鳥のおみくじや手水も!京都市「粟田神社」のお茶目な魅力

鳥のおみくじや手水も!京都市「粟田神社」のお茶目な魅力

更新日:2020/12/07 16:44

古都の U助のプロフィール写真 古都の U助 ブロガー
「粟田神社」がある粟田口鍛冶町は、京都の重要な出入口であることから多くの旅人が旅の安全を祈った場所。また、一帯は古くは多くの刀匠が住んだ場所としても知られています。
そんな粟田神社では2020年の夏に新しく宝物殿が完成し、神社に伝わる刀剣や、祭具を見学することができるようになりました。また、可愛い鳥さんのおみくじや、他ではちょっと見られない、一風変わった「手水」の様子もご紹介します!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

都の玄関 粟田口

都の玄関 粟田口

写真:古都の U助

地図を見る

京都市東山区にある、三条通りに面して建つ粟田神社の一ノ鳥居をくぐり、少し南に歩いて行くと、二ノ鳥居と高台にある粟田神社境内へと続く石段が見えてきます。

この石段の上り始めの辺り、左側には刀工・三条小鍛冶宗近や、粟田口藤四郎吉光、作金者(かなだくみ)の祖であり天目一箇神を祀る「鍛冶神社」があります。近年は人気オンラインゲーム『刀剣乱舞』の影響もあって、随分参拝する人の姿が増えました。

都の玄関 粟田口

写真:古都の U助

地図を見る

石段沿いは四季の植物も美しく、特に秋の紅葉は参道をトンネルのように紅葉が囲み美しい光景となります。また、晩秋から冬場は南天やゆずの実も見ることができ、真冬ともなれば年に数回見られる雪景色もとても絵になります。が、くれぐれも階段では足元に気をつけていただきたいと思います。

都の玄関 粟田口

写真:古都の U助

地図を見る

その参道石段沿いには狛犬のほか神馬像もみることができます。粟田神社の境内がある粟田口は、京都の東の出入り口に当たることから古くから旅行安全の神としても信仰を集めているのです。

粟田神社「本殿」

粟田神社「本殿」

写真:古都の U助

地図を見る

粟田神社本殿(左の建物)では、スサノオノミコトとオオナムチノミコトが主祭神として祀られ、厄除け・病除けの神として信仰を集めてきました。

粟田神社「本殿」

写真:古都の U助

地図を見る

本殿の左手側からは、京都市内の展望を見ることができます。平安神宮の大鳥居や、比叡山、黒谷の丘陵地帯など、京都を代表とする名所をいくつも確認することができます。

宝物殿と神楽殿

宝物殿と神楽殿

写真:古都の U助

地図を見る

写真左側の建物が2020年の夏に完成した宝物殿です。神社がある一帯は粟田口派とよばれる刀工たちが腕をふるった土地。宝物殿には神社に伝わる刀剣や、江戸時代に神社近隣で盛んに製作された粟田焼と呼ばれる焼き物、また例年10月に行われる粟田祭で使用される祭具などが展示され、無料で見学することができます。

宝物殿と神楽殿

写真:古都の U助

地図を見る

そして宝物殿のお隣、神楽殿には粟田祭の世渡り神事で市内を練り歩く粟田大燈呂のオブジェも展示されています。粟田大燈呂は今からおよそ180年ほど前、一旦途切れてしまったのですが、平成20年より京都造形芸術大学の協力のもと復活。
2020年は規模を縮小して祭事が行われたためお休みしましたが、この粟田大燈呂は青森のねぶたのルーツともいわれる灯篭でできた山車のことです。
お祭については別記事でも紹介していますので、ぜひ見てくださいね。

可愛い鳥のおみくじ

可愛い鳥のおみくじ

写真:古都の U助

地図を見る

粟田神社といえば近年の刀剣ブームもあり、おりにつき授与される刀剣をモチーフとしたご朱印も評判ですが、おみくじも可愛い!と人気があります。しかもお値段は100円なので、大吉が出るまでつい引いてしまいたくなりそうです。

可愛い鳥のおみくじ

写真:古都の U助

地図を見る

もし希望の結果でなかったとしても、結ばれたおみくじも鳥が木に止まっているようで可愛らしく、なんだか微笑ましい気持ちになれることでしょう。

期間限定のお楽しみ!?粟田神社の「手水」

期間限定のお楽しみ!?粟田神社の「手水」

写真:古都の U助

地図を見る

2020年は花手水が行われる寺社が急増した年でもありましたが、中には粟田神社のような変り種も。一時はこちらの手水は利用を停止していたこともありましたが、その際氏子さんが参拝者の心が和むようにと、この小さなアヒルさん達を持ってきてくれたそうです。

期間限定のお楽しみ!?粟田神社の「手水」

写真:古都の U助

地図を見る

手水鉢の鳥さんたちはその日によって日向ぼっこをしたり、円陣を組んだりと楽しそう。おみくじとの組み合わせも良い感じですね。

2020年12月現在、こちらの手水は近づくと自動式で水は出ますが、ひしゃくは用意されておりません。口をすすぐのは避け、手を清めるだけにとどめておきましょう。きっと神様も、多めに見てくれることでしょう。

※手水のアヒルさんは状況によって柄杓と交代することもあります。

粟田神社の基本情報

住所:京都府京都市東山区粟田口鍛冶町1
電話番号:075-551-3154
アクセス:
京都市営地下鉄・東西線「東山駅」下車、東へ徒歩約7分
東西線「蹴上駅」下車、西へ徒歩約7分
京都市営バス「神宮道バス停」下車、徒歩約5分

授与所対応時間:8:30〜17:00
宝物殿見学時間:8:30〜16:30(不定休、入館無料)

2020年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/11/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -