日本一の清流で夏休みを遊ぶ!徳島県美馬市を流れる穴吹川

| 徳島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本一の清流で夏休みを遊ぶ!徳島県美馬市を流れる穴吹川

日本一の清流で夏休みを遊ぶ!徳島県美馬市を流れる穴吹川

更新日:2014/06/23 17:25

白うさぎのプロフィール写真 白うさぎ にし阿波ブロガー

暑い夏に、とびっきりの清流で水遊びを楽しめる場所を紹介します。徳島県の最高峰「剣山」を源流に、山間を縫うように流れ、吉野川に合流する穴吹川は、日本一の水質を誇り、夏には大勢の水遊びの人で賑わう、夏のお勧めスポットです。清流にちょっと足を浸けてみるだけでも、きっと夏のいい旅の思い出になると思います。

8月最初の日曜日は、穴吹川で筏下り大会を楽しむ

8月最初の日曜日は、穴吹川で筏下り大会を楽しむ

写真:白うさぎ

地図を見る

国土交通省が2013年8月に発表した、2012年の日本の河川水質調査結果によると、穴吹川は、有機物汚染の目安となる生物化学的酸素要求量(BOD)の平均値が1リットル中0.5rと最も低く、1級河川の中で最もきれいだったとのこと、まさに日本一の清流です。
この清流穴吹川を、手づくり筏で下る大会が毎年8月の第一日曜日に行われます。
川底がくっきりと見える清流を気持ちよさそうに下る様子は、夏の風物詩になっています。

夏は水遊びの絶好のスポットになる穴吹川

夏は水遊びの絶好のスポットになる穴吹川

写真:白うさぎ

地図を見る

水質がきれいで、深みも少なく、家族ずれの皆さんが水遊びを楽しむにはもってこいの場所です。
夏には、県外からたくさんの方が訪れる人気の場所です。
駐車場やトイレが整備された場所は、キャンプを楽しむ人も多く見られます。

日本の原風景ともいえる穴吹川周辺

日本の原風景ともいえる穴吹川周辺

写真:白うさぎ

地図を見る

増水時は水の中に沈む潜水橋(高知県では沈下橋と呼びます)が、穴吹川に架かっています。
集落を繋ぐ小さな橋の残る、なんとも懐かしい日本の原風景とも呼べる風景が見られます。
川沿いの国道は、標高1955mの剣山への登山ルートともなっています。剣山へ登る際に、ちょっと立ち寄るのもいいと思います。

羊のいる川沿いの宿泊施設で泊まるのも楽しい

羊のいる川沿いの宿泊施設で泊まるのも楽しい

写真:白うさぎ

地図を見る

穴吹川沿いには宿泊施設もあります。写真の羊が草を食むのが見られるのは、「油屋美馬館」です。川遊びの心地よい疲れを、宿に泊まってゆっくりと回復させるのもいいですね。
少し上流には、「ブルーヴィラあなぶき」という宿泊施設が川のすぐ側にあって、コテージやバーベキューハウスも併設されています。
それぞれ、大浴場もあって、のんびりと過ごせます。

穴吹川を訪れた時のお土産は「ぶどう饅頭」

穴吹川を訪れた時のお土産は「ぶどう饅頭」

写真:白うさぎ

地図を見る

この地のお土産の定番といえば、JR穴吹駅前にある創業百周年を迎えた老舗、日乃出本店の銘菓「ぶどう饅頭」。お店の紹介文によると、ぶどう饅頭は、武道信仰の霊峰剣山の参拝客に向けたお土産として、武道にちなんだこの饅頭を思いついたのが始まりとのこと。ブドウに似せた形となっています。
箱の中には一億円札が入ってるのも大きな特徴です。お守りにされる方もいるように聞きます。

地元産のお茶が入ったものや、イチゴが入ったものなどもあって、香り豊かなお饅頭はお土産にお勧めです。
最近、「ぶどうマン」というキャラクターも登場していますので、出会えるかもしれませんね。

終わりに

西日本第2位の高峰剣山を源流に流れる穴吹川は、とてもきれいな水が流れています。家族で水遊びをしたり、豊かな自然の残る風景を眺めたりと、夏の思い出にづくりにもってこいの場所です。是非訪れてみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/04−2014/06/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -