剣聖の里・奈良「柳生」で『鬼滅の刃』ゆかりの地をめぐろう!

剣聖の里・奈良「柳生」で『鬼滅の刃』ゆかりの地をめぐろう!

更新日:2020/11/18 11:18

モノホシ ダンのプロフィール写真 モノホシ ダン 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者
剣聖の里として知られる奈良市柳生町は、江戸時代に将軍家剣術指南役を務めた柳生藩一万石の地。山岡荘八氏『春の坂道』を始めとする小説やNHK大河ドラマの舞台として登場し、その旧家老屋敷や菩提寺など柳生家一族にまつわる史跡などが残されています。中でも巨大な岩を刀で切ったような「一刀石」は、人気漫画『鬼滅の刃』のモチーフになったとされています。柳生で鬼滅ファンらが集う人気スポット巡りを楽しんで見ませんか?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

“一刃石”への入口、柳生家修練の場所「天乃石立神社」

“一刃石”への入口、柳生家修練の場所「天乃石立神社」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

漫画『鬼滅の刃』(原作・吾峠呼世晴)で、“登場した”と話題を呼び、鬼滅ファンらが集うスポットとなっている「一刀石」があるのは、柳生家の修練の場といわれる「天乃石立神社」です。

“一刃石”への入口、柳生家修練の場所「天乃石立神社」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

天乃石立神社は、戸岩谷と呼ばれる巨石が重塁している谷にあり、御祭神は、天照大御神ほか3柱で、御神体は扉の形をした巨岩になっています。

注連縄が張り廻らされた御神体の巨岩は、前伏盤、前立盤、後立盤の3つに分かれています。伝説によると、神代の昔、高天原で手刀雄命(テヂカラオノミコト)が天岩戸を引き開けた際に、力余ってその扉石が虚空を飛来し、この地に落ちたとされています。

“一刃石”への入口、柳生家修練の場所「天乃石立神社」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

天乃石立神社の拝殿は、巨岩の傍らにあり、巨岩そのものを御神体として崇めているため本殿はありません。

神体岩と拝殿の間には、柳生藩主寄進による石灯籠2基が建っています。ほかに柳生宗弘(のちの藩主俊方)が、1705年(宝永2年)に建立した能舞台が設けられていましたが、現在は、同じ町内の八坂神社へ移築され、同神社の拝殿として代用されています。

<天乃石立神社の基本情報>
住所:奈良県奈良市柳生町789
電話番号:0742-94-0242(芳徳禅寺)
アクセス:JR・近鉄奈良駅より奈良交通バスで約50分、柳生バス停から徒歩約30分
車利用の場合は、西名阪自動車道「天理IC」から約50分。名阪国道「針IC」から約20分。柳生観光駐車場から徒歩約15分

一刀石で「コスプレ撮影」もおすすめ

一刀石で「コスプレ撮影」もおすすめ

写真:モノホシ ダン

地図を見る

天乃石立神社から奥に少し進んだところにある「一刀石」は、二つに割れた約7m四方の花崗岩の巨岩。大きな裂け目は、冬場に岩にしみこんだ雨水が凍って膨張した結果で、約30cmの隙間を保っています。

伝説によると、柳生新陰流の始祖・柳生宗厳(やぎゅうむねよし)が、天狗を相手に修行をしていて、天狗と思って切ったのがこの岩だったとのこと。天下無双の剣豪と謳われた、宗厳らしいエピソードといえるでしょう。

一刀石で「コスプレ撮影」もおすすめ

写真:モノホシ ダン

地図を見る

いっぽう『鬼滅の刃』は、主人公の竈門炭次郎(かまどたんじろう)が人食い鬼に家族を殺され、残された妹・禰豆子(ねずこ)も鬼になってしまうところから始まります。炭次郎は、鬼に復讐し、妹を人間に戻すことを決意し、鬼殺隊(きさつたい)への入隊を目指します。その修行中に「一刀石」とよく似た岩が登場するのです。

師匠の鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)は、最終選別に行く条件として「この岩を斬れたら許可する」といいました。しかし、炭次郎は、半年経ってもまったく岩を斬ることができませんでした。

そんな炭次郎の前に、ある日、兄弟子の錆兎(さびと)が現れ、勝負を挑んできます。勝負は、一瞬で決着がつき、錆兎の面を斬った刀の先を見ると、そこには真っ二つに割れた巨大な岩がありました。

物語の序盤となるこの話は、すでにご紹介した柳生宗厳が、天狗を相手に修行に励んでいたときのエピソードと非常によく似ていることが分かりますね。

一刀石で「コスプレ撮影」もおすすめ

写真:モノホシ ダン

地図を見る

一刀石の前には、プラスチックの刀が置かれています。前述の『鬼滅の刃』の名シーンの再現撮影に活用してみてはいかがでしょうか。

さらに、柳生観光協会では、コスプレイヤーの撮影観光をサポートしています。また、着替え場所の提供も行っています。柳生地域での「コスプレ撮影」につきましては、関連MEMOの柳生観光協会までお問合せください。

柳生家の菩提寺である「芳徳禅寺」

柳生家の菩提寺である「芳徳禅寺」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

一刀石で写真撮影を楽しんだなら、柳生家の菩提寺である芳徳禅寺(ほうとくぜんじ)に行ってみましょう。一刀石からは、徒歩で約15分ほどです。

芳徳禅寺は、臨済宗大徳寺派の寺院で、山号は神護山(じんごさん)。江戸時代に、将軍家剣術指南役として天下に権勢を振るった柳生家の菩提寺です。

柳生宗矩(やぎゅうむねのり)が、柳生新陰流の始祖である父・宗厳(むねよし)の菩提を弔うため1638年(寛永15年)に創建、開山は宗矩と親交のあった沢庵和尚です。

柳生家の菩提寺である「芳徳禅寺」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

芳徳禅寺の資料館には、通称、柳生十兵衛として知られる柳生三厳(やぎゅうみつよし)の著作で、柳生新陰流の奥義『月乃抄』などの寺宝を伝え、柳生氏に関する資料多数を収蔵しています。

資料館と並んで建つ本堂には、中央に本尊の釈迦如来像が。そして左右には、柳生宗矩、沢庵和尚、列堂和尚の像が安置されています。列堂和尚は、柳生藩初代藩主柳生宗矩(但馬守)の子で、芳徳禅寺の第一世住持です。

柳生家の菩提寺である「芳徳禅寺」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

芳徳禅寺の北50m、裏山の松林の中には、柳生家一族の墓所があります。柳生宗矩の墓石を中心に、宗厳(石舟齋)、三厳(十兵衛)、宗冬など80数基の墓石が苔むし、整然と並んでいます。歴史ファンには必見のスポットといえるでしょう。

<芳徳禅寺の基本情報>
住所:奈良県奈良市柳生下町445
電話番号:0742-94-0242
拝観料:大人・大学生200円、高校生150円、中・小学生100円
拝観時間:(4月〜10月)9:00〜17:00、(11月〜3月)9:00〜16:00
アクセス:柳生バス停から徒歩約15分
車利用の場合は、柳生観光駐車場から徒歩約10分

大河ドラマ『春の坂道』ゆかりの「旧柳生藩家老屋敷」

大河ドラマ『春の坂道』ゆかりの「旧柳生藩家老屋敷」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

柳生藩は、将軍家剣術指南役として幕閣では重きをなしていましたが、禄高はわずか約一万石で、財政的には非常に窮乏とした状態でした。「旧柳生藩家老屋敷」は、江戸時代の後期に柳生藩家老として藩財政の立て直しに成功した小山田主鈴(おやまだしゅれい)の屋敷です。

大河ドラマ『春の坂道』ゆかりの「旧柳生藩家老屋敷」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

屋敷は、昭和になるまで小山田家の方が住んでいましたが、その後、作家の山岡荘八氏の所有となり、現在は奈良市に寄贈されています。

1971年(昭和46年)、NHKから放送されて柳生ブームを起こすことになった大河ドラマ『春の坂道』(後に『柳生宗矩』と改題)の原作も、この屋敷で構想を練ったものといわれています。

大河ドラマ『春の坂道』ゆかりの「旧柳生藩家老屋敷」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

主屋には、作家の山岡荘八氏ゆかりのコーナーや、柳生藩や柳生新陰流、小山田主鈴についての資料が展示されています。

写真は、長持ち(二蓋笠紋入)、駕籠、携帯用火鉢。二蓋笠の家紋は、柳生のシンボルとして広く知られています。

<旧柳生藩家老屋敷の基本情報>
住所:奈良県奈良市柳生町155-1
電話番号:0742-94-0002
拝観料:大人(高校生以上)350円、中・小学生170円
拝観時間:9:00〜17:00(最終入館16:30)
休業日:12月27日〜1月4日
アクセス:柳生バス停から徒歩約5分
車利用の場合は、柳生観光駐車場から徒歩約10分

昭和レトロ感あふれる柳生最古の食堂「十兵衛食堂」

昭和レトロ感あふれる柳生最古の食堂「十兵衛食堂」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

柳生でおすすめのランチスポットが、約60年以上の歴史を持つ柳生最古の食堂「十兵衛食堂」です。

昭和レトロ感あふれる柳生最古の食堂「十兵衛食堂」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

昭和レトロ感あふれる店内には、テーブル席と座敷席があります。壁には、訪れた芸能人の方の色紙がたくさん飾ってあるので、眺めるのも楽しい。

昭和レトロ感あふれる柳生最古の食堂「十兵衛食堂」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

イチ押しのメニューは「十兵衛うどん」(600円)。うどんに、2枚の椎茸がのっていて、柳生家の家紋をイメージしています。椎茸は肉厚で、噛み応えがありとても美味しい。なお、うどんはそばに変更することもできます。

ほかには、とろろ定食や山菜定食などもおすすめ。剣豪に思いを馳せながらいただいてください。

<十兵衛食堂の基本情報>
住所:奈良県奈良市柳生町83-3
電話番号:0742-94-0500
営業時間:9:00〜16:00
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
アクセス:柳生バス停からすぐ
車利用の場合は、専用駐車場利用

奈良屈指のハイキングコース「柳生街道」を歩くのもいい

いかがでしたか。本文では、ご紹介できませんでしたが、ほかに柳生の里で有名なのか、奈良市街地から柳生へと通じる古道「柳生街道」。剣豪の歴史と農村風景をじっくり味わえる奈良屈指のハイキングコース です。

「滝坂の道」、「剣豪の道」、「柳生・笠置の道」の3つのコースがあり、コースや場所によっては様々な時代・風景・自然の表情を感じることができます。『鬼滅の刃』スポットめぐりとともに、柳生街道へ、ぜひ出かけてみてはいかがでしょうか。

2020年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/11/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -