最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

エメラルド色の渓流に癒される!岐阜の秘境「付知峡」ハイキング

エメラルド色の渓流に癒される!岐阜の秘境「付知峡」ハイキング

更新日:2020/10/15 13:16

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 山岳自転車旅ライター・フォトグラファー
中津川の市街地から近いにもかかわらず、隔絶した自然を楽しめるとして人気の「付知峡(つけちきょう)」。水の透明度が非常に高く、名瀑が織りなす景観は、岐阜県有数の景勝地で、毎年多くの観光客が訪れます。特に、その中心にある「観音滝」は、エメラルド色の渓流に注ぐ美しい滝。マイナスイオン漂い、心洗われる空間が広がります。アップダウンも少なく、とても歩きやすいので、ハイキングに慣れていない人にもオススメです。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

手軽に行ける東濃「付知峡」辿り着く前から秘境の景色を楽しもう!

手軽に行ける東濃「付知峡」辿り着く前から秘境の景色を楽しもう!

写真:土庄 雄平

地図を見る

一般的に秘境渓谷といえば、手軽に行けるイメージではありませんが、今回紹介する「付知峡」は、岐阜県中津川の市街地から車で1時間程と、比較的アクセスしやすい場所に位置しています。

実は、この中津川から下呂温泉に至るまでのこの東濃一帯は、阿寺山地の裾野にあたり、山麓には美しい渓谷や滝が発達しています。都市部と山が近接しているのがポイントです。

手軽に行ける東濃「付知峡」辿り着く前から秘境の景色を楽しもう!

写真:土庄 雄平

中津川市街からアクセスする際、国道256号線を走っていると、それがよく分かります。市街地から30分も進めば、青く澄みきった清流と道が並走し、その先には色鮮やかな山並みが広がります。辿り着く前から、期待値が高まる風景です。

手軽に行ける東濃「付知峡」辿り着く前から秘境の景色を楽しもう!

写真:土庄 雄平

地図を見る

そして上付知から県道486号線へと移ると、そこには緑溢れる渓谷と付知川が織りなすパノラマが!まさに山の懐へ潜り込んでいくような道を進んで行きます。さぁいよいよ、付知峡の核心部に到着です。

緑とマイナスイオン溢れる!神秘の滝「観音滝」を目指そう

緑とマイナスイオン溢れる!神秘の滝「観音滝」を目指そう

写真:土庄 雄平

地図を見る

県道486号線を進んで約10分、「不動滝ひろつぎ」と呼ばれるレストハウスが付知峡ハイキングコースの入り口となっています。周囲は、不動滝公園として整備されており、広々とした駐車場も設けられています。

ここから付知峡の一周ハイキングは、約40分〜50分程。誰でも手軽に、美しい渓谷美を満喫できるのが魅力です。

緑とマイナスイオン溢れる!神秘の滝「観音滝」を目指そう

写真:土庄 雄平

地図を見る

まず目指すのは、付知峡の中心となっている「観音滝」。ハイキングコースを入り口から階段を10分程ほど降りると到着できます。

途中、滝を落ちる水流の音が辺りに響き、緑たぎる森林の中を歩く時間は、この上ない癒しのひととき。所々小さなせせらぎが見られるのも、密かなポイントです。

緑とマイナスイオン溢れる!神秘の滝「観音滝」を目指そう

写真:土庄 雄平

地図を見る

そしてハイキングコースを下りきれば、そこには見事な滝が展開しています。絹のように岩肌を落ちる水流が渓谷へと零れ落ち、エメラルドブルーの滝壺を作り上げる姿は、思わず見入ってしまう神秘的な美しさ。

また周囲が森林によって、その涼感がパックされているため、心地よく充満するマイナスイオンに、きっと深く深呼吸をしてしまうでしょう!まさに付知峡のハイライトと言える絶景です。

緩やかに渓谷を巡る!吊橋の風景もフォトジェニック

緩やかに渓谷を巡る!吊橋の風景もフォトジェニック

写真:土庄 雄平

地図を見る

それでは付知峡ハイキングの後半へ!「観音滝」からコースに沿って上流へと向かいます。途中、吊り橋が二つほど登場するのが面白いところ。全く危なくはないのですが、橋全体が揺れるため、少しスリリングがあります。また橋の上を歩きながら見られる、手付かずの渓流も癒しの風景です。

緩やかに渓谷を巡る!吊橋の風景もフォトジェニック

写真:土庄 雄平

地図を見る

そのまま上流のポイントまで歩くと、仙樽の滝の上流へ。実は仙樽の滝へのハイキングコースは現在禁止となっており、滝そのものは眺めることができません。

しかしながら、その上流から滝の轟音を聞きながら、勢いよく流れる清流を望むことが可能。ハイキングコース後半の丁度良い休憩ポイントになっています。

緩やかに渓谷を巡る!吊橋の風景もフォトジェニック

写真:土庄 雄平

地図を見る

そして1時間弱でハイキングが終わり!そのあとには、ぜひ入り口に置いてある冷やし野菜を購入してみて下さい。付知川の澄んだ湧水で冷やされたトマトやキュウリは、クールダウンにぴったり!心も身体もパワーチャージ完了です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

付知峡の隠れ家「森の巣びと」への立ち寄りがオススメ!

付知峡の隠れ家「森の巣びと」への立ち寄りがオススメ!

写真:土庄 雄平

地図を見る

最後に、付知峡周辺の隠れ名所である「森の巣びと」をご紹介!美しい自然に囲まれたこの地を気に入って移住したという、オーナー夫婦が最近始めたカフェで、少しずつ有名になってきています。

オススメのメニューは、近くの農園で採れた名産品・ブルーベリーを使ったジェラート!優しいミルクの味わいに、濃厚かつフレッシュな酸味がアクセントになる絶品です。

付知峡の隠れ家「森の巣びと」への立ち寄りがオススメ!

写真:土庄 雄平

地図を見る

またカフェの一角には、オーナー夫妻手作りのツリーハウスも!この地の自然景観をより楽しむため、そして訪れるお客さんに喜んでもらうために、趣向が凝らされています。ぜひハイキングのゆったりとしたひとときを、「森の巣びと」で過ごしてみて下さいね。

<森の巣びとの基本情報>
住所:岐阜県中津川市付知町31-378
営業時間:10時〜16時
定休日:火曜日〜木曜日
アクセス:付知峡から車で約5分

心洗われる時間を過ごしに、東濃の「付知峡」へ

心洗われる時間を過ごしに、東濃の「付知峡」へ

写真:土庄 雄平

地図を見る

秘境と言えば、簡単にはいけないイメージがありますが、今回紹介した「付知峡」は中津川市街から約1時間。名古屋市街や岐阜市街からでも2時間弱という好アクセスを誇っています。そして訪れれば、都会の日常とは一線を画す、豊かな森と、ひたすらに美しい滝と清流。溢れる色彩とマイナスイオンに囲まれた、癒しの時間を過ごすことが可能です。ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

付知峡の基本情報

住所:岐阜県中津川市付知町6-39
電話番号:0573-82-4737
アクセス:中津川市街から車で約1時間、名古屋市街・岐阜市街から車で2時間弱

2020年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/08/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -