一度は走りたい!岐阜「ひるがの高原・せせらぎ街道」紅葉ドライブ

一度は走りたい!岐阜「ひるがの高原・せせらぎ街道」紅葉ドライブ

更新日:2020/09/29 13:30

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 山岳自転車旅ライター・フォトグラファー
飛騨と美濃の境界にあたる岐阜県中部。高山や下呂など、一部の町を除いて、ひたすらに山々が広がり、観光名所に乏しい印象があるかもしれません。しかし、そんな自然が根付くこのエリアだからこそ、秋になるとそのポテンシャルが発揮されます。なんと、山間部を走る道が、どれも紅葉の絶景道に変わるのです。今回は、その代表格「飛騨せせらぎ街道」と「ひるがの高原」をご紹介します。癒しの紅葉ドライブを楽しんでみませんか?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

飛騨が誇る秋のドライブスポット「飛騨せせらぎ街道」

飛騨が誇る秋のドライブスポット「飛騨せせらぎ街道」

写真:土庄 雄平

地図を見る

ともに江戸時代の趣ある街並みを残す飛騨高山と郡上八幡。その二つを結んでいる行程64kmの道が「飛騨せせらぎ街道」。距離が長くゆったりとしたアップダウンで構成され、渓流に沿って適度なワインディングが楽しめることから、主に二輪乗りから根強い人気を誇っています。

そんなこの道ですが、実は秋になると一躍そのポテンシャルが発揮されます!なんと燃えるような赤色・オレンジ色に包まれ、どこを走っても鮮やかな紅葉観賞が楽しめるのです。

飛騨が誇る秋のドライブスポット「飛騨せせらぎ街道」

写真:土庄 雄平

地図を見る

中でも、せせらぎ街道の中央にある「西ウレ峠」周辺は一段と美しい紅葉を見せ、ツーリングやドライブをしていても、思わず立ち止まってしまいます。日が満遍なく色彩を照らすお昼前後が一番オススメですが、それ以外の時間でも紅葉の明暗が浮き出て、また違った味わいが生まれます。

<飛騨せせらぎ街道の基本情報>
住所:岐阜県郡上市明宝奥住 せせらぎ街道
アクセス:飛騨高山・郡上八幡から車で約20分

「西ウレ峠」でサクッと紅葉ハイキングを楽しもう!

「西ウレ峠」でサクッと紅葉ハイキングを楽しもう!

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんな素晴らしいドライブが楽しめる「飛騨せせらぎ街道」ですが、密かな楽しみが紅葉ハイキング!先ほどご紹介した西ウレ峠から、サクッと秋の山を満喫することが可能です。

スタートとなるのは、峠の頂上にある名もなき池。しかしながら、カラマツの紅葉が映り込み、幻想的な風景を見せてくれます。早朝を中心として、マニアックなカメラマンに人気なスポットです。

「西ウレ峠」でサクッと紅葉ハイキングを楽しもう!

写真:土庄 雄平

地図を見る

周囲には「西ウレ峠遊歩道」が設けられ、鮮やかな紅葉を楽しみながら散策できます。現在は、かつて2015年の西日本豪雨でその多くが通行禁止になってしまったものの、入り口から約300mの場所にある「ブナの巨木」まで行くことが可能!

特にオススメの時間帯は早朝。朝日が昇れば、カラマツ林に囲まれて、オレンジの葉とともに巨木が存在感を増していきます。その神々しい風景は一度見たら忘れられない神々しさです。

<西ウレ峠遊歩道の基本情報>
住所:岐阜県高山市清見町楢谷
アクセス:飛騨高山から車で約40分、郡上八幡から車で約50分

ひるがの高原ドライブ「分水嶺公園」で真紅の紅葉観賞

ひるがの高原ドライブ「分水嶺公園」で真紅の紅葉観賞

写真:土庄 雄平

地図を見る

その一方で、せせらぎ街道に負けず劣らず素晴らしい道が、国道156号線。美濃白鳥から飛騨の奥座敷・白川郷へと抜ける主要道路です。そんなこの名道にも、筆舌に尽くしがたい紅葉スポットが点在しています。

その代表格が、ひるがの高原の峠の頂上に位置する「ひるがの分水嶺公園」。裏手にある大日ヶ岳から湧き出た水が、太平洋側・日本海側に分かれるポイントに設けられた公園です。

ひるがの高原ドライブ「分水嶺公園」で真紅の紅葉観賞

写真:土庄 雄平

地図を見る

公園一帯を覆う、もみじが本当に鮮烈で、一度足を踏み入れれば、きっと心を奪われてしまうことでしょう。しかし、紅葉観賞の際には、ぜひ足元を眺めてみてください!

なんとそこには、分水嶺から流れ出す水へ、とろけるような赤色が映り込み、まさに絵画のような光景が!絶景紅葉名所でありながら、人も少ないため、しみじみと秋の趣を味わうことが可能です。

<ひるがの分水嶺公園の基本情報>
住所:岐阜県郡上市高鷲町ひるがの4701
アクセス:美濃白鳥から車で約30分

大スケールかつ圧巻の色彩コントラスト!「御母衣ダム」

大スケールかつ圧巻の色彩コントラスト!「御母衣ダム」

写真:土庄 雄平

地図を見る

そして国道156号線のもう一つの見所は、白川郷へ差し掛かる前に現れる「御母衣ダム(みぼろだむ)」。日本初のロックフィルダム(石や土砂、粘土を積み上げて、できているダム)として知られ、このタイプのダムとしては徳山ダムに次いで日本第二位の貯水量を有しています。

そんなこのダム湖は、飛騨の穴場紅葉スポット!11月上旬になると、湖岸を囲っている山々が鮮やかに色づきます。

大スケールかつ圧巻の色彩コントラスト!「御母衣ダム」

写真:土庄 雄平

地図を見る

湖面や青空との色彩のコントラストが美しく、これまで紹介した紅葉名所と比べてスケール感のある風景が特徴的!湖岸は基本的に開けているので、ドライブを楽しみながら、心洗われる紅葉観賞が可能です。

白川郷合掌造りへ向かうアクセスルートでもあるので、ドライブ旅はもちろんの事、観光途中に立ち寄ってみても良いかもしれませんね。

<御母衣ダムの基本情報>
住所:岐阜県大野郡白川村大字尾神 国道156号
アクセス:ひるがの高原から車で20分〜30分

岐阜の紅葉はロングドライブで満喫しよう!

大部分を山間部が占めている岐阜県。しかし、だからこそ秋になると、道から美しい紅葉を眺めることができ、気持ちのよいドライブを満喫できます。中でも今回取り上げた「せせらぎ街道」と「ひるがの高原」は、そんな岐阜の秋を特徴づける絶景ロード!気の向くままのドライブ旅スタイルで、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

2020年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/11/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -