文豪達が愛した国登録有形文化財カフェ!横浜「カフェ金澤園」

文豪達が愛した国登録有形文化財カフェ!横浜「カフェ金澤園」

更新日:2020/12/10 13:51

佐原 ねおのプロフィール写真 佐原 ねお フリーライター、旅リサーチャー
江戸時代、歌川広重が浮世絵で描いた横浜・金沢八景エリアには、明治期に建設された日本家屋で軽食が食べられる「カフェ金澤園」があります。国登録有形文化財である入母屋造りの木造建築は、かつて与謝野晶子や高浜虚子といった文豪たちも訪れていた歴史ある建物。歴史博物館のような雰囲気の中で、タルトやオムレツといった軽食を楽しむことができますよ!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

国登録有形文化財「金沢園」がカフェに!

国登録有形文化財「金沢園」がカフェに!

写真:佐原 ねお

地図を見る

日本最古の武家文庫と言われる神奈川県立金沢文庫の程近く、横浜市金沢区柴町には金沢園という木造建築の日本家屋があります。昭和初期には与謝野晶子、高浜虚子といった時代を代表するような文豪たちが愛した旗亭(きてい・宿泊ができる料亭)で、弓道場や遊覧船などもあるレジャー施設でもありました。現在、この明治期に築かれた建物の中では、カフェがオープンしています!

2階建て入母屋造りのカフェ金澤園は、昭和4年に品川から運ばれてきたという建物。2004年には国の登録有形文化財になった、とても風情ある佇まいが特徴です。博物館のような荘厳さもありながら、実は人気ドラマなどのロケ地としても使われているようなオープンな場所。2020年5月まで数年間違う経営者の元で旅館として使われていましたが、同年9月からカジュアルスタイルのカフェとして装い新たにオープンしているのです。

国登録有形文化財「金沢園」がカフェに!

写真:佐原 ねお

地図を見る

金沢園自体の創業は、桜木町付近で営まれていた料亭満月を前身として今から100年以上前の大正5年。関東大震災後に今の金沢区に拠点を移し、品川にあった建物を解体して海で運んで立て直したという、とても深い歴史のあるお店です。2階の大広間は与謝野晶子が歌を詠んだり、ドラマ撮影にも使われたりする部屋。ロケなどで使用されていなければ2階の座敷で飲食することも可能です!

国登録有形文化財「金沢園」がカフェに!

写真:佐原 ねお

地図を見る

座敷の外側は格子状の窓ガラスが広く張りめぐらされ、とても開放感のある空間。広間からは庭が見渡せ、梅や桜の季節には広間からお花見しながら食事をすることができますよ。1階はテーブル席とカウンター席の洋風スタイルで、正座が苦手な人にも安心です!

純和風な建物の中で食べられる軽食やタルト

純和風な建物の中で食べられる軽食やタルト

写真:佐原 ねお

地図を見る

まるで博物館の中に入り込んだような雰囲気のカフェ金澤園では、外観からは想像もできないようなリーズナブルな料金でオムレツやパスタが食べられます。もちろんカフェだけの利用も可能で、タルトやドリンクが楽しめます。上の写真はオムレツデミグラスソースで、ハーフサイズの自家製タルトをセットにしたものです。

タルトはバナナやクルミといった定番メニュー以外に、季節のタルトがメニューに加わります。かつて料亭として栄えていた場所で、街中のカフェと同じような料金の食事ができるのはとてもありがたいですね。

純和風な建物の中で食べられる軽食やタルト

写真:佐原 ねお

地図を見る

金沢園は過去に海軍の指定旅館だった歴史があったことにちなんで、「海軍さんの珈琲」という過去に海軍で飲まれていた、幻のコーヒーを再現したコーヒー豆を使用しています。またタルトセット注文時についてくるティーカップは、海軍に支給されていたものを再現したもの。歴史に思いを馳せながら飲むコーヒーは、香ばしくて味わい深いです!

海まで歩いて数分!家族旅行でも使えるカフェ

海まで歩いて数分!家族旅行でも使えるカフェ

写真:佐原 ねお

地図を見る

海が近いカフェ金澤園の辺りは、歌川広重が金沢八景として描いた、風光明媚の地として江戸時代にも栄えていた行楽地。近隣には旧伊藤博文別邸や称名寺もあるので、車か電車で行くならいっそ着物や浴衣で出かけてみたいところですね。カフェ金澤園の入口には竹も生い茂り、外も和の雰囲気を醸し出しています。

八景島シーパラダイスなどのレジャー施設や歴史スポットに囲まれたカフェ金澤園の周辺は、家族旅や女子旅、大人のデート旅にも使えるスポットです。子供連れにも嬉しいキッズメニューも用意されていますよ。お店は閉まるのが少し早いので、注意してくださいね。週末の朝は10時半までモーニングもやっています!

カフェ金澤園の基本情報

住所:神奈川県横浜市金沢区柴町46
電話番号:045-701-8664
アクセス:シーサイドライン「海の公園柴口駅」より徒歩5分
定休日:火・水(祝日は営業)
営業時間:平日10:30〜15:00(14:30LO)、土日8:30〜16:00(15:30LO)

2020年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -