コンビニで堪能できる沖縄グルメ!沖縄ファミリーマートが楽しい!

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

コンビニで堪能できる沖縄グルメ!沖縄ファミリーマートが楽しい!

コンビニで堪能できる沖縄グルメ!沖縄ファミリーマートが楽しい!

更新日:2014/08/12 14:33

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

沖縄に行ったのなら、座って食事をする時間も惜しいというアクティブ派の貴方!そもそも飯など食う時間もねぇ!という出張サラリーマンの貴方!そんな人たちの強い味方といえばコンビニ。しかし、たかがコンビニと侮ることなかれ、特にファミリーマートは沖縄限定商品が多数!食事を取る時間も惜しい方にはぜひ前向きに利用してほしい、沖縄コンビニグルメをご紹介します。

ただのおにぎりじゃない、「ポーク玉子」おにぎり

ただのおにぎりじゃない、「ポーク玉子」おにぎり

写真:bow

今回ご紹介するコンビニグルメは全て『沖縄ファミリーマート』にて販売している商品です。実は本土のファミリーマートとは別会社で、沖縄に根差した沖縄限定販売の商品が多数揃っています。コンビニとはいえ、観光客にもおすすめのグルメスポットでもあるのです。

まずは腹ごしらえするためにおにぎり部門からおすすめ商品を。沖縄フードの代表格でもある「ポーク玉子」。ポークランチョンミートと玉子の組み合わせは沖縄では定番中の定番。その味をおにぎりにしたシリーズがあるのです。「ポーク玉子」おにぎりには、2014年8月現在、チキナー(からし菜)・シーチキンマヨネーズ・油みその3種類がラインナップ!どれも美味!おにぎりと言うには少しサイズも大き目で腹持ちもバッチリです!

タコライスをワンハンドで!

タコライスをワンハンドで!

写真:bow

もう一つのご飯系沖縄フードの代表格「タコライス」。タコライスの名店は沖縄にも多数ありますが、こと『沖縄ファミリーマート』の手にかかれば、ワンハンドでタコライスを食べちゃって!とでも言わんばかりの手巻き寿司になってしまいました。それがこの「タコス巻」!

しかしながら、タコスミートの絶妙な味わいをこれでもかと堪能できるファミマの味へのこだわりっぷりには脱帽!確かにタコライスを食った気にさせてくれる一品です。お腹も膨れます!

何故かルイボス茶が美味い!

何故かルイボス茶が美味い!

写真:bow

さて、次はお茶を選んでみましょう。沖縄でお茶と言ったら「さんぴん茶」だろうと思われる方も多いかもしれませんが、なぜか沖縄のコンビニに行くと必ず目につくお茶が「ルイボス茶」。

本土だと健康茶の扱いなのでなかなかコンビニの紙パック飲料ではお目にかかれないのですが、沖縄だとごく自然に陳列されているのです。どこへ行っても沢山並んでいるのでおすすめされている気になってしまってついつい選んでしまうほど。しかし、暑い沖縄の気候と「ルイボス茶」の爽快な喉ごしが意外とマッチ!結構イケます!

そして、ベタなところでもう一つおすすめは「アイスティー」。地元の食堂で提供されているアイスティーをイメージしたものがいくつか売られています。しかし、この地元の食堂で提供されている「アイスティー」は、例えるなら「紅茶」と言うよりは「さとう水」に近いような味わいのもの!本土の人間が思い浮かべるアイスティーとは少し違う、本場・アメリカ仕込みな「アイスティー」なんですヨ!

余談ですが、通常は1Lの紙パック飲料、沖縄では946mlという中途半端な内容量。これ、実は1/4ガロンに当たる量なのです。通常アメリカで使う単位はリッターではなくガロン。こんなところにもアメリカが隠れているところが沖縄なんですね。

沖縄でアイスといえば!ブルーシール

沖縄でアイスといえば!ブルーシール

写真:bow

アメリカ生まれ、沖縄育ちのアイスクリームといえば、ブルーシール!沖縄でアイスといえば外すことはできません!とうぜんアイスクリーム売場にはブルーシールは常備されています。

1948年に沖縄県うるま市の米軍基地内で設立されたブルーシール。当時は完全に基地内の米軍兵士の為に商品を作っていたため、沖縄の人たちの手には届かなかったとか。そして15年後には米軍基地を出て浦添市に本店を移し、地元沖縄の人たちにも楽しめるアイスクリーム店が始まったそうです。

そんなブルーシールは沖縄の高温多湿な気候風土に合わせた、口当たりの軽いさっぱりめな風味。ちゃんと沖縄で美味しく食べられるようにアレンジがなされているところこそが、地元沖縄の人たちに愛される”沖縄育ち”のアイスたる所以なのです。

晩酌は「ワンカップ泡盛」がおすすめ

晩酌は「ワンカップ泡盛」がおすすめ

写真:bow

夜のお供としておすすめしたいのが「ワンカップ泡盛」。あ、別に昼間っから呑ってもらっても大いに結構ですが!(笑)

久米島の久米仙など、メジャーな泡盛もかわいらしいワンカップで販売されています。爽やかな喉越しを期待させてくれる涼しげなパッケージが酒好きのココロをくすぐってくれます。

ちなみにワンカップ泡盛は普通の泡盛よりも度数が低め。ということは既に水で割られている状態です。これならそのまんまクイッといけます!キリリと冷やしてお召し上がりいただくのがベスト。

「嗚呼、今夜はコンビニメシか〜↓↓」という多忙な出張サラリーマンの貴方にも、少しでも沖縄気分を楽しませてくれる強い味方です!

積極的にコンビニでグルメを堪能して下さい!

今回紹介した沖縄ファミリーマートの商品。特に「おきなわDELI」と銘打たれたシリーズ商品は、沖縄ファミリーマートが自信を持って送り出している、沖縄ならではの食材を活用し、沖縄の人たちの声を取り入れ商品開発をされたシリーズです。当然味には相当気合いが入っていますので、裏切られることはまずないと言ってもいいでしょう!ぜひ購入の際には目印にしてください。

沖縄ファミリーマートは本島と離島を含め、なんと200店舗以上!地元客のみならず、積極的に観光客も取り込もうとする展開は続いていくとのことで、今後も新商品に期待が膨らみます。ぜひ、ドライブの途中で立ち寄ってみて下さい!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/04/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ