知って行ったらもっと楽しい!日光東照宮のスポット別の見どころ

知って行ったらもっと楽しい!日光東照宮のスポット別の見どころ

更新日:2020/11/03 16:05

makana airiのプロフィール写真 makana airi 週末トラベラー
栃木日光の観光で絶対に外せないのが世界遺産の「日光東照宮」。二荒山神社や日光山輪王寺を含む日光の社寺は定番の観光コースと言えます。日光東照宮は美しい建築や彫刻で溢れているため、駆け足で巡るのはもったいない!ということで、今回は知ってから行くともっと楽しめる日光東照宮の見どころをご紹介致します。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

鳥居をくぐったらすぐに現れる「五重塔」

鳥居をくぐったらすぐに現れる「五重塔」

写真:makana airi

地図を見る

表参道を歩き、鳥居をくぐったすぐ左手に現れるのが五重塔です。1650年、小浜藩主の酒井忠勝が寄進しました(のちに焼失して再建されたものが現在の姿)。高さ36mにもなり、1番下の初層から4層までは和様の並行垂木で造られているのに対し、1番上の5層部分のみが唐様の扇垂木で造られている珍しい塔です。

内部には、地震が来ても倒れないように黄金の心柱がぶらさがっており、300円で見学することができます。

想像の象とも呼ばれる「上神庫」

想像の象とも呼ばれる「上神庫」

写真:makana airi

地図を見る

これは1600年代に建てられた上神庫。御宝蔵とも呼ばれ、現在も倉庫として神様へお供えするための宝物や重要なものを収蔵するために使われています。他にも下神庫と中神庫があり、3つ合わせて三神庫と呼びますが、最も注目されているのがこの上神庫に施されている彫刻です。

中央の妻の部分には象の彫刻が施されているのですが、どこかがおかしい!?象なのにしっぽが3本に分かれていたり、形の耳がいびつで不思議な形をしていたり・・・理由は、本物の象を見たことがない狩野氏が彫った「想像の象」だからです。とても個性的で面白いので、ぜひ近くでじっくり見てみてください。

実は人生のストーリーを表す「三猿」

実は人生のストーリーを表す「三猿」

写真:makana airi

地図を見る

三猿といえばあの有名な「見ざる・言わざる・聞かざる」ですよね。この建物は神厩舎といわれ、日光東照宮に仕える神馬の馬屋です。境内で唯一、漆が塗られていない建物なんです。その彫刻は三猿のみに注目されがちですが、実は人間の人生を表す8段階のストーリーになっています。

左から順に「母と子」「幼少時代」「少年時代」「青年時代」「挫折」「恋」「結婚」「妊娠」と並んでおり、それぞれのシーンから人生の教訓を学ぶことができます。

実は人生のストーリーを表す「三猿」

写真:makana airi

地図を見る

左から2つ目の「幼少時代」が有名な三猿ですが、この三猿の意味をご存知ですか?まだ幼く、物事が理解できない幼少時代は悪いことは「見ざる・言わざる・聞かざる」という意味が込められています。

わざと逆さまに!?「陽明門」の魔除の柱

わざと逆さまに!?「陽明門」の魔除の柱

写真:makana airi

地図を見る

東照宮の見どころの1つである陽明門。境内の中央に位置し、随一のパワースポットとしても人気です。2017年に平成の大修理によって蘇った陽明門には508体もの彫刻が施されており、一日中見ていても飽きないことから別名「日暮の門」とも呼ばれています。

わざと逆さまに!?「陽明門」の魔除の柱

写真:makana airi

地図を見る

注目すべきは魔除の柱。12本ある白い柱のうち、門をくぐってすぐ左の1本のみ、わざと逆さまに立てられています。よく見るとうずまき模様が1本のみ逆さまなので、すぐに見つけることができるでしょう。

「建物は完成と同時に崩壊が始まる」と言われることから、わざと1本のみ逆さまにして未完成のままにしているというユニークな理由なんです。

捉え方はあなた次第!「眠り猫」の秘密とは

捉え方はあなた次第!「眠り猫」の秘密とは

写真:makana airi

地図を見る

眠り猫は、家康公の墓所へと続く東回廊の出入り口部分の蟇股(かえるまた)に彫られた彫刻です。日光東照宮内の建物には至るところに動物の彫刻が見られますが、唯一の猫の彫刻がこの眠り猫です。門番の役割としてここにいるのですが、真下から見ると眠っているように見え、斜め左下から見ると腰を上げて威嚇しているようにも見えます。

見る角度によって表情が変わる猫の彫刻は小さくて見逃してしまいそうですが、どのように見えるかはあなた次第!チェックしてみてくださいね。

捉え方はあなた次第!「眠り猫」の秘密とは

写真:makana airi

地図を見る

眠り猫の門をくぐったら、忘れずに振り返って裏側も見てみてください。猫のちょうど裏側には2羽のスズメが!猫が眠っていると、スズメも安心して遊ぶことができるという意味から、平和な時代を願って作られました。

日光東照宮のたくさんの彫刻や装飾は、美しいだけではなくそれぞれに意味が込められています。それを知った上で見学すると更に楽しめること間違いなし!改めて細かい部分まで注目してみてくださいね。

日光東照宮の基本情報

住所:栃木県日光市山内2301
電話番号:0288-54-0560
営業時間:9:00〜17:00(11月〜3月は9:00〜16:00)
拝観料:1,300円
アクセス:バス停表参道駅から徒歩5分

2020年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/09/19−2020/09/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -