三浦半島の海に囲まれた「佐島マリーナホテル」で癒しステイ

三浦半島の海に囲まれた「佐島マリーナホテル」で癒しステイ

更新日:2020/12/03 13:22

Kaycom Dのプロフィール写真 Kaycom D 秘境絶景トラベルライター
神奈川県三浦半島の天神島にある「佐島マリーナホテル」は、周りを海に囲まれたマリンリゾート「佐島マリーナ」のホテル。客室は全室オーシャンビューで、レストランや大浴場からも相模湾を一望できます。
また、ホテルの建つ天神島は、徒歩で巡ることができ、たくさんの海浜植物や海岸動物を見ることが可能。海越しの富士山や、水平線に沈む夕日は素晴らしく、夜は星空も綺麗です。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

海に囲まれた「佐島マリーナホテル」

海に囲まれた「佐島マリーナホテル」

提供元:佐島マリーナ株式会社

https://hpdsp.jp/sajima-hotel-south-of-hayama/地図を見る

「佐島マリーナホテル」は、神奈川県三浦半島の天神島※に建つホテル。1965年創業の歴史あるマリンリゾート「佐島マリーナ」内に、宿泊できる海のランドマークとして1971年に併設されました。

写真で見てもわかる通り、周りを完全に海に囲まれた小島にあり、海好きにはたまらないロケーション。ここから見る相模湾に沈む夕日は絶景です。

※「天神島」については、関連MEMOに記載の『三浦半島の小さな島「天神島」の見所と絶景ポイント紹介!』を参照してください。

海に囲まれた「佐島マリーナホテル」

写真:Kaycom D

地図を見る

このホテルは、海を航海する客船をイメージしたデザインとなっていて、ちょっと離れて見ると確かに船のよう。

海に囲まれた「佐島マリーナホテル」

写真:Kaycom D

地図を見る

ホテルの麓には、たくさんの海浜植物や海岸動物が生息する「天神島臨海自然教育園」※が広がり、沿岸を散策することができます。

このエリアは、南方系海浜植物ハマオモト(ハマユウ)が生息する北限地で、神奈川県の天然記念物及び名勝にも指定。夏には、可憐な白い花を咲かせます。

※「天神島臨海自然教育園」については、関連MEMOに記載の『三浦半島の小さな島「天神島」の見所と絶景ポイント紹介!』を参照してください。

全室オーシャンビューの客室

全室オーシャンビューの客室

提供元:佐島マリーナ株式会社

https://hpdsp.jp/sajima-hotel-south-of-hayama/地図を見る

ホテルの客室は、全28室でツインルームや和室など7タイプが用意されています。
一番コンパクトなツインルームでも28平方メートルの広さがあり、リゾートホテルらしいゆったりとした造り。
※写真はスイートルーム

全室オーシャンビューの客室

写真:Kaycom D

地図を見る

全ての部屋は、ベランダ越しに相模湾が見えるオーシャンビューで、部屋の位置によっては富士山の眺望も!

窓を開ければ、波の音と共に爽やかな潮風が吹き込み、普段の忙しい日常を忘れて癒されること間違いなし。
窓際にテーブルと椅子を置いて、読書をしたり一杯楽しむのもいいですね。

海に沈む夕日が絶景の展望大浴場

海に沈む夕日が絶景の展望大浴場

提供元:佐島マリーナ株式会社

https://hpdsp.jp/sajima-hotel-south-of-hayama/地図を見る

展望大浴場からの眺めも素晴らしく、特に夕暮れ時には海に沈む真っ赤な夕日を見ながら入ることができます。

海に沈む夕日が絶景の展望大浴場

提供元:佐島マリーナ株式会社

https://hpdsp.jp/sajima-hotel-south-of-hayama/地図を見る

浴場には、小窓から海が見えるサウナも併設。
※現在は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため利用中止

<浴場の利用時間>
平日:7:00〜9:00、16:00〜24:00
土曜:7:00〜9:00、15:00〜24:00
日曜・祝日:7:00〜9:00、12:00〜24:00

地魚や三浦野菜が美味しい「ベイサイドレストランカフェ モア」

地魚や三浦野菜が美味しい「ベイサイドレストランカフェ モア」

写真:Kaycom D

地図を見る

ホテル3階にある「ベイサイドレストランカフェ モア」は、地元佐島港で水揚げされた新鮮な魚介類や、採れたての三浦野菜を使った料理が楽しめるレストラン。

海に面した店内からは、もちろん相模湾が一望でき、天気の良い日には、富士山や伊豆半島、江ノ島、伊豆大島などを見渡すことができます。

地魚や三浦野菜が美味しい「ベイサイドレストランカフェ モア」

提供元:佐島マリーナ株式会社

https://hpdsp.jp/sajima-hotel-south-of-hayama/地図を見る

ランチやディナーでは、四季折々の食材や葉山牛を使った西洋料理と和食御膳がいただけます。

ディナーでの人気コースは、魚と肉料理が両方楽しめる料理長おすすめの定番フレンチディナー。
クリスマスやお正月などのイベント時には、その時だけの限定メニューも用意されます。

毎週土曜日のディナータイムにはピアノの生演奏もあるので、ぜひ時間をあわせて訪れてみてください。

<ピアノの生演奏の時間>
第1部:18:30〜
第2部:19:30〜
※諸事情により演奏を中止する場合あり

地魚や三浦野菜が美味しい「ベイサイドレストランカフェ モア」

写真:Kaycom D

地図を見る

朝食は、朝日がサンサンと差し込む店内で、卵料理や野菜たっぷりの洋食プレートセットをいただくことができます。パンや一部のメニューは食べ放題!
※和食を希望の場合は、宿泊日の前日までにホテルへ連絡

ホテルの付帯施設

ホテルの付帯施設

写真:Kaycom D

地図を見る

ホテルの前にはハーバー施設があり、クルーザーやヨットが停泊。部屋によっては、船をハーバーに係留する様子などをベランダから見ることができます。
ホテル一階は、佐島マリーナの船を利用するためのハーバーフロントで、メンバー専用のエリア。

また、ホテルエントランスの脇には、相模湾が一望できるシーサイドプールが併設。大人用の大きなプールの他、深さ50センチメートルの幼児用プールもあり、宿泊者以外でも利用可能です。
※夏季のみ営業

ホテルの付帯施設

写真:Kaycom D

地図を見る

ホテルのロビーにあるショップ「プチ340」では、マリンブランド「ストリームトレイル」や、ノルウェーブランド「ヘリーハンセン」などのマリン用品の他、佐島オリジナルレーズンサンドセット、葉山のラ・マーレド・チャヤのお菓子など、地元の特産品を買うことができます。

「佐島マリーナホテル」の楽しみ方

ホテルのある天神島は、徒歩で巡れるほど小さな島で、賑やかな繁華街や高層ビルなどもない静かな環境です。
そのため、大人数でわいわい騒ぐというよりは、部屋やお風呂で海を眺めながらのんびりしたり、ホテルからすぐの公園を散歩したりと、癒し系の過ごし方がおすすめ。
人口の灯りが少ないので、夜には星も綺麗に見えますよ!

駐車場は100台収容(無料)可能で、電気自動車用充電器設備も完備。
JR横須賀線逗子駅のバス2番のりばから「佐島マリーナ入口」行きバスも出ています。

2020年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/11/14−2020/11/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -