美しい建物と重炭酸泉!大分・長湯「クアパーク長湯」で健康促進

美しい建物と重炭酸泉!大分・長湯「クアパーク長湯」で健康促進

更新日:2020/09/17 15:46

小野 和伸のプロフィール写真 小野 和伸 おおいた温泉ライター、別府八湯温泉道名人
大分県竹田市の長湯温泉にある「クアパーク長湯」は、血行促進効果が高く健康に良いと言われている天然の重炭酸泉を使い、歩行浴等の運動を行うことができる大変珍しい施設です。そして枠に囚われない自由な木造建築が凄い。木の温かみと豊かな自然を感じられる環境で温泉に浸かると、身体だけではなく心も癒されます。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

新しい健康づくりのシンボル

新しい健康づくりのシンボル

写真:小野 和伸

地図を見る

長湯温泉は、温泉療養の先進地であるドイツと深い結びつきがあり、行政民間を問わず人材交流、文化交流が盛んに行われている温泉地です。長湯温泉に新しくできたクアパーク長湯のクア(Kur)はドイツ語で「療養、保養のための滞在」、パーク(Park)は「公園のような広い土地」を意味しており、まさにドイツと日本の温泉文化を融合させた温泉地の新しい健康づくりのシンボルの様な存在です。

新しい健康づくりのシンボル

写真:小野 和伸

地図を見る

正面に立つと、まず入口部分にある大きな屋根に目を奪われます。局面を描きながら包み込むように広がる大きな屋根は、「レシプロカル構造」と呼ばれる工法が使われており、部材が1ヵ所に集中することを避け、4本の丸太が互いに支え合うことにより釣り合っています。規則性を持たせながら広がりを見せる天井は、ずっと眺めていても飽きません。

建物は、2014年に建築分野の国際的な賞であるプリツカー賞を受賞した建築家の坂茂氏が携わっていることでも有名で、枠に囚われない自由な木造建築に触れることは、大変良い刺激になります。建築関係に興味のある方も多く訪れます。

三角形を組み合わせたバーデゾーン

三角形を組み合わせたバーデゾーン

写真:小野 和伸

地図を見る

正面に下足入れと受付があり、利用者は中央のスロープを使い、2階の脱衣室へ向かいます。1階部分は男女共用のバーデゾーン(BADE ZONE)、脱衣室の隣りは男女別の浴室が設けられています。

1階のバーデゾーンは、水着着用エリアとなっています。水着は施設でレンタルすることができますが、2階の浴室だけを利用することも可能です。しかし、クアパーク長湯を訪れたなら、水着を着用した上で1階のバーデゾーンをぜひ利用して頂きたい。

三角形を組み合わせたバーデゾーン

写真:小野 和伸

地図を見る

脱衣室からバーデゾーンの出入口を開くと眼下に広がっている空間に驚きます。男女共用のバーデゾーンは、中央に大きな浴槽があり、その浴槽は歩行浴として外まで続いています。幾つもの三角を組み合わせた外壁と窓、レシプロカル構造の規則性のある屋根で覆われた空間は、木の温かみを感じられると同時に安らぎも感じます。

三角形を組み合わせたバーデゾーン

写真:小野 和伸

地図を見る

まずはかけ湯を行い、温泉に浸かります。歩き湯も含めると大変広い浴槽ですが、全ての浴槽が温泉で満たされており、その豊富な湯量に感心します。歩き湯の他に、ジャグジー風呂や寝湯、露天風呂なども用意されています。

豊かな自然を楽しめる歩行浴

豊かな自然を楽しめる歩行浴

写真:小野 和伸

地図を見る

屋外にある往復で100mもある歩き湯は、緩やかには蛇行しながら伸びており、両脇には植栽が設けられています。壁が無く屋外の空間となりますが、屋根は透明な折板が使われており、爽やかなそよ風と温かな日差しを感じながら温泉と戯れることができます。

屋根の折板受けなどの見える部分には、木材が使われている点からも、木質化という点において強いこだわりを感じます。

豊かな自然を楽しめる歩行浴

写真:小野 和伸

地図を見る

芹川に面して設けられている浴槽も素敵です。川のせせらぎに耳を傾けると、穏やかな気持ちで過ごす事ができ、まるで秘密基地の様な露天風呂です。芹川の反対岸には「コロナダ飲泉場」も確認することができます。

写真の表面に浮いている白い物体は、温泉の表面が空気に触れて冷えて固まったものです。特に一番風呂などで見かけることができますが、長湯の温泉がどれだけ濃いか感じる瞬間でもあります。

温泉で身体のメンテナンス

温泉で身体のメンテナンス

写真:小野 和伸

地図を見る

大浴場は、2階脱衣室の隣りの階段を上った先に設けられています。1階の水着着用エリアの歩き湯などは、少しぬるめに設定されているものが多いですが、何度も往復を行うと次第に身体は熱くなり、額に汗が浮かんできます。最後は大浴場の温泉でスッキリして湯から上がりましょう。

温泉で身体のメンテナンス

写真:小野 和伸

地図を見る

泉質は、中性の「マグネシウム・ナトリウム−炭酸水素塩泉」です。そして長湯温泉共通ですが、二酸化炭素も他の温泉地と比べて多めに含まれています。

長湯温泉の温泉の事を、良く「重炭酸泉」と表現しますが、重炭酸泉は血行促進効果の高い温泉として研究されています。血管を広げる効果と同時に血行促進効果もある為、血液の成分は身体中に素早く行き届きます。

身体の防衛機能を担っている白血球も、害のある部分に素早く行き届くことができる為、身体の免疫力も向上します。

血行促進効果のある温泉を利用して、血行を促進させる運動を行うことができる施設と考えると、とても贅沢な環境と言えるでしょう。

温泉で身体のメンテナンス

写真:小野 和伸

地図を見る

クアパーク長湯では日帰り入浴の他に、食事と宿泊も行うことができます。木の温かみが感じられるレストラン棟は、シンプルながらとても目を引く外観です。

カロリーの消費が高い重炭酸泉で身体を動かすと、お腹が凄く空きます。その状態で、地元の新鮮な野菜がふんだんに使われた料理を食べると、心にも身体も元気になること間違いありません。

重炭酸泉を贅沢に楽しめる嬉しい施設

クアパーク長湯は、緑豊かな、そして木造建築の柔らかい空間の中で、医学的にも効果が高いと言われている長湯の温泉と贅沢に戯れることのできる施設です。是非洗練された木造の建物を、良質なクアパーク長湯の重炭酸泉を、心行くまでお楽しみ下さい。

2020年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/08/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -