シモキタの温泉旅館「由縁別邸 代田」で1泊朝食ステイのすすめ!

シモキタの温泉旅館「由縁別邸 代田」で1泊朝食ステイのすすめ!

更新日:2020/12/05 10:37

渡辺 裕希子のプロフィール写真 渡辺 裕希子 子連れ旅・ひとり旅を愛するトラベルライター
下北沢から徒歩8分、世田谷代田駅から徒歩1分のところに誕生した温泉旅館「由縁別邸 代田」。本格的な和食が楽しめる夕朝食付きのプランも人気ですが、おすすめは手頃な1泊朝食プラン。チェックインして温泉に浸かった後に、浴衣姿でぶらりお散歩。近隣で食事や買い物を楽しんだら再び温泉で汗を流し、翌朝は美味しい旅館の朝食を堪能。旅館ステイと街ブラを組み合わせた、この旅館ならではの過ごし方を提案します。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)
プランをもっと見る

世田谷代田駅から1分の好立地

世田谷代田駅から1分の好立地

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

小田急線の地下化に伴い、東北沢駅から世田谷代田駅までの線路跡地を再開発する「下北線路街」が進んでいます。めざすのは、大型チェーン店が並ぶありきたりの街ではなく、シモキタらしい個性を大切にした街づくり。2020年10月に開業した「由縁別邸 代田」も、そんな個性あふれる施設のひとつ。築100年以上の世田谷のかやぶき屋敷から譲り受けた建具や景石を取り入れるなど、地域との“由縁”を大切にしたデザインがコンセプト。静かな住宅街に溶け込むように、ひっそりと佇んでいます。

世田谷代田駅から1分の好立地

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

石畳のアプローチを抜けてロビーに足を踏み入れると、そこは静寂の世界。フロント中央にある盆栽アートと陰影のある照明が、洗練された癒しの空間へといざないます。

世田谷代田駅から1分の好立地

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

チェックインを済ませたら、早速お部屋へ向かいましょう。建物は3階建ての低層建築。1階はレストランや温泉施設、2階が客室となっています。廊下や突き当たりなどあちらこちらにアート作品が展示され、足を止めてつい見入ってしまいます。

コンパクトながら落ち着ける、旅館の空間構成

コンパクトながら落ち着ける、旅館の空間構成

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

木製のカードキーを開けて、客室へ。こちらは3名まで利用できる「デラックスツイン」。今回おすすめする「1泊朝食付きプラン」の場合、3名利用で1泊1名1万5,000円〜と、手頃な価格で旅館ステイが楽しめます。1〜2名なら「スタンダードダブルルーム」が最安。どちらもコンパクトなつくりですが、板間と畳間があり、ほっとくつろげる雰囲気です。

ほかにも露天風呂付きや庭付き、メゾネットなどさまざまなタイプの客室があり、気分や予算に応じて選ぶ楽しみがあります。

コンパクトながら落ち着ける、旅館の空間構成

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

センスの良いモノに囲まれた客室で、しばしくつろぎのひとときを。世田谷代田はかつて、茶畑が広がっていた地域。各客室には、茶師十弾に認定されている日本茶鑑定士・大山拓郎氏によって厳選された緑茶とほうじ茶が用意されています。

各客室にはタブレットが置かれているのもユニーク。タッチするだけで、館内レストランのメニューや近隣の観光施設などにアクセスできます。お茶を楽しみながら、これからのプランを考えてみてはいかがでしょうか。

コンパクトながら落ち着ける、旅館の空間構成

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

オリジナルの紋刺繍が入った浴衣は、上品かつおしゃれ。館内はもちろん、浴衣姿で近くを散策するのもおすすめです。

箱根から運んだ天然温泉でゆったり

箱根から運んだ天然温泉でゆったり

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

ひと息ついたら、温泉施設へ向かいましょう。大浴場は白湯ですが、窓の向こうに広がる美しく整えられた中庭と、富士山の水音が流れるBGMに心癒されます。

箱根から運んだ天然温泉でゆったり

提供元:Photo:ナカサアンドパーナーズ

https://www.uds-hotels.com/地図を見る

ヒバの露天風呂は、箱根「小田急 山のホテル」の自家源泉「芦ノ湖温泉 つつじの湯」から運ばれた天然温泉です。泉質はアルカリ泉単純温泉。透明でぬめりがなく、さっぱりとした湯ざわりです。

女湯には、淡路島の香りアーティストIZUMIKAN氏プロデュースによるオリジナルアロマのミストサウナも用意されています(男湯はドライサウナ)。ヒバやヒノキの香りを楽しみながら心地よい汗を流す、ぜいたくなひとときが楽しめます。

箱根から運んだ天然温泉でゆったり

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

男湯と女湯の両方とつながっている休憩室は、待ち合わせ場所におすすめ。アロマの香りが漂うおしゃれな空間ですが、お楽しみは無料のアイスキャンデー! お風呂上がりに食べるアイスは格別で、ほどよくクールダウンしてくれます。

旅館からすぐの“商店街”で、食事&買い物を楽しもう

旅館からすぐの“商店街”で、食事&買い物を楽しもう

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

浴衣姿でぜひお出かけしたいのが、旅館から緑道を通って1分のところにある「BONUS TRACK」。ここは、2020年4月に開業したまったく新しい商店街。日本各地の発酵食品を集めた専門店や、世界の日記をコーヒーを飲みながら楽しめる書店、一点ものの古着やヴィンテージを扱うショップなど、個性豊かな14店が入居。下北沢まで足を運ばななくても、シモキタカルチャーの奥深さを存分に味わえます。

中央にはテーブルと椅子が並び、お店で買った食事や飲み物が楽しめます。

旅館からすぐの“商店街”で、食事&買い物を楽しもう

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

こちらは台湾のサブカルチャーを発信する「大浪漫商店」の魯肉飯。生姜を効かせた本格的な味わいで、あっという間に平らげてしまう美味しさ。テイクアウトもできるので、持ち帰って客室で食べるのおすすめです。

ほかにも、あきたこまちで作るおかゆやおでん、千葉県の農場で育った豚肉のコロッケ、新鮮なフルーツたっぷりのスムージーなど、多彩なグルメに舌鼓。

旅館からすぐの“商店街”で、食事&買い物を楽しもう

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

夜が更けるとイルミネーションが輝き、異国の屋台に迷い込んだ気分に。旅館までは歩いて1分ほど。時間を気にせず、のんびりと過ごせるのがうれしいですね。

待ちに待った“旅館の朝食”で、心地よい目覚め

待ちに待った“旅館の朝食”で、心地よい目覚め

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

宿に戻って再び温泉を楽しんだ後にも、まだまだ楽しみが待っています。夜9時から深夜1時まで、夜食のお茶漬けが無料サービスされるのです。焼きおにぎりにお茶をかけていただくと、やさしい味わいが体の隅々にまで染み渡ります。

待ちに待った“旅館の朝食”で、心地よい目覚め

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

ふかふかのベッドで熟睡した翌朝、「割烹 月かげ」へ。待ちに待った、朝食の時間です。高級感がある落ち着いた雰囲気に、期待が高まります。

待ちに待った“旅館の朝食”で、心地よい目覚め

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

テーブルに並ぶのは、品数豊富な和朝食。世田谷寿豆腐店の湯豆腐、有機野菜のサラダやローストビーフ、加賀美人蓮根のきんぴらなど、一品一品にこだわりが感じられます。ご飯は、“幻の米”と呼ばれている長野県飯田産のこしひかり。わさび漬けやじゃこの有馬煮、明太子など”ご飯のおとも”も多彩で、箸が進みます。

ドリンクは水出し緑茶ほうじ茶、ジュース、コーヒーなどがあり、どれもお代わり自由。とくに水出し緑茶は料理との相性がよく、おすすめです。

温泉&街ブラを気軽に楽しむ、都内旅へ出かけよう

温泉+お茶と甘味を楽しむ日帰りプランもあり、こちらも地元の人々を中心に人気。2021年春には、敷地内に本格的なSPA温浴施設もオープンする予定です。

再開発で生まれ変わった世田谷代田と、世界で一番クールな街に選ばれた下北沢の両方を楽しめる、「由縁別邸 代田」。街ブラと旅館ステイの“良いところどり”ができる1泊朝食付きプランで、気軽に楽しんでみませんか?

2020年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見る
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/11/05−2020/11/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -