箱根湯本駅付近で素泊まり!日帰り利用もできる「弥次喜多の湯」

箱根湯本駅付近で素泊まり!日帰り利用もできる「弥次喜多の湯」

更新日:2020/11/08 17:58

佐原 ねおのプロフィール写真 佐原 ねお フリーライター、旅リサーチャー
箱根の玄関口「箱根湯本駅」から歩いてわずか4分、早川沿いに佇む温泉施設「弥次喜多の湯」は、箱根では珍しい素泊まりができる宿。布団の上げ下げもセルフ、アメニティーなども省いた極めてシンプルな宿泊プランは、条件により1人あたり数千円となるお値打ちな料金設定。6種ある湯舟が楽しめる温泉は、日帰りでも利用できますよ。食事はなくても温泉が楽しめる湯泊まりプランは、箱根グルメを満喫したい人にもおすすめです!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見る

箱根湯本で敢えての「湯泊まり」という選択

箱根湯本で敢えての「湯泊まり」という選択

写真:佐原 ねお

地図を見る

箱根で湯宿といえば、何万円もする豪華な温泉旅館がまず頭に浮かびますよね。そんな箱根で、実は温泉を楽しみながら、場合によっては1人あたり数千円で宿泊できる湯泊まりプランを提供している温泉施設があるのです!それが今回ご紹介する箱根湯本「弥次喜多(やじきた)の湯」。食事なしの素泊まりができる温泉施設なのです。

グルメも豊富な箱根には、食べるべきものがいっぱいあります。メインでもある旅館の食事は、時に不要かもと感じることもありますよね。朝食のみ提供している宿泊施設もありますが、箱根はベーカリー激戦区ともいえるほどパンの種類が豊富なエリアですので、現地で朝の焼きたてパンを試してみたい人には素泊まりプランはとても使い勝手がいいのです!

箱根湯本で敢えての「湯泊まり」という選択

写真:佐原 ねお

地図を見る

弥次喜多の湯の料金は食事や浴衣、アメニティー、タオルがついていないプランのため、宿泊施設としても温泉施設としても比較的安い料金で利用ができるようになっています。温泉のみの利用料金だと平日で1000円、休日・休前日でも1200円なのです!うっかりタオルやパジャマを忘れてしまったという人でも、レンタル・販売もしているので安心ですよ。

素泊まりの中でも、箱根ならではの湯泊まりというプランは、温泉も楽しめてグルメも徹底的に楽しめる上に無駄な出費が必要ないという、実はとてもスマートな選択なのです。無駄なものがないことで、箱根の旅を自由にデザインしていくことができますよ。
※料金は全て税・サービス料込み、2020年11月時点での料金設定となります。

湯舟は6種。オプションで貸切風呂もあり!

湯舟は6種。オプションで貸切風呂もあり!

提供元:箱根温泉公式ガイド 箱ぴた

https://www.hakone-ryokan.or.jp/search/00471/地図を見る

弥次喜多の湯では露天に石組とジャグジー、1人サイズの檜風呂と上りの湯の4種にジャグジー部分もある内風呂、サウナの計6種類の湯舟が楽しめるようになっています。入浴時間は2時間と制限はありますが、充分ゆったりいろんなお湯を楽しむことができますよ。さらに1時間2000円で貸切風呂も利用できます!

弥次喜多の湯で楽しめる箱根湯本温泉は、肌が滑らかになる効果があるアルカリ性単純温泉の泉質です。皮膚病や関節痛、アトピー・湿疹にも効果があると言われています。大浴場にはリンスインシャンプー、ボディーシャンプー、ドライヤーはあるので、部屋にアメニティーがなくてもそんなに大荷物になることもありませんよ!

部屋は頭数が多いとより格安に!

部屋は頭数が多いとより格安に!

写真:佐原 ねお

地図を見る

宿泊する部屋は1部屋4人まで寝ることができ、頭数が多くなると一人当たりの料金がお値打ちになります!山側の部屋なら条件により4000円を切ることも!ただ乳幼児でも料金設定があるので、ご注意ください。宿泊料金が安くなっている分、冷蔵庫やWi-Fiはない状態ないのですが、ドリンクの自販機はありますし、フリーWi-Fiは1階の共同スペースなら使えますよ。

部屋は頭数が多いとより格安に!

写真:佐原 ねお

地図を見る

弥次喜多の湯の部屋は全室和室です。そのため、ベッドだと落ちてしまう心配があるような、寝相の悪い乳幼児がいる人にもおすすめです。部屋には宿場名がつけられているのが面白いですよ。布団の上げ下げはセルフになります。また1時間2000円で日帰り客でも個室の利用は可能なので、小さな子供を昼寝させている間に親が交代で入るのにも便利ですね。日帰り用の個室は8人まで利用可能なので、人数で割ると安くなりますよ。

部屋は頭数が多いとより格安に!

写真:佐原 ねお

地図を見る

日帰り利用のお客さんも多いですが、宿泊客は日帰り客が利用しない21時以降から朝9時までに利用すれば、貸切状態になることもあるのでおすすめです。宿泊客ならお風呂は何度利用しても構いません。レストランなどは入っていませんが、1階には焼おにぎりなどの軽食やアイス、ドリンクなどの自販機はあります。アルコールも売っているので、お風呂上がりの缶ビールも楽しむことができますよ!

施設内に売店もありませんが、徒歩2分のところにセブンイレブン、徒歩3分のところにローソンがあるので、何か買いたいものがあればすぐに買いにいけるのが便利です!自販機コーナーの隣には電子レンジも設置されています。 1階には他にも、1時間2000円で利用できるカラオケルームもありますよ。

箱根湯本駅から「弥次喜多の湯」までは徒歩4分!

弥次喜多の湯は箱根の玄関口でもある「箱根湯本駅」から、歩いてわずか4分で行けるというアクセスの良さも魅力の一つ。日帰り利用でも、箱根から帰る前に温泉で疲れをとってから電車に乗ることができます!

早川沿いに面しているので、せせらぎを聞きながら散策するのもとても爽やかです。駅近くのあじさい橋を渡っていくと「箱根湯本ほたる公園」にも6分ほどで行くことができ、初夏の夜には夜の帳に舞う蛍の姿を見ることができますよ。素泊まりで修学旅行気分を味わうこともできる「弥次喜多の湯」、特に旅を自由にコーディネートしたい人や学生旅行にはおすすめの宿です!

2020年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -