘的な小湿原の七色平を経由します。

弥陀ヶ池から5分ほど先、左右に白根山頂と座禅山と分ける分岐点を直進。樹林帯の急坂を下り続けて約25分、史跡散策コースの現地案内板で6番の分岐点へ到着。左手に進み約10分で七色平と避難小屋を過ぎ、往路で通った5番の分岐点へ戻ります。約30分で登山口です。

ロープウェイ利用でも十分な登山計画を

関東最高峰に相応しい大展望を堪能できる日光白根山。ロープウェイ利用の最短コースでも注意が必要です。山頂一帯は石礫の急斜面や岩場。天気は急変しやすく夏期でも気温が10度を下回ることが。余裕ある登山計画を立て、十分な登山の装いで入山してください。また、活火山なので入山できる状況にあるか、気象庁の火山登山者向け情報を確認しておきましょう。

最後に以下、歩行時間のまとめと登山適期です。

<歩行時間>
登山口−(40)−七色平分岐−(60)−森林限界−(40)−白根山−(50)−五色沼避難小屋−(15)−五色沼−(35)−弥陀ヶ池−(40)−七色平分岐−(30)−登山口(合計5時間10分)

<登山適期>
お勧めの時期は新緑の6月中旬、高山植物が花盛りの7月、紅葉が見頃の9月下旬から10月上旬。冬期は険しい雪山に変貌。降雪は11月頃から始まり、6月上旬頃まで残雪があります。

2020年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/08/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -