温泉だけじゃない!食べて満足、見て満足!加賀温泉の歩き方

温泉だけじゃない!食べて満足、見て満足!加賀温泉の歩き方

更新日:2020/11/26 14:24

Fumie McIntyreのプロフィール写真 Fumie McIntyre 留学・ロングスティアドバイザー、添乗員、個人旅行・業務視察のアテンド
加賀温泉は粟津・片山津・山代・山中温泉の4つの温泉から構成される総称で、大阪の奥座敷とも呼ばれます。
源泉かけ流しの温泉にゆっくり浸かって日頃の疲れを癒してリラックスするだけではなく、美味しいもの、見どころも満載の加賀をご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

コスパ抜群!大聖寺のおとと村で香箱蟹を頬張ろう

コスパ抜群!大聖寺のおとと村で香箱蟹を頬張ろう

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

加賀温泉駅から一駅先の大聖寺にある居酒屋おとと村は、村食堂との名のごとく、いつ行っても地元の人で溢れかえっていて時間帯によっては暫く待つこともあります。ここでは魚料理は勿論のこと、焼きがに、ゆでがに、かに刺しと、バラエティに富んだ調理法の蟹がリーズナブルな値段でたっぷり堪能できます。

コスパ抜群!大聖寺のおとと村で香箱蟹を頬張ろう

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

こちらが香箱蟹。香箱蟹とはメスのずわい蟹で、オスは石川県では加能蟹と言います。産卵するズワイガニを保護するため漁の期間が11月上旬から12月下旬と限られています。冬に北陸に行くなら是非とも味わいたいですね。
香箱蟹は小ぶりで濃厚な味です。蟹味噌や卵も一緒に楽しめます。

コスパ抜群!大聖寺のおとと村で香箱蟹を頬張ろう

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

香箱蟹が半匹乗った蟹丼定食は1500円。流石加賀百万石、お味噌汁もしっかりと出汁のきいた食べ応えのある味です。
他にものどぐろや海老など何を食べてもハズレはありません。

大聖寺は九谷焼や絹織物で栄えた10万石の城下町です。お腹がいっぱいになったら石川県九谷焼美術館や古九谷の杜、神社などの見どころもあるので、ぶらぶら散策してみてはいかがでしょうか。

<基本情報>
住所:石川県加賀市曽宇町エ64-1
電話番号:050-3467-1306
アクセス:JR北陸本線 大聖寺駅 徒歩14分または車で4分
営業時間:昼の部 11:00〜15:00 夜の部 17:00〜22:00(日曜〜21:00)

山代温泉の中心地「湯の曲輪(ゆのがわ)」を歩く

山代温泉の中心地「湯の曲輪(ゆのがわ)」を歩く

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

山代温泉は、奈良時代の高僧・行基が修行に向かう途中、一羽のカラスが羽の傷を癒やしている水たまりを見つけたのがはじまりと伝えられています。
中心地にある公衆浴場、総湯は江戸時代から庶民の憩いの場であり、社交場でした。

総湯を中心とした周囲の街並みを「湯の曲輪(ゆのがわ)」と言いますが、湯の曲輪を整備したプロジェクトは2012年にグッドデザイン賞を受賞しています。
明治時代の総湯を復元し浴室の床や壁のタイルも九谷を使った贅沢な公衆浴場です。1300年前の人々の生活を思い描きながら温泉に浸かってみてはいかがでしょうか。熱交換システムで余熱廃熱を利用し、毎日総入れ替えで加水なしの源泉温泉は格別ですよ!

<基本情報>
住所:加賀市山代温泉万松園通2番地1
電話番号:0761-76-0144
アクセス:加賀温泉駅から車で10分
営業時間:6:00〜22:00

海鮮だけじゃない!加賀パフェも楽しもう!

海鮮だけじゃない!加賀パフェも楽しもう!

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

海鮮だけでなく、スイーツも有名な加賀。ここ、山代温泉でも「はづちを茶店」で加賀パフェを食べることができます。
「はづちを」とは服部神社に祀られている機織りの神様天のはづちをから名付けられ、かわいい雑貨や九谷焼のお店などもあります。

はづちを茶店は可愛い古民家風の和カフェで、加賀パフェは、地場の蜂蜜や紫芋、大根の紫蘇チップ、加賀野菜のモンブランなどの他に温泉卵や加賀棒茶のチュイールなどが入っていてなかなか楽しめます。セットで加賀棒茶も付いてきます。
土日限定ですが「温泉玉子プリン」も人気があります。

<基本情報>
住所:石川県加賀市山代温泉18−59番地1
電話番号:0761-77-8270
アクセス:加賀温泉駅から車で10分
営業時間:9:30〜18:00

「服部神社」にお参り!ライトアップも

「服部神社」にお参り!ライトアップも

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

服部神社は山代温泉の守り神とされる山代日子命(やましろひこのみこと)、機織の神である天羽鎚雄神(あめのはづちをのかみ)、かつて再興した際に合併した白山神社の菊理媛神(くくりひめのかみ)を祀る神社。拝殿正面までの石段は108段あり、この石段をお百度参りすると子供が授かると言われています。境内には巨木が鬱蒼と茂り、平成山代八景の一つである樹齢200年以上の巨樹もあります。

「服部神社」にお参り!ライトアップも

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

山代温泉に宿泊するなら温泉に浸かり、加賀の食に舌鼓を打った後は服部神社にお参りしてください。11月30日の午後10時まで九谷焼の色彩「五彩の輝き」をテーマにしたライトアップが楽しめます。

<基本情報>
住所:石川県加賀市山代温泉18−7丁
電話番号:0761-76-0349
アクセス:加賀温泉駅から車で10分

山中温泉から足を延ばして!芭蕉も賛美した鶴仙渓へ

山中温泉から足を延ばして!芭蕉も賛美した鶴仙渓へ

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

天気が良ければ是非とも訪れたいのが鶴仙渓。砂岩の浸食による奇岩や大聖寺川で泳ぐ白鳥や鴨など見ながら大聖寺川に沿った全長約1.3キロメートルの遊歩道を散策できます。

奥の細道で有名な松尾芭蕉は山中温泉に逗留し、「山中や菊は手折らじ湯のにほい」と詠んで名湯ぶりを、また鶴仙渓の美しさを「行脚の楽しみここにあり」と讃えたと言われています。遊歩道には芭蕉の俳句が書かれた碑も掲げられています。

山中温泉から足を延ばして!芭蕉も賛美した鶴仙渓へ

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

写真はいけばな草月流三代目家元であり勅使河原宏氏が「鶴仙渓を活ける」というコンセプトでデザインしたあやとり橋です。勅使河原氏はまた、映画監督でもあり、あやとり橋の竣工式には勅使河原氏の監督した映画『豪姫』に出演した宮沢りえさんも列席しました。

他も、上流に山中八景の一つになっている総檜造りのこおろぎ橋、下流の芭蕉堂近くにあるレトロな黒谷橋と大聖寺川にかかる橋を見るのも楽しみです。
また、例年ですと11月下旬まで、川床で川のせせらぎを聞きながら、山中出身の鉄人道場六三郎氏の道場ロールを頂けますが、2020年は熊の出没が多発しているため中止になりました。

<基本情報>
住所:石川県加賀市山中温泉下谷町152
アクセス:「加賀温泉駅」から「山中温泉行」の加賀温泉バス約25分

山中温泉から足を延ばして!芭蕉も賛美した鶴仙渓へ

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

鶴仙渓散策の後のランチにイタリアンはいかがでしょうか。加賀にはハイクオリティなイタリアンレストランがたくさんあります。
ここ、アッラ・コンタディーナではベネチアで修行した阪本幸治シェフの、石窯で焼いたピッツアや手打ちパスタなど本場のイタリア料理を加賀の食材でコラボレーションした加賀イタリアンを堪能できます。写真は香箱蟹を丸ごと一杯使った贅沢なパスタです。

<基本情報>
住所:石川県加賀市別所町3-29
電話番号:0761−77−5214
アクセス:山中温泉、山代温泉から車で約3分
営業時間:11:30〜15:00 17:30〜21:00

加賀を制覇しよう

ここではご紹介できませんでしたが、北陸最古の秘湯と言われる1300年の歴史を誇る粟津温泉は小松にあり、空港から車で15分ほどの距離です。柴山潟の湖畔に佇む、片山津温泉で白山を臨みながらのお湯につかるのも一興です。
紅葉の時期だけでなく、春は旧大聖寺川の流し舟と桜、夏は柴山潟の花火、冬はシベリアから飛来した白鳥など四季折々の見どころもあります。

良質な温泉で癒され、地場の食で舌鼓を打ち、見どころの多い加賀は、金沢から特急で30分、小松空港からもバスで30分と東京方面からもアクセスのいい場所にあります。気軽に出かけられる加賀で週末ごとに温泉制覇もいいですね。時間に余裕があれば乗り降り自由な周遊バス「キャン・バス」で一度に制覇することも可能です。

北陸新幹線は2022年9月完成を目指し、加賀温泉駅が着工されました。これからおしゃれなスポットやレストランも増えそうで楽しみです。

2020年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/11/07−2020/11/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -