これぞ神域!「北口本宮冨士浅間神社」で深山幽谷の雰囲気を味わう

これぞ神域!「北口本宮冨士浅間神社」で深山幽谷の雰囲気を味わう

更新日:2020/12/02 11:02

山梨県富士吉田市にある北口本宮冨士浅間神社は、世界文化遺産の構成資産のひとつでもあり、交通の便の良いところに鎮座する、歴史ある神社です。神社周辺は江戸時代には富士登山の玄関口として一大ブームを起こし、現在も周辺の有名観光地を含め、参拝客で賑わいます。樹齢800年を超える大木を擁する参道は、夏涼しく、冬の空気もひんやりと、歩く価値あり。初詣にもおススメです。ぜひこの神域を訪れてみませんか?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

歴史ある神社は富士山とともに

歴史ある神社は富士山とともに
地図を見る

河口湖インターから国道138号線を車で5分。河口湖や富士急ハイランド、忍野八海など名だたる観光スポットが周辺にひしめく山梨県富士吉田市に、北口本宮冨士浅間神社があります。創建は景行天皇40年(西暦110年)と古く、武田信玄ともゆかりのある、歴史ある神社です。

歴史ある神社は富士山とともに
地図を見る

日本一の霊峰である富士山の周辺には浅間神社と名のつく神社が数多くありますが、北口本宮冨士浅間神社もそのひとつ。浅間神社の名の由来は、火山の神である浅間大神を祀る浅間信仰から来ています。浅間神社と名の付く神社は、日本全国さまざまな地方の、火山の見える場所に1300以上あります。

2013年に「富士山−信仰の対象と芸術の源泉」として、北口本宮冨士浅間神社も構成資産のひとつとして世界文化遺産に登録されています。

富士登山の起点として

富士登山の起点として
地図を見る

神社は富士登山の入り口ともいうべき吉田口登山道の起点にあたります。「富士講」という、富士登山が一大ブームとなった江戸時代から現代にいたるまで、登山の無事を祈る神社という役割も担い、今も昔も信仰のよりどころとなってきました。富士登山はいまも危険がないわけではありません。かつて富士山に登った江戸時代の人々も、登山前には神社で無事を祈り、無事下山した後はお礼の祈りをささげたことでしょう。

江戸時代には「御師」という、富士登山をする富士講の人々のための宿泊施設が神社周辺に86軒ほど存在していました。

厳粛?荘厳?樹齢数百年の大木の参道を歩く!

厳粛?荘厳?樹齢数百年の大木の参道を歩く!
地図を見る

神社の境内には、樹齢200-800年ものスギやヒノキが数百本あり、40メートルはあろうかという、高い木々の隙間から、木漏れ日がはるか頭上からさしこむさまは神々しく、訪れる人を厳粛な気持ちにさせてくれます。本殿の近くにも駐車場がありますが、大木に囲まれたこの参道の雰囲気を味わうためにも、ぜひ参道を歩いてほしいところ。

厳粛?荘厳?樹齢数百年の大木の参道を歩く!
地図を見る

神社のすぐ前には交通量の多い道路があるにもかかわらず、高い木立に囲まれた参道は、一歩足を踏み入れると別世界。市街地にもかかわらず、車の音も、遠くから響いてくるような錯覚にとらわれます。どの季節に訪れても、この一角だけが、森閑とした森の中を歩いているような、別世界のたたずまいを感じさせてくれます。

厳粛?荘厳?樹齢数百年の大木の参道を歩く!
地図を見る

参道の大木は樹齢数百年を優に超えるものが多いですが、拝殿の左右には、樹齢1000年を超える、県指定天然記念物の冨士太郎杉と冨士次郎杉、夫婦檜というご神木が。夫婦檜の名前の由来は2本の檜が根元で1本につながり、離れ、地上12メートル付近でまたつながっていることからそう呼ばれています。御神木の大きさは、一番大きな太郎杉で、幹回り約10メートル。高さはおよそ40メートルあり、堂々の貫禄です。

恋愛成就と良縁祈願に御利益あり!?

恋愛成就と良縁祈願に御利益あり!?
地図を見る

ご祭神は富士山の女神である木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、木花開耶姫命の夫である彦火瓊瓊杵尊(ひこほのににぎのみこと)、木花開耶姫命の父神の大山祇神(おおやまづみのかみ)。

北口本宮冨士浅間神社は縁結び、良縁祈願などの恋愛系に効果があるといわれているので、良い出会いを祈願してみては。その他にも安産・家庭円満にもご利益があるなど、女性にとってはぜひ訪れたい神社です。大木に囲まれた神域にある神社は、パワースポットとしても知られているので、ご利益を期待できそう。

お腹がすいたら、地元名物の吉田うどん?それとも名水自慢のおそば?

お腹がすいたら、地元名物の吉田うどん?それとも名水自慢のおそば?

提供元:Wikimedia Commons(aki kajitani)

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Yoshida_ud…

浅間神社の厳粛な雰囲気を味わうとともに、ご当地名物のおいしいものも味わって帰りましょう。ご当地名物は吉田うどん。麺はコシが強く、だしがきいています。トッピングにゆでキャベツや珍しい馬肉なども。おススメです。

お腹がすいたら、地元名物の吉田うどん?それとも名水自慢のおそば?
地図を見る

神社から山中湖方面に車で10分ほどのところに、富士山の地下水が湧き出る忍野八海があり、忍野周辺では、そばが名物です。そばのおいしさは水の良し悪しも重要な要素。富士山の湧水が豊富な忍野周辺でそばも良し。

お腹がすいたら、地元名物の吉田うどん?それとも名水自慢のおそば?
地図を見る

伝統ある神社であり、深い森を歩いているかのような参道も擁する、北口本宮冨士浅間神社。一年のスタートを切るのにふさわしい神社なので、初詣でも訪れてみたいもの。一年の始まりを、襟を正すような気持ちで迎えたければ、おススメの神社です。

そして初詣だけでなく、どの季節に訪れても、厳粛な雰囲気を味わえます。富士五湖周辺を訪れる際には、ぜひ参拝してみて下さい。

北口本宮冨士浅間神社の基本情報

住所:山梨県富士吉田市上吉田5558
電話番号:0555-22-0221
アクセス:中央道 河口湖IC(R139経由)より約5分

2020年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -