ウサギ観音で霊験あらたか?佐渡の長谷寺はキュートなウサギ寺

ウサギ観音で霊験あらたか?佐渡の長谷寺はキュートなウサギ寺

更新日:2020/11/04 13:23

Mayumi Kawaiのプロフィール写真 Mayumi Kawai 絶景ハンター、トラベルライター、自称ミステリーハンター
「佐渡といえば◯◯」が、今後は「ウサギ」になるかもしれない。

そんな予感をさせる新潟県佐渡の長谷寺は、1200年以上続く古刹ながら、今や境内にウサギが飛び跳ね、高さ6mものウサギ観音と子ウサギ観音が見守るウサギ寺に変貌を遂げています。

ウサギは可愛いだけじゃない!除草もしてくれるし、霊験あらたかで縁起の良い生き物なんです。今回は今話題の佐渡のウサギ寺についてご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

1200年以上続く佐渡の古刹「長谷寺」とは

1200年以上続く佐渡の古刹「長谷寺」とは

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

807年、弘法大師(空海)の開基より1200年以上続く佐渡の古刹・長谷寺(ちょうこくじ)。奈良大和路の古刹・長谷寺(はせでら)に地形が似ていることから寺号を長谷寺と命名し、真言宗豊山派の流れをくむ由緒正しきお寺です。

弘法大師作と伝えられるご本尊の十一面観音像三体は国の重要文化財に指定されているほか、県指定文化財の十一面観音像、不動明王像、五智堂など数々の貴重な宝物を有しています。

1200年以上続く佐渡の古刹「長谷寺」とは

提供元:佐渡観光PHOTO

http://photo.visitsado.com/photo/1239/地図を見る

春には桜や水芭蕉、レンギョウにつつじ、初夏にはあじさいやサツキ、夏にはむくげや百日紅(さるすべり)、秋にはコスモスに紅葉と、境内は四季折々の花に彩られ、長谷寺は別名「花の寺」とも呼ばれています。

特に1200年前、弘法大師が漢方薬として持ち帰ったと伝えられる5月の花・牡丹は、現在約30種類1000株が栽培され観賞用となるほか、地元酒造メーカー「北雪酒造」の協力により、花弁を使用したお酒のリキュールが製造販売されています。

1200年以上続く佐渡の古刹「長谷寺」とは

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

そんな弘法大師ゆかりの古刹かつ花咲ける長谷寺で今もっともホットな話題は「親子ウサギ観音」!佐渡観光の新たな目玉として、また佐渡のニューシンボルとしてじわじわと人気を集めています。

草取りウサギと親子ウサギ観音!長谷寺はキュートなウサギ寺

草取りウサギと親子ウサギ観音!長谷寺はキュートなウサギ寺

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

本堂お隣の庫裏(くり、寺務所兼住職の住居)前の広場に鎮座するのは、高さ6mもの巨大ウサギ観音像と子ウサギ観音像。

マーライオンがシンガポールを象徴するように、このウサギ観音で低迷する佐渡観光を盛り上げたい、その一方で、老朽化する当寺の各種文化財等への修理保全費用も捻出したい、これらの切実な願いと目的によってウサギ観音建立計画が始動します。そして、まずは2018年11月に親ウサギ観音像が、続いて2020年3月に子ウサギ観音像が完成しました。

草取りウサギと親子ウサギ観音!長谷寺はキュートなウサギ寺

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

境内の至るところに身を潜め、ぴょんぴょん飛び跳ねてまわる自由なウサギたち。なぜ、これだけ長谷寺にウサギが多いのかというと、実は境内には牡丹をはじめ、薬膳料理に使用するたんぽぽやシソ、ヨモギ、どくだみ、シソセンジなどが自生しており、また参拝者の健康にも配慮して、雑草取りに除草剤を使えないといった悩ましい事情がありました。

そこで、薬剤を使わず人手不足も解消できる一挙両得な除草手段として思いついたのがウサギを使うといった名案。境内から逃げ出さずに雑草を食べてくれるよう、ちびウサギの頃から修行(訓練)を行い、今では「草取りウサギ」として立派にお務めを果たすとともに当寺の愛すべきマスコットキャラとなっています。

草取りウサギと親子ウサギ観音!長谷寺はキュートなウサギ寺

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

「境内の雑草を食べてくれている草取りウサギさんを守って欲しい」、そんな願いを込めて、ウサギ観音の胴体には当山の十一面観音様のご尊顔が彫られています。また夜にはLEDで目が赤く光るシュールで遊び心ある仕掛けも取り入れています。

何より、ウサギはその愛らしい姿はもとより、ぴょんぴょん前へ飛び跳ねる姿から「飛躍」や「前進」を、大きな耳は良質な情報(福)をキャッチし、多産は子孫繁栄を象徴しています。さらに、「月の使い」と考えられたウサギは「月=ツキ=運」をもたらし、かつ古事記に登場する「因幡の白うさぎ」のように男女の良縁をとりもつ生き物として、実に縁起の良い動物なんです。これらのご利益にあやかりたい方は、ぜひ親子ウサギ観音を参拝してみてくださいね。

草取りウサギさんと副住職見習いさん

草取りウサギさんと副住職見習いさん

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

ウサギ観音像の向かいには、草取りウサギたちの小屋と修行中のウサギのケージが設置されています。修行中のウサギたちはケージの中で3〜6ヶ月間訓練されたのち、境内に放たれます。

草取りウサギさんと副住職見習いさん

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

運が良ければ、生まれたてほやほやのこんな愛らしい赤ちゃんウサギに出会えるかも!通常、小さいうちは餌代がかかるため、里親にある程度まで保育してもらいます。

草取りウサギさんと副住職見習いさん

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

こちらは2020年8月にやってきた副住職見習いのちびコロくん。キュートな眼差しで参拝者にご挨拶してくれます。先輩犬の副住職コロじいは境内を巡回中。キュートなわんこにもふもふウサギ、動物好きなら絶対外せないスポットですね。

長谷寺の見どころ紹介

長谷寺の見どころ紹介

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

境内の庭園では季節に応じた花々が楽しめるほか、本堂や第1〜第6まである寺宝展示室にて県指定文化財の十一面観音像や不動明王像、伝弘法大師御筆による絵図や軸物など寺の宝物を見学することができます。これらは住職自らによる案内のもと、拝観者の時間的余裕に応じて観光コースが設定されています。

また、写経や座禅、仏教法話のほか、お棺に入って死と向き合うなどユニークな暗闇体験や、切り絵、手作りローソク、万華鏡作りなどお子様でも楽しめる工作コースも用意されています。いずれも予約制のため、詳しい内容は本ページ末尾の「関連MEMO」にある公式サイトをチェックしてみてください。

長谷寺の見どころ紹介

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

こちらは本堂前庭の築山にそびえ立つ、幹周り約4.6m、樹高40m以上、推定樹齢500年以上の高野槇(こうやまき)。和歌山県高野山に多く自生する種類であることからこの名が付けられ、県の天然記念物にも指定されています。

高野槇の御神木の根元には300年前から地蔵尊が鎮座しており、この幹に触れることで二重のご利益を授かれる「ダブルパワースポット」として人気スポットとなっています。

長谷寺の見どころ紹介

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

石段の最上段にある観音堂。その横には幹周り6.4m以上、樹高約50m、推定樹齢1000年を超える巨大な「長谷の三本杉」がそびえ立っています。こちらも県指定天然記念物で、高野槇に匹敵する風格とただならぬパワーを感じさせます。

観音堂奥には地蔵院や仏教の経典を収める経蔵倉、県指定文化財の五智堂がひっそりたたずみ、鬱蒼とした森と静寂に包まれ、実に神秘的な空間です。

動物好きなら必見!ぜひ佐渡の新たなシンボル・ウサギ寺へ

動物好きなら必見!ぜひ佐渡の新たなシンボル・ウサギ寺へ

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

ウサギの島といえば瀬戸内海に浮かぶ大久野島が有名ですが、佐渡のウサギ寺はもふもふウサギとふれあえるほか、ご利益まであやかれる一挙両得なありがたいスポットです。ぜひ今度、佐渡を訪れた際には、佐渡期待のニューシンボル・ウサギ観音と草取りウサギに会いに長谷寺を訪れてみませんか?

佐渡 北豊山 長谷寺の基本情報

住所:新潟県佐渡市長谷13
電話番号:0259-66-2052
アクセス:両津港から車・タクシーで約30分。公共交通機関はありません。
拝観料:無料(体験コースのみ一部有料)

2020年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/09/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -