りんご生産量日本一の青森県で収穫体験できる「弘前りんご公園」

りんご生産量日本一の青森県で収穫体験できる「弘前りんご公園」

更新日:2020/10/27 13:14

青森県のりんごは全国的に有名ですが、実は弘前市の生産量が日本一ということはあまり知られていません。その弘前でりんごを丸ごと楽しめる場所が「弘前りんご公園」です。海外からここを目指し旅行する外国人も多く知名度は世界レベル。

広い敷地内で「りんごもぎ取り収穫体験」はもちろんのこと、散策路を歩いていろいろな品種を眺めることも楽しい時間。江戸時代に作られた「すり鉢山」からの岩木山の眺めも外せません!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

弘前りんご公園(Hirosaki Apple Park)とは

弘前りんご公園(Hirosaki Apple Park)とは
地図を見る

弘前市で有名なりんごの観光地といえば「弘前りんご公園」です。海外から、特に台湾人からの人気が高く、青森空港に飛行機で到着したらレンタカーを使い、真っ先にこの場所にくる人も多いのです。

弘前りんご公園の敷地に入り、最初に目につくのはりんごのポスト。ポストの上にりんごが乗っていますが、とても大きいのにかわいらしく感じるのでは。

弘前りんご公園(Hirosaki Apple Park)とは
地図を見る

りんごのポストを左手に見ながら奥に進むと、りんごの家と呼ばれる総合施設があります。

ところで青森県弘前市のりんご生産量は日本一です。平成30年度のデータでは2位が長野県の142,200t、1位が青森県で445,500tとなりますが、そのうち弘前市だけで186,500tを生産しており、市だけで2位の長野県を上回っているのです。

弘前りんご公園(Hirosaki Apple Park)とは
地図を見る

りんごの家の手前にあるのがりんごが重いという表情の女の子の像。ここは記念撮影スポットですので、楽しい撮影をしてみてはいかがでしょうか。

りんごの家でお土産購入や収穫体験の申し込み

りんごの家でお土産購入や収穫体験の申し込み
地図を見る

まずは弘前りんご公園の全体を把握するために「りんごの家」に入り、情報収集しておきましょう。中には飲食店もありますので、食事の時間も含めゆっくり過ごすことをお勧めします。

りんごの家でお土産購入や収穫体験の申し込み
地図を見る

お土産類はかなり豊富です。観光から戻る前には色々と買いそろえたいもの。スイーツはもちろん人気がありますが、弘前ではシードルも大人気。試してみてはいかがでしょうか。

りんごの家でお土産購入や収穫体験の申し込み
地図を見る

青森県の津軽地方では「津軽こきん刺し」と呼ばれる刺し子の伝統工芸があります。様々な幾何学模様でデザインされており、温もりが感じられる一品。ゆっくりとご覧の上、お気に入りの一品をどうぞ。

そして、りんごのもぎ取り収穫体験の申し込みもこちらのりんごの家となります。

やってみるべし!りんごもぎ取り収穫体験

やってみるべし!りんごもぎ取り収穫体験
地図を見る

りんごの魅力は食べるだけではありません。せっかくの弘前観光ですから、ここはぜひともりんごもぎ取り収穫体験をしてみたいもの。受付を済ませると係員が同行し、ちょうどよいりんごの木を選定してくれます。そしてもぎ取り方法を丁寧に教えてくれるのです。

やってみるべし!りんごもぎ取り収穫体験
地図を見る

後は思い思いに収穫体験するだけ!

やってみるべし!りんごもぎ取り収穫体験
地図を見る

最初はもぎ取り方に戸惑うこともありますが、すぐに要領を得ることができます。色づいたりんごをもぎ取り、ほのぼのとした体験をしてみましょう。

りんご公園内散策

りんご公園内散策
地図を見る

弘前りんご公園は約9.7haと広大な敷地の中に、80種、約2,300本のりんごが植えられています。舗装された散策路がありますので、自由に歩いてみてはいかがでしょうか。

りんご公園内散策
地図を見る

収穫の時期は早いもので7月下旬からとなります。そして紅葉シーズンとなる11月上旬まで続きますので、様々な季節で収穫体験、散策を楽しむことができます。

りんご公園内散策
地図を見る

眺めているだけでも見事なりんご。色々な品種の違いを調べてみるのも思い出深い時間となるのでは。

岩木山の絶景を楽しむすり鉢山の歴史と旧小山内家住宅

岩木山の絶景を楽しむすり鉢山の歴史と旧小山内家住宅
地図を見る

園内にある階段上の展望所、それが「すり鉢山」です。ここから眺める岩木山は絶景ですので、ぜひ上まで上がってみてください。もちろん弘前りんご公園の全景を見ることもできます。

すり鉢山は人工的に作られたものです。その歴史は古く江戸時代にまで遡り、作られた理由は鉄砲や大砲の練習の的としてなのです。もしかすれば、江戸時代の人々も高い場所から岩木山を眺めたのかも知れません。

岩木山の絶景を楽しむすり鉢山の歴史と旧小山内家住宅
地図を見る

また、敷地内には旧小山内家住宅が保存されています。小山内家の初代権兵衛は寛永9年(1632)に西津軽郡に知行地を得ており古い歴史があります。この建物は文久3年(1863)に建築されたもので、今から約160年も前のもの。各場所に細かな説明がありますので、ゆっくりとご覧ください。

岩木山の絶景を楽しむすり鉢山の歴史と旧小山内家住宅
地図を見る

他には敷地内の二か所に、子供たちが遊べる遊具が設置してあります。子供連れでも楽しい弘前りんご公園で、素敵な一日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

最後にその他の観光地のご紹介です。近隣には世界遺産「白神山地」があり、また千本鳥居が有名な「高山稲荷神社」も見逃せません。十和田湖まで足を延ばせば歴史ある「十和田神社」と観光では外せない休屋の「乙女の像」。八甲田山系の魅力も見ておきたいので「蔦沼散策」はいかがでしょうか。詳細は下記の関連MEMOのリンクからどうぞ!

弘前りんご公園(Hirosaki Apple Park)の基本情報

住所:青森県弘前市清水富田寺沢125
電話番号:0172-36-7439
アクセス:弘前バスターミナル7番乗り場(JR弘前駅中央口6番乗り場経由)→常盤坂入口下車→徒歩(7分)→りんご公園

2020年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/10/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -