徳島市「一宮城」要害に築かれた徳島県下最大級の中世山城!

徳島市「一宮城」要害に築かれた徳島県下最大級の中世山城!

更新日:2020/11/10 12:15

木村 岳人のプロフィール写真 木村 岳人 フリーライター
徳島市の南西部、鮎喰(あくい)川の南岸に鎮座する「一宮(いちのみや)神社」。その背後にたたずむ丘陵の上に、中世山城の「一宮城」が存在します。

土佐の長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)による阿波への侵攻や、羽柴(豊臣)秀吉による四国攻めの際など攻防の舞台となった要害の城であり、山頂から尾根にかけての広大な城域に中世山城の遺構が残ることから、日本城郭協会の続日本100名城に選ばれています。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

戦乱の舞台となった要害の山城

戦乱の舞台となった要害の山城

写真:木村 岳人

地図を見る

一宮城が築かれたのは南北朝時代の延元3年(1338年)、阿波国の守護であった小笠原氏の一族である小笠原長宗(ながむね)によって築城されたと伝わります。長宗を祖とする一宮氏は一宮城を代々の居城としていましたが、阿波国へと侵攻してきた長宗我部元親によって天正10年(1582年)に滅ぼされました。

戦乱の舞台となった要害の山城

写真:木村 岳人

地図を見る

天正13年(1585年)の羽柴秀吉による四国攻めの際に一宮城は主戦場のひとつとなり、秀吉の軍勢に降伏した元親が土佐一国に封じられると、阿波国は蜂須賀家政(はちすかいえまさ)が治めることになります。

一宮城に入った家政は翌年徳島城を築いて居城をそちらに移しましたが、その後も一宮城は重要な支城として位置付けられていました。しかし江戸時代の慶長20年(1615年)に発せられた一国一城令を受け、寛永15年(1638年)に廃城となります。

現在も遺構が良好な状態で残る一宮城の城域は東西約800m、南北約500mにもおよぶ広大なものであり、これは徳島県下の中世山城において最大級の規模を誇ります。

戦乱の舞台となった要害の山城

写真:木村 岳人

地図を見る

一宮城へと続く登城路は一宮神社の鳥居前から始まります。最初は傾斜が急ですが、尾根まで上がると緩やかになります。尾根沿いには炭化した麦が出土した倉庫跡など数多くの曲輪(くるわ、城の区画)が連なっており、さらに進んでいくと正面の突き当りに斜面を人工的に削った「切岸」の急斜面が立ちふさがり迫力満点です。

巨大な堀切で主要部への守りを固める!

巨大な堀切で主要部への守りを固める!

写真:木村 岳人

地図を見る

切岸の右手へ続く登城路を上っていくと、程なくして「堀切」が現れます。これは尾根を人工的に掘り切った防衛施設であり、城の主要部への入口を守る城門としての機能があったと考えられます。

巨大な堀切で主要部への守りを固める!

写真:木村 岳人

地図を見る

堀切の東側には「才蔵丸」、西側には「明神丸」と呼ばれる曲輪が構えられており、堀切を通る敵を左右から攻撃できるようになっています。実際に虎口(こぐち、曲輪への入口)から才蔵丸へと上がってみると、堀切を直下に見ることができ、侵入してきた敵を迎撃しやすい構造であることが実感できます。

巨大な堀切で主要部への守りを固める!

写真:木村 岳人

地図を見る

また堀切の南側斜面には竪堀が切られており、攻めてくる敵の進行方向を限定して狙いやすい作りになっているなど、城を守るための工夫を随所に見ることができます。

主要曲輪を帯曲輪が取り巻く構造を要チェック!

主要曲輪を帯曲輪が取り巻く構造を要チェック!

写真:木村 岳人

地図を見る

堀切からさらに登城路をたどっていくと、数段の石段が残る「門跡」に差し掛かります。左へ進めば「本丸」に到着しますが、まずは右手の「明神丸」に立ち寄るのが良いでしょう。

主要曲輪を帯曲輪が取り巻く構造を要チェック!

写真:木村 岳人

地図を見る

一宮城における最大の特徴は、主要な曲輪がそれぞれ独立して存在する点にあります。山頂の「本丸」のみならず「明神丸」や「才蔵丸」もその周囲には幅の狭い「帯曲輪」を巡らしており、階段状の腰曲輪を備えるなど各曲輪が独立した構造となっており、まるで砦の集合体のような城構えを見せています。

主要曲輪を帯曲輪が取り巻く構造を要チェック!

写真:木村 岳人

地図を見る

本丸よりも北東に位置する明神丸は眺めがすこぶる良く、鮎喰川が流れる城下を一望することができます。堀切の対岸に広がる才蔵丸と共に、北の攻撃から本丸を守る極めて重要な曲輪でした。

本丸には蜂須賀氏が築いた石垣が残る!

本丸には蜂須賀氏が築いた石垣が残る!

写真:木村 岳人

地図を見る

一宮城の「本丸」には立派な石垣が築かれており、それまでの中世山城らしい土の城とは全く異なった城の様相で目を見張ります。このような壮大な石垣は織田信長や豊臣秀吉の時代に築かれるようになったもので、蜂須賀家政が入城した際に整備したものと考えられます。

本丸には蜂須賀氏が築いた石垣が残る!

写真:木村 岳人

地図を見る

本丸石垣は徳島県で多く産出される結晶片岩を使用し、東北36m、西北23mに渡って築かれています。蜂須賀氏がいかに一宮城を重要な支城と捉えていたのか、この巨大な石垣から伺うことができるというものです。

本丸からは小倉丸を経由して蔭滝へと下りよう!

本丸からは小倉丸を経由して蔭滝へと下りよう!

写真:木村 岳人

地図を見る

本丸の西側からは、南西に位置する「小倉丸」へと続く山道が伸びています。本丸までの登城路は階段状に整備されていますが、ここから先は自然のままの山道なので足元に注意しながら進んでください。小倉丸は本丸の南側を守るために築かれた曲輪で、西側と南側には2m程の高さを持つ土塁や櫓台が残っています。

本丸からは小倉丸を経由して蔭滝へと下りよう!

写真:木村 岳人

地図を見る

小倉丸からはさらに「椎丸」と「水ノ手丸」が続いており、その下部には湧水を堰き止めた「貯水池跡」が見られます。貯水池跡から流れる沢は「蔭滝(いんたき)」へと続いており、この蔭滝の岩壁は天然の城壁として周囲の曲輪と共に貯水池を堅固に守っていました。

蔭滝の鎖場を下り、沢伝いに進めば一宮神社に戻ることができます。登城口から約1時間で一周できる、おすすめの一宮城散策コースです。

一宮城の基本情報

住所:徳島県徳島市一宮町西丁
アクセス:徳島駅から徳島バス「天の原線」「一宮線」で約40分、「一の宮札所前」バス停下車すぐ

2020年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -