飲んで開運ご利益あり!SNSで話題「比叡山延暦寺」梵字ラテ

飲んで開運ご利益あり!SNSで話題「比叡山延暦寺」梵字ラテ

更新日:2020/11/18 10:43

旅人間のプロフィール写真 旅人間 はらぺこライター、旅ブロガー
日本仏教の母山と言われる比叡山延暦寺は、2016年より約10年かけて「国宝根本中堂の大改修」が行われており、普段目にすることができない貴重な光景を見ることができます。
そんな根本中堂のある東塔地区で一休みする場合は、延暦寺会館内にある「喫茶 れいほう」に行ってみましょう。ここではSNSでも話題の梵字ラテが楽しめます。自分の守護尊を知り、そして体内に入れる!これでご利益も間違いないでしょう。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

比叡山延暦寺の国宝根本中堂の大改修

比叡山延暦寺の国宝根本中堂の大改修

写真:旅人間

地図を見る

日本仏教の母山と言われる比叡山延暦寺は、そのスケールは比叡山一山を境内とし、東塔、西塔、横川の三つの寺域内に点在する約150の堂塔の総称となります。中心地は根本中堂のある東塔エリアです。

2016年より約10年かけて行われている「国宝根本中堂の大改修」では、完全に立ち入り禁止にすれば6年ほどで終わるそうですが、参拝される人々の思いを大切にし「修学ステージ」を設け拝観&見学ができるようになっています。

この工事期間中の普段目にすることができない貴重な光景もまた、実に見応えがあります。

東塔エリアでの休憩は「喫茶 れいほう」へ

東塔エリアでの休憩は「喫茶 れいほう」へ

写真:旅人間

地図を見る

この東塔エリアは、根本中堂の「不滅の法灯」を始め、国宝殿、大講堂、文殊楼など見所が多く、気が付いたら足がフラフラってこともあるでしょう。そんな時は、延暦寺会館内にある「喫茶 れいほう」に行ってみましょう。

この喫茶店でおすすめはSNSでも話題となった梵字ラテです。「梵字」とは仏様を表す文字の事で、様々な功徳を与え、災難から救ってくれると言われています。ここでは自分の生まれ年の仏様を知り、ゆったりとした時間が楽しめます。

守り本尊の梵字入り!梵字ラテ

守り本尊の梵字入り!梵字ラテ

写真:旅人間

地図を見る

この梵字ラテはカフェラテ、抹茶ラテ、キャラメルラテ(秋冬の期間限定)の3種類、注文時に、自分の干支を伝えるだけでOK。ところで、自分自身の守護尊って知っていますか?おそらく知らない方が大半ではないでしょうか。

カフェのテーブルには、「生まれ年ごとに守護尊&その仏様を表す梵字の意味」を記した用紙があります。これを見て理解しておくだけでも、今後の人生のプラスになりそうです。

守り本尊の梵字入り!梵字ラテ

写真:旅人間

地図を見る

例えば、2020年に子供が生まれた場合、2020年の子年(ねずみどし)ですね。この子の守護尊は千手観音菩薩となります。

「ねずみ」千手観音菩薩
「いぬ」「いのしし」阿弥陀如来
「とら」「うし」虚空菩薩
「うさぎ」文殊菩薩
「たつ」「へび」普賢菩薩
「うま」勢至菩薩
「ひつじ」「さる」大日如来
「とり」不動明王

守護尊の梵字を体に取り入れることでご利益あり!

守護尊の梵字を体に取り入れることでご利益あり!

写真:旅人間

地図を見る

もう一つ例をあげるなら、干支が卯(うさぎ)の場合、守護尊は「文殊菩薩」になります。文殊菩薩は智慧を授けて下さる仏様で、苦労や災難を五智の剣で絶ち幸福を招いてくださるといわれ、その梵字をラテと共に体に取り入れることでご利益を得られます。

また、タイミングが合えばお坊さんがラテを入れてくれる事もあるのだとか!? この格式の高いお寺とのギャップもまた素敵ですね。

守護尊の梵字を体に取り入れることでご利益あり!

写真:旅人間

地図を見る

もしも、自分の守護尊の仏様に会いたくなった時は、東塔地域延暦寺バスセンターの近くにある「国宝殿」に行くと出会えるかもしれません。

この国宝殿では、延暦寺に伝来する数多くの仏像・仏画・書跡等の文化財が展示されています。国宝や重要文化財に指定されているものも多く、延暦寺の歴史の一端に触れることができる場所になります。

守護尊の梵字を体に取り入れることでご利益あり!

写真:旅人間

地図を見る

文殊菩薩に関して言えば、この延暦寺会館から歩いてスグの場所に延暦寺文殊楼があり、ハシゴを登って行くと、安置されている文殊菩薩像と出会えます。

ちなみに、この文殊楼は延暦寺根本中堂の正面から急勾配の石段を歩いた先に位置し、ほぼ東を向いて建っています。創建は根本中堂と共に寛永の復興で再建されたものですが、1668年に焼失し、当時のものより小規模となっていますが江戸時代の代表的な建造物として重要文化財に指定されています。

窓際に座ると眼下に雄大なびわ湖の絶景!

窓際に座ると眼下に雄大なびわ湖の絶景!

写真:旅人間

地図を見る

梵字ラテが飲める延暦寺会館の「喫茶 れいほう」では、窓際に座ると眼下に雄大なびわ湖の絶景が広がっています。決して地上から全体像など見えるはずもない日本一の大きな湖も、ここから見ると、全てが見通せそうな気分になる素晴らしい眺望です。

比叡山延暦寺「喫茶 れいほう」の基本情報

住所:滋賀県大津市坂本本町4220
電話番号:077-578-0001
営業時間:10:00〜16:00
(梵字ラテは各700円)

<比叡山延暦寺>
諸堂拝観時間:東塔地区8:30〜16:30
(12月は9:00〜16:00、1月・2月は9:00〜16:30)
諸堂巡拝料金:大人1,000円、中高生600円、小学生300円

2020年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/10/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -