最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

三重・四日市屈指のシティホテル「都ホテル 四日市」

三重・四日市屈指のシティホテル「都ホテル 四日市」

更新日:2020/09/08 14:07

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家
三重県四日市市といえばコンビナートを中心とした工業地帯として社会科の授業で習った方も多いでしょう。工業で繁栄した街の中心部は賑やかで、三重県の都市の中でも高い存在感を誇ります。ビジネス都市だけに中心部にはビジネスホテルは多くありますが、シティホテルになるとほとんど見当たりません。「都ホテル 四日市」はそんな四日市の貴重なホテルにして、街のランドマーク的存在。アクセスや快適な客室など紹介します。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

観光やグルメでも注目の四日市

観光やグルメでも注目の四日市

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

工業都市、ビジネス都市として知られる四日市市ですが、観光として訪れる価値の高い都市でもあります。最近ではB級グルメでも注目されており、中でも“とんてき”は全国区。各地からファンが訪れます。とんてきで有名なのが「まつもとの来来憲」。駅からは離れていますが行列の絶えない人気店です。
 
駅、と書きましたが、四日市市の玄関口としては“JR四日市駅”と“近鉄四日市駅”があります。両駅は1キロメートルほど離れており、歩くと15分〜20分ほどかかります。ただし大きな通りで結ばれており直線でアクセスできます。

観光やグルメでも注目の四日市

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

四日市へ行ったら是非訪れたのが「湯の山温泉」。御在所岳の麓に開けた温泉地で、近鉄四日市駅から近鉄湯の山線の普通列車にて約30分で湯の山温泉駅へアクセスできます。

温泉街には御在所ロープウェイの駅あり御在所岳山頂まで行くことができます。日帰り入浴でオススメなのが希望荘。エントランスから施設までミニケーブルカーでアクセス。プチトリップ気分が味わえます。

賑やかな駅周辺のランドマークホテル

賑やかな駅周辺のランドマークホテル

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

前述のとおりJR四日市駅と近鉄四日市駅は離れていますが、圧倒的に賑やかなのは近鉄四日市駅側です。そもそも四日市へのアクセスは、名古屋駅から近鉄電車を利用するのが一般的で特急ならば1駅。本数も圧倒的に近鉄が多く、近鉄四日市駅周辺が栄え賑わっている理由がわかります。

近鉄四日市駅の近鉄百貨店側へ出ると、縦横にアーケード街が広がります。諏訪公園の辺りまで多くの商店や飲食店があり、四日市随一の賑わいをみせます。四日市グルメを丸ごと楽しむのならば駅周辺の中心部がいいでしょう。

賑やかな駅周辺のランドマークホテル

写真:瀧澤 信秋

都ホテル 四日市は百貨店とは反対側の出口で“ララスクエア”に隣接しています。隣接、と書きましたが、四日市都ホテルが中心に位置しており、さすが四日市市を代表するシティホテルの風格があります。広々とした車寄せもあり、こうした光景も高級ホテルならではでしょう。

地元の人々にもレストランや宴会、結婚式などで多く利用されているホテルらしく、多くの人々で賑わいます。こうした高級ホテルはアウェイな地を訪れる旅人にとっても安心感があるもの。ホテルの外観が見えた瞬間に思わずホッとしてしまいます。

都ホテルブランド

都ホテルブランド

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

都ホテル(都ホテルズ&リゾーツ)は、近鉄が母体の株式会社近鉄・都ホテルズの運営で、近畿・東海地方を中心に東京にもホテルがある大手ホテルチェーンです。都市を代表するフラッグシップホテルが多く、都ホテル 四日市もそんなホテルのひとつ。

外観はもちろん、エントランスから入って広がるアトリウムロビーもデラックス感満点。スタッフのホスピタリティマインドもさすがに洗練されています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

質感の高い客室

質感の高い客室

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

全体として落ち着いたトーンのインテリアで、調度品の質感の高さもデラックスホテルならでは。快適な客室か否かのポイントとして、デュべスタイルのベッドメイクか否かが挙げられますが、都ホテル 四日市は全室デュベスタイルベッドで快眠を約束します。

質感の高い客室

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

窓からの景色は鈴鹿セブンマウンテンに伊勢湾とご当地屈指の眺望ホテルでもあります。客室面積も余裕があり、最も狭いセミダブルルームでも客室面積は20平方mとデラックスホテルの余裕を感じます。ファミリー向けの客室も充実しており、スタンダードツインルームで28.7平方m有し、デラックスツインルームになるとなんと40.2平方m、ウォークインクローゼットと二つの洗面台まであります。

利用者目線の設え

利用者目線の設え

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

多彩な客室タイプを有しますが、中でもオススメなのがコンフォートツイン。機能性と快適性の高さが特徴です。三重県が誇る伝統工芸品をモダンにアレンジしたインテリアも特色。“伊勢型紙”をモチーフにした壁紙や“伊勢木綿”のアートパネルなど、コンセプト性の高い客室です。こうした客室にいると旅をしている気分が盛り上がるものです。

利用者目線の設え

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

また、コンフォートツインの大きな特色として“テーブル”があります。テレビが乗せられたボードに楕円形のテーブルが設えられている珍しい形態です。一般的な客室では壁伝いの長方形デスクといった形式ですが、楕円形ということでデスク機能はもちろん、食事やコーヒーブレイクにも余裕のある天板サイズで大助かり。こうしたところにも優れた利用者目線を感じます。

ホテルグルメにも注目

都ホテル 四日市はご当地随一のシティホテルだけあり、レストランも多彩。1Fには「レストラン パークサイドカフェ」があり、自然光に吹き抜けという開放感あふれる空間でお茶や食事が楽しめます。またホテル内には中国料理や日本料理、バーなど多彩なお店がありグルメを唸らせています。四日市グルメも楽しいですが、ホテルグルメにも注目です。

2020年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/16−2018/09/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -