沖縄の注目スポットにある「マンゴーリゾート沖縄北谷」でスマートなステイを

沖縄の注目スポットにある「マンゴーリゾート沖縄北谷」でスマートなステイを

更新日:2020/11/25 13:51

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家
リゾート地である沖縄には様々な表情があります。美しい自然や独自の伝統文化など魅力多き南国にあって新しく注目されるエリアもあります。“北谷町”もそんな場所のひとつで、中でも“アメリカンビレッジ”は外国のような異色のスポット。今回は北谷を満喫できるリーズナブルな「マンゴーリゾート沖縄北谷」を紹介します。気軽に利用出来る機能性高いシステムをはじめ、マンションに住まうような滞在できる利便性高きホテルです。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)
プランをもっと見る

本島観光に便利な北谷に泊まる

本島観光に便利な北谷に泊まる

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

マンゴーリゾート沖縄北谷のある北谷町は、那覇のある本島南部からのアクセスはもちろん、北部への玄関口としても便利な位置にあります。北谷町自体も観光地としてのポテンシャルは高く、「美浜アメリカンビレッジ」「サンセットビーチをはじめ」、嘉手納基地や最近話題の「イオンモール沖縄ライカム」なども数キロ圏内です。

本島観光に便利な北谷に泊まる

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

そんな北谷町は観光や遊びも満喫できる場所にして、沖縄観光の宿泊先として充分候補になる場所です。リゾートホテルからビジネスホテルまで数多くの宿泊施設が立地しますが、そんな北谷町に全室コンドミニアムで2018年5月オープンしたのがマンゴーリゾート沖縄北谷です。

本島観光に便利な北谷に泊まる

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

海から徒歩6分、サンセットビーチから1.6kmという立地は何より魅力的。短期のステイはもちろんですが、長期滞在にも便利な宿で、観光はもちろんビジネスにも使いやすいアパートメントタイプの施設です。

住まうようにステイする

住まうようにステイする

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

マンゴーリゾート沖縄北谷の客室には、バスルームやテレビや冷蔵庫など一般のホテルと同様の設備はもちろん備わっていますが、他のホテルとちょっと異なるのがキッチンや電子レンジなどが備わっていること。そう、マンションに住まうように滞在できるのです。

住まうようにステイする

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

こうした雰囲気は自宅にいるようなくつろぎを演出してくれます。非日常感はホテルの魅力ですが、時に緊張した空気を感じることもあります。そうした点でもマンションタイプのコンドミニアムであれば、終始リラックス度高い滞在ができそうです。

スマートな利用ができる

スマートな利用ができる

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

そうそう、チェックインも普通のホテルとはちょっと異なります。エントランスのインターホンでスタッフとやりとりしオートロックの暗証番号を教えてもらいます。最初は戸惑いますが慣れてしまえば普通のホテルよりも時短で手続き完了。合理的で利便性も高いマンゴーリゾート沖縄北谷です。

スマートな利用ができる

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

駐車場もエントランス横の敷地内に平面で用意されており、重たい荷物がある時でもスムーズに運ぶことができます。入り口から建物に入るとすぐにエレベーターがあり、客室フロアでもエレベーターからドアまで至近でスムーズな動線が確保されています。

使いやすい間取り

使いやすい間取り

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

マンゴーリゾート沖縄北谷は全15室。客室タイプはスタンダードダブルルーム、ハリウッドツインルーム、デラックスツインルーム、ファミリールームとひとり旅からファミリーまで、様々な旅のシーンでフレキシブルにセレクトできそうです。

使いやすい間取り

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

シングルユース向きのスタンダードダブルルームは広さ17平方m、ベッドタイプはダブルベッドを採用しています。広々したハリウッドツインルームは28平方m、デラックスツインルーム、さらに広い33平方mで快適な利用ができそうです。ファミリーにおすすめなのがその名もファミリールーム。限定1室3LDK、なんと90平方mもあるので、家族や気の合う仲間などで楽しくステイできそうです。バルコニーがあるのもマンションタイプならではでしょう。

チェックイン15時〜最終チェックイン23時、チェックアウト10時です。アメニティはシャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、バスタオルが揃っています。

アメメカンビレッジにはぜひ行きたい!

アメメカンビレッジにはぜひ行きたい!

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

北谷の観光で外せないのが「アメリカンビレッジ」です。本島に多くの注目スポットがある中でも最近特に脚光を浴びているエリアで、海とショッピング、グルメが欲張りに楽しめると人気のタウンです。

ショップだけでおよそ80軒。様々なジャンルの個性派ショップも多くあり、いま沖縄でもっとも流行が生まれる場所としても感性の高い人々から注目を集めています。もちろん沖縄みやげを買うのも困りません。ショッピングやグルメを楽しみつつ、サンセットビーチ海を散歩すればリゾートの気分も高揚すること間違いなし。

アメメカンビレッジにはぜひ行きたい!

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

また、幹線道路沿いには総合スーパーやホームセンターもあり、長期のホテルステイにも助かるシーンが多々ありそう。

客室で洗濯も!

特に長期の旅で洗濯物をどうするのかはポイントになります。ホテルであればコインランドリーなども活用出来ますが有料というケースも多くあります。マンゴーリゾート沖縄北谷はコンドミニアムということで客室に洗濯機が備えられており、なんと洗剤まで用意されています。もちろん無料で利用出来ます。

2020年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見る
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/09/09−2020/09/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -