最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

“イオニア海の真珠”と謳われる南伊の城塞都市「ガッリーポリ」

“イオニア海の真珠”と謳われる南伊の城塞都市「ガッリーポリ」

更新日:2020/10/13 16:29

ケイコ ソリーノのプロフィール写真 ケイコ ソリーノ プーリア旅コーディネーター、チーズ教室主宰
イタリアの“かかと”に位置するプーリア州。アドリア海とイオニア海に囲まれた州南部のサレント半島には、魅力的な海辺の町がたくさんあります。

今回は、半島最大の街レッチェから日帰りで楽しめる「ガッリーポリ」をご紹介!

オリーブオイル貿易で財を成した町には、豪華なバロック建築の建物があちこちに。お城や教会、美しいビーチなど、趣に溢れた町の見どころと一緒にお土産に最適な名産品の情報もお届けします。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

イオニア海の真珠

イオニア海の真珠

提供元:Comune di Gallipoli

https://www.comune.gallipoli.le.it/地図を見る

“イオニア海の真珠”と謳われるガッリーポリは、南伊・プーリア州南部の港町です。その美しさを愛でるため、多くの観光客が訪れるイオニア海岸で最も人気のリゾート地。

町の歴史は先史時代にさかのぼり、紀元前には古代ギリシャの植民地として発展。ガッリーポリという町の名は、古代ギリシャ語の”美しい町”に由来します。

見どころが集まる旧市街は、海に突き出した小島。新市街がある半島とは橋で結ばれています。

イオニア海の真珠

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

昔から漁業が盛んなこの町では、港で和気あいあいと働く漁師の姿に出会います。ガッリーポリの魚市場はサレント半島で最大の規模を誇り、新鮮な魚介が豊富!

この地で食事をするなら、魚市場で鮮度抜群のシーフードを。場外市場にある「ラ・ランパラ」は、魚屋直営のカジュアルレストラン。目の前の海で水揚げされた鮮魚や自慢の魚料理をお腹いっぱい堪能できます。

<ラ・ランパラの基本情報>
住所:Via Incrociata 10/12,73014,Gallipoli
電話:+39-0833-26-1939
営業時間:11時〜16時/19時〜24時
定休日:なし

イオニア海の真珠

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

さらに、町の魅力のひとつが、美しい海!イタリア国内をはじめ、ヨーロッパ中から愛されるプーリアの海。なかでも、ガッリーポリの人気はトップクラス。

ここで海水浴を楽しむなら「プリータ・ビーチ」へ。教会の名が由来の小さな砂浜です。プーリアの海水浴シーズンは、5月〜9月。海が好きな方は必ず足を運びましょう。

周囲にはオシャレなバーが並び、海水浴の後、夕日を眺めながらのアペリティーヴォにも最適です。

<プリータ・ビーチの基本情報>
住所:Contrada Purita’,73014,Gallipoli

海洋都市を守る鉄壁の城

海洋都市を守る鉄壁の城

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

外せない町の名所が、旧市街と新市街を結ぶ橋のたもとに位置する「ガッリーポリ城」。どっしりとした古城は、遠くから見ると、まるで海に浮かんでいるかのよう。

イタリア半島の東端に位置するプーリア州は、幾度となく海を越えてやってくるトルコからの襲撃に苦しんだ歴史をもちます。よって、この城も防御機能を最重要課題にした城砦です。

海洋都市を守る鉄壁の城

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

城は古代ローマ時代の城砦を基礎に13世紀に建てられ、その後、フランス人、スペイン人、ヴェネチア人と土地の支配者が替わる度に手が加えられました。

形は四角形で丸みを帯びた4つの塔があり、三方を海に囲まれた特殊な城です。居城ではなかったため、城内の装飾はとても簡素。

内部は有料で見学可能。中庭を中心に各展示室が配置され、城の歴史、中世の武器庫の様子や町の重要産業について知ることができます。ガイドツアーも予約制で実施。

海洋都市を守る鉄壁の城

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

さらに、ここは絶景スポット!屋上からは、新市街から続く橋やカラフルな漁船が並ぶ小さな港、コバルトブルーの海など、見飽きないパノラマが広がります。

<ガッリーポリ城の基本情報>
住所:Piazza Imbriani,73014,Gallipoli
電話:+39-0833-26-2775
営業時間:夏季(6〜9月)10時〜20時(7〜8月は24時まで)
上記以外10時〜13時/15時〜17時(4〜5月は18時まで)
定休日:月曜日(10〜3月のみ)
入場料:3ユーロ(ガイドツアー別途3ユーロ)

大聖堂とオリーブオイル搾油所

大聖堂とオリーブオイル搾油所

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

旧市街のほぼ中心に位置するのが、町の守護聖人・聖アガタを奉った「大聖堂」です。

同じ場所にあった中世の教会跡を利用して、1696年に建立。豪華な正面ファザードは、細かな彫刻で飾られたレッチェ風バロック様式。当時の教会権力の偉大さが分かる芸術作品です。

内部はラテン十字架の形で12の祭壇が並びます。ガッリーポリ出身の画家アンドレア・コッポラの作品をはじめ、17〜18世紀の宗教画がずらりと飾られ、まるで小さな美術館の様相です。

<大聖堂の基本情報>
住所:Via Duomo 1,73014,Gallipoli
電話:+39-0833-26-1987
営業時間:9時〜13時/17時30分〜20時
定休日:なし

大聖堂とオリーブオイル搾油所

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

そして、大聖堂から徒歩2分で地下に広がる「オリーブオイル搾油所」に到着。ここも、この町ならではの見どころです。

驚くことに、16〜19世紀にかけて、ガッリポーリは灯油の産地としてヨーロッパ中に名を馳せた町。ロンドン、パリ、ベルリン、ウィーンなど、各国の街頭が電気が発明される直前まで、この町で採れたオリーブオイルで灯されていました。

大聖堂とオリーブオイル搾油所

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

登記簿によると、当時は35箇所の搾油所が存在。現在、博物館として公開されているのは3箇所。そのうちのひとつが「イル・フラントイオ・デル・ヴィチェレ」です。

地下は通年一定の温度が保たれ、オイル製造の工程ごとに空間が分けられています。当時、製造期間中(10〜3月)は、労働用の家畜と人間がこの空間で一緒に暮らしてました。

館内の説明は、音声ガイド(伊語・英語・独語・仏語)で聞くことができます。

<イル・フラントイオ・デル・ヴィチェレの基本情報>
住所:Via Santa Maria 6,73014,Gallipoli
電話:+39-348-133-6632
営業時間:10時〜13時/15時〜21時
定休日:なし
料金:1.5ユーロ

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

風情ある漁港の町並み

風情ある漁港の町並み

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

港町に来たら、海沿いを散策するのも醍醐味です。

旧市街から新市街へと続く橋を渡って、すぐの場所に高さ約5mの目を引く石造りの噴水があります。「ギリシャ噴水」と呼ばれ、当初は紀元前3世紀の古代ギリシャ時代に作られたものだと推定されていましたが、後の研究で中世ルネサンス期のものと判明。

噴水の両面ともにギリシャ神話をモチーフにした彫刻で飾られ、町の紋章である“王冠のニワトリ”も上部に見ることができます。

<ギリシャ噴水の基本情報>
住所:Corso Roma,73014,Gallipoli

風情ある漁港の町並み

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

そして、散策を続けると、海沿いに建つ教会の多さに驚くはず。

漁師町の教会は、漁師が漁に出かける前に無事の帰還を願って必ず祈りを捧げる場所。青空を背に白く輝く小さな教会には、町の人の日々の願いが詰まっています。

海沿いの教会巡りは、この町ならではのオススメの楽しみ方です。

風情ある漁港の町並み

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

さらに、海沿いの道から細い路地が続く旧市街の中心へ。

路地の先にあるのは、立派なお屋敷や洗濯物が風になびく軒先の風景、テラス席で食事を楽しむ人の姿など。

お土産探しを楽しむなら、メインストリートの「アントニオエッタ・デ・パーチェ通り」へ。

ガッリーポリの名産品

ガッリーポリの名産品

提供元:Comune di Gallipoli

https://www.comune.gallipoli.le.it/地図を見る

この町の名物が「ガッリーポリ風スカペーチェ」です。スカペーチェは、イタリアのマリネのこと。

敵が襲ってきた時、篭城の際に食べる料理として中世に発明されました。揚げた小魚とサフランで風味付けしたパン粉を交互に重ねて、酢で漬け込んだ保存食。町のレストランで味わうことができます。

ガッリーポリの名産品

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

そして、お土産に最適なのが、天然素材100%の海綿スポンジです。

海綿とは、アミノ酸からできている海の生き物。刺激が少なく吸水性が高いので肌触りもバツグン。地中海産のものが最上級とされ、町の土産物店には必ず置いてあるご当地土産の代表選手です。

ガッリーポリの名産品

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

最後は、漁師が所縁のカゴグッズです。

漁の仕掛けに使う葦とワイヤーを巧みに使って、カゴバックやランプシェードなどに加工した手工芸品。旅の思い出に、あなたのお気に入りを持ち帰りましょう。

ガッリーポリへの行き方

ガッリーポリへは、電車スゥド・エスト(南東)線が便利です。

レッチェ駅から乗換えなしで所要時間約1時間30分、料金は4.3ユーロ。
ただし、日曜日は電車が運休になるためバスが代替運転しています。

駅から旧市街へは徒歩15分。

2020年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/09/07 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -