ピエール・エルメとコラボ!「虎屋 赤坂ギャラリー」日仏の甘い展示会

ピエール・エルメとコラボ!「虎屋 赤坂ギャラリー」日仏の甘い展示会

更新日:2020/10/31 17:12

Yorimichi Kumiのプロフィール写真 Yorimichi Kumi カフェ好きトラベルライター
定期的に和菓子や「とらや」にちなんだ展示を開催している「虎屋 赤坂ギャラリー」。2020年9月26日からは「とらや」のパリ出店40周年を記念して「ようこそ!お菓子の国へ ―日本とフランス 甘い物語―」というタイトルのもと、フランスを代表するパティスリーである「ピエール・エルメ・パリ」とコラボレーションした企画展を開催しています。
スイーツ好きにはたまらない、充実の内容となっていますよ!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

温もりと風格のある とらや 赤坂店

温もりと風格のある とらや 赤坂店

写真:Yorimichi Kumi

地図を見る

赤坂と言えば由緒ある神社や有名ホテルで歴史を感じたり、話題のテレビ局や複合施設でイベントに参加したりと様々な楽しみ方ができるエリア。
とらや 赤坂店は、そんな今も昔も話題が絶えない街に明治時代から店舗を構えています。

2018年にリニューアルしてからは吉野の檜をふんだんに使用した建物に様変わりし、訪れる人々がさらに心地良い時間を過ごせる場所となりました。ガラス張りのモダンで風格のある佇まいも人々の目を引きますね。

温もりと風格のある とらや 赤坂店

写真:Yorimichi Kumi

地図を見る

店内は菓寮の順番待ちの発券ができるエントランスフロアー、2階の売り場フロアー、3階の虎屋菓寮、そして地階のギャラリーで構成されていて、どのフロアーも木の温もりを感じることができます。
ちなみにギャラリーは檜の無垢材2万ピースを組み上げた格子状の壁で覆われているという珍しい造り。

日本とフランスのお菓子くらべ

日本とフランスのお菓子くらべ

写真:Yorimichi Kumi

地図を見る

さて、そのギャラリーで2021年4月11日まで開催されているのが 企画展「ようこそ!お菓子の国へ ―日本とフランス 甘い物語―」です。
1980年10月にフランス・パリに出店した「とらや パリ店」の40周年を記念した展示会ということでテーマは「日・仏のお菓子くらべ」。

「とらや」と親交のある「ピエール・エルメ・パリ」と共に日・仏それぞれの菓子文化・歴史・職人などを紹介しており、お菓子を通して両国の違いや共通点を見出すことができる興味深い内容となっています。

日本とフランスのお菓子くらべ

写真:Yorimichi Kumi

地図を見る

まず初めに足を止めてほしいのが「お菓子ヒストリー」のエリア。日本とフランスそれぞれの菓子の誕生から現在に至るまでが分かりやすく年表でまとめられています。とはいっても年表が始まるのは紀元前から! 歴史の長さに圧巻されそうですが、イラストと共に普段食べているお菓子の成り立ちを学べるのはお菓子好きにはたまらないはず。

いつの時代に何の影響を受けて、どんな菓子ができたのか。その成り立ちや背景を知ってから食べる菓子は、より一層美味しさを感じることでしょう。

お菓子を学び、味わう

お菓子を学び、味わう

写真:Yorimichi Kumi

地図を見る

「くらしとお菓子」エリアでは年中行事や風習などから人々の生活に根付いた季節ごとの菓子が紹介されています。なぜ日本では6月に水無月を食べるのか、フランスでのバレンタインにはどういった意味があるのか、ご存じですか? 可愛らしいキューブの数々には毎年季節ごとに目にする菓子に込められた願いや意味が丁寧に説明されています。きっと新たな発見がありますよ!

お菓子を学び、味わう

写真:Yorimichi Kumi

地図を見る

ちょっと面白いのは「お菓子を味わう」のコーナー。「とらや」と「ピエール・エルメ・パリ」それぞれの菓子へのこだわりを五感で解説してるところがなんとも興味深い。
厳選された菓子の材料や、この40周年を記念して両社がコラボレーションしたお菓子の数々も見どころです。

職人さんたちの熱い思いを感じる

職人さんたちの熱い思いを感じる

写真:Yorimichi Kumi

そして今回の展示ならではなのが、海を越えて自国の菓子と文化を伝えている職人さんやスタッフの思いが綴られているエリア。フランスでの和菓子に対するイメージの変化や今人気の和菓子など、現地の和菓子事情を垣間見ることができますし、逆に日本でフランス菓子を作る難しさなどを知ることもできます。

職人さんたちの熱い思いを感じる

写真:Yorimichi Kumi

地図を見る

最後は普段なかなか見られない製菓道具、そして両社の職人さんたちの貴重なインタビュー映像で締めくくられます。この映像は20分ほどありますが是非見ていただきたい! 職人さんたちの菓子に対する熱い思い、食材へのこだわりなどが詰まったムービーです。

とらや の味を楽しむ

とらや の味を楽しむ

写真:Yorimichi Kumi

地図を見る

さて、ギャラリーでお菓子という世界の奥深さを感じたら実際に食べてみたくなりますよね! 開放感たっぷりの3階、虎屋菓寮では赤坂店限定の菓子や「あんみつ」などの甘味、季節ごとにメニューが変わるお食事メニューも用意されています。
「御用場」が併設されており、製造工程をガラス越しに見学することもできますよ。

とらや の味を楽しむ

提供元:株式会社 虎屋 マーケティング部 広報

地図を見る

そして とらやの味をご家庭でも楽しみたい方は2階の売り場でお土産に選んでみましょう。定番の羊羹や赤坂店限定商品など多数揃えられています。
菓寮はとても人気ですので、立ち寄りたい方は赤坂店へ来たらまずは一階の発券機で菓寮の順番を取り、待ち時間にギャラリー見学やお買い物を楽しむというのがスムーズでしょう。

今しかない!日・仏の甘い物語を楽しもう!

菓子を通して日本とフランスの甘い物語を楽しめるのは「とらや パリ店」40周年を記念した今だからこそ! 是非この機会に「虎屋 赤坂ギャラリー」へ足を運んでみて下さい。

2020年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/09/27−2020/10/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -