究極の田舎体験!和歌山県那智勝浦町色川エリアの生きる力

| 和歌山県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

究極の田舎体験!和歌山県那智勝浦町色川エリアの生きる力

究極の田舎体験!和歌山県那智勝浦町色川エリアの生きる力

更新日:2014/10/31 12:41

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町色川地区では、自然の力と向き合った田舎体験を楽しむことができます。テレビで紹介されるスローライフを体験するのではありません。生きる力と知恵を凝縮させた生活を体験しませんか?「便利」に囲まれた私達の生活とはまったく違う、非日常な世界が色川にはあります。

紀伊勝浦駅から車で一時間。便利からかけ離れた生活があった

紀伊勝浦駅から車で一時間。便利からかけ離れた生活があった

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町はリアス式海岸の海に囲まれた温暖なエリアです。漁港が多く観光地としても賑わいをみせています。

しかし今回紹介するのは「紀伊勝浦駅」から県道43号線を1時間ほど走った「色川エリア」です。狭い山道はガードレールがなく、軽自動車でもすれ違うことが困難です。進めば進むほど携帯の電波は届かず不安は大きくなります。

この感覚こそが田舎旅の魅力です。便利な日常生活が遠のき、進めば進むほど大自然の力に圧倒されます。

鹿、猪が食卓に並び、蛇口をひねれば川の水

鹿、猪が食卓に並び、蛇口をひねれば川の水

木に囲まれたスリル満点の細い道を山奥に進んでいきます。山道に入ってから40分ほどで「籠ふるさと塾」に到着します。この籠ふるさと塾では色川に定住を希望する人や、田舎体験をしたい人のための宿泊施設です。

廃校になった小学校を利用した宿泊施設で、一泊1500円で宿泊することができます。
MEMO欄にある「ふるさと色川」のホームページから予約、問い合わせが可能です。

予約時にぜひ「色川住民のお宅へ訪問」を希望してみてください。5軒ほど色川地区のお宅を訪問させてもらえるのですが、びっくりするような体験談を楽しく聞かせてくれます。

鹿や猪を食卓で日常的に食べている話や、住民同士の信頼関係の話などなど。自然と向き合って生活している人達の話は刺激的です。川と蛇口が直接繋がっているなんて想像もできませんよね。大雨がふれば水はにごり、ホースが破裂すれば自ら山へ登り修繕作業をする。そんな体験談は普通の観光地では聞けません。

季節の様々な田舎暮らし体験

季節の様々な田舎暮らし体験

色川では季節に合った体験コースを予約することもできます。棚田での田植え、茶摘、ブルーベリー摘み、里芋堀体験、梅採りなどなど様々な季節の体験メニューが揃っています。

都会でも少し足を伸ばせば「イチゴ狩り」や「ぶどう狩り」などを体験することはできますが、色川での体験は少し違います。地元の人と一緒に参加するスタイルで楽しく会話しながら体験することができます。

グループで田舎体験をするなら、円満地公園のオートキャンプ場を利用するのがおすすめです。ペット入室も可能なコテージ・ログハウスは嬉しいですよね。川遊びやバーベキューをグループで楽しむにはもってこいの施設です。

色川エリア田舎体験のまとめ

色川での田舎体験はいい意味で価値観を崩してくれます。いかに私達が便利な環境に囲まれているかを感じることができるでしょう。非日常の世界を見ることは視野を広げてくれます。これも旅の醍醐味ですよね。

人との繋がりと、自然を大切にして生きていく。都会のめまぐるしい生活に疲れ気味の人にこそ田舎体験の旅はおすすめです。

有名な観光スポットへの旅も刺激的ですが、あえてこういった不便を体験する旅に出てみるのもたまにはいいものです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/06/07−2014/06/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ