銚子・犬吠埼に義経伝説?初日の出・夕陽おすすめスポットも

銚子・犬吠埼に義経伝説?初日の出・夕陽おすすめスポットも

更新日:2020/12/02 11:45

咲田 みつるのプロフィール写真 咲田 みつる ハイカー、鈍足のトレイルランナー
銚子市の風光明媚な「磯めぐり」は、江戸時代に既に見いだされ、町民憧れの一大観光資源でした。そんな銚子市の犬吠埼灯台付近には、義経伝説が多く存在するのをご存じでしょうか?「奥州への逃避行は、北陸ルートでは?」という疑問が頭をよぎりますが、伝説とは奇岩等の景勝地と紐づけられる傾向があるもの。銚子の磯が優秀な映えスポであることの裏付けとも言えます。初日の出、夕陽のスポットもあわせてご紹介いたします。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

犬吠埼は義経伝説&初日の出の名所

義経と言えば、源頼朝との決別の後、北陸周りで奥州へ逃れたというイメージが強いですが、実は奥州へは2回赴いています。1度目は元服前。2度目は頼朝との決別の後。銚子に訪れたのは、1度目ではないかという推測も成り立ちます。また、お隣の茨城県にも多くの伝説が残されていることから、銚子立ち寄り説を、頭から否定することもできないのです。

逃避行ルートの真偽はさておき、ここからは観光目線のお話。何百年も前から庶民に親しまれた「銚子の磯めぐり」が、悲劇のヒーローとの伝説との融和に発展し、現在も語り継がれている、そんなロマンに浸りながらスポットを巡りましょう。

犬吠埼は義経伝説&初日の出の名所

写真:咲田 みつる

地図を見る

まずは初日の出の名所、犬吠埼と犬吠埼灯台。「犬吠」とは、義経がやむを得ず銚子に置き去りにした愛犬が、主人を思って吠え続けたことにちなんだ地名です。後述する「犬岩」とともに、銚子を代表する義経伝説の地です。

<犬吠埼の基本情報>
住所:千葉県銚子市犬吠埼
アクセス:銚子電鉄「犬吠駅」下車・徒歩約10分

犬吠埼は義経伝説&初日の出の名所

写真:咲田 みつる

地図を見る

さらに灯台の北側にある「君ヶ浜」はもともと「霧ヶ浜」と呼ばれていました。義経が好んだために「君ヶ浜」と呼ばれるようになった、と言われています。この君ヶ浜は、灯台と朝日をワンショットに収めることが出来るスポットでもあります。(大晦日から元旦にかけては、例年周辺道路で交通規制が行われます。ご注意ください)

<君ヶ浜の基本情報>
住所:千葉県銚子市君ケ浜
アクセス:銚子電鉄「君ケ浜駅」下車・徒歩約5分

犬吠埼は義経伝説&初日の出の名所

提供元:一般社団法人銚子市観光協会

https://www.choshikanko.com/地図を見る

外川の町並みにも義経伝説

犬吠埼から南側(君ヶ浜と反対側)に目を向けると、外川エリアが俯瞰(ふかん)できます。この外川エリアにも、複数の義経伝説が残されています。

外川の町並みにも義経伝説

写真:咲田 みつる

地図を見る

まずは長崎鼻の近くにある「宝満」。「ほうまん」と読みます。外川エリアの浅瀬にある岩礁です。画像は俯瞰ですが、近づいて見ると、あおむけになって人が寝そべっているように見えます。

義経の名が「九郎判官義経(くろうほうがんよしつね)」だったことから、それがなまって「ほうまん」になったとされています。

<宝満の基本情報>
住所:千葉県銚子市長崎町
アクセス:銚子電鉄「外川駅」下車・徒歩約13分

外川の町並みにも義経伝説

写真:咲田 みつる

地図を見る

ちなみに外川は漁港を擁する古い町です。「銚子外川の町並み」として、文化庁に日本遺産の認定を受けています。碁盤の目のように張り巡らされた細い路地のうちのいくつかが、海に向かって真っすぐ延びています。この町並みを西側に下ると、屛風ヶ浦が見えます。

本稿では初日の出と夕陽のスポットをご紹介する便宜上、以降、犬吠埼付近を東海岸、外川地区を西海岸と呼びわけます。

外川の町並みにも義経伝説

提供元:一般社団法人銚子市観光協会

https://www.choshikanko.com/

西海岸は義経伝説&夕陽の名所

西海岸は義経伝説&夕陽の名所

写真:咲田 みつる

地図を見る

銚子の西海岸を代表する義経伝説スポットは、「犬岩」です。犬吠埼の由来となった義経の愛犬が、7日7晩吠え続けて、ついに岩になった…という伝承です。犬とは言え、戸建て住宅の2階部分まであろうかというような高さがあります。

<犬岩の基本情報>
住所:千葉県銚子市犬若
アクセス:銚子電鉄「外川駅」下車・徒歩約15分

西海岸は義経伝説&夕陽の名所

写真:咲田 みつる

地図を見る

犬岩と約300mほどの距離にあるのが、千騎ヶ岩。義経が手勢を隠した、とされる大岩です。犬岩と千騎ヶ岩は、ともにジュラ紀(恐竜がいたころ)の岩体ということがわかっており、地質研究の面でも価値があるとされています。

犬岩・千騎ヶ岩がある銚子市の西海岸からは、屛風ヶ浦を見渡すことができます。屛風ヶ浦は、銚子市のお隣の旭市まで約10kmにわたって続く、高さ20〜60mの断崖絶壁です。

<千騎ヶ岩の基本情報>
住所:千葉県銚子市犬若
アクセス:銚子電鉄「外川駅」下車・徒歩約15分

西海岸は義経伝説&夕陽の名所

写真:咲田 みつる

地図を見る

義経伝説とは少し離れますが、屛風ヶ浦には、義経と関係があった片岡氏の「佐貫城」が、かつて存在していました(鎌倉時代)。屛風ヶ浦は波の浸食で、数百年かけて陸側に激しく後退し、佐貫城も現在では海中に没したと考えられています。

この西海岸からは、冬の間、海に落ちる夕陽を眺めることができます。初日の出に勝るとも劣らない、感動的な夕景を楽しんではいかがでしょうか。

<屛風ヶ浦遊歩道の基本情報>
住所:千葉県銚子市潮見町
アクセス:
銚子電鉄「外川駅」下車・徒歩約30分
JR銚子駅よりバス千葉交通「千葉科学大学」行「銚子マリーナ」下車・徒歩3分

銚子で義経伝説と磯めぐりを楽しもう

銚子市には今回ご紹介したスポットの他にも、義経伝説の残る場所が多く存在しています。太平洋の荒波にもまれながらそそり立つ奇岩群は、悲運のヒーローへの思いと相まって、義経伝説へと発展しました。初日の出や夕陽とともに楽しめば、さらに旅の思い出も深まることでしょう。旅程が許すなら、磯めぐりとともに、是非朝夕の情景も楽しんでください。

2020年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/01/16−2020/10/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -