横浜港の隣・新山下にLAスタイルの白砂ビーチ!「Teafanny」

横浜港の隣・新山下にLAスタイルの白砂ビーチ!「Teafanny」

更新日:2020/12/08 13:51

佐原 ねおのプロフィール写真 佐原 ねお フリーライター、旅リサーチャー
横浜の新山下にある「Teafanny」は、LAスタイルのビーチガーデンが広がる写真スポット。SNSを中心に話題となっていて、遠方からわざわざ写真を撮りに来る人も少なくありません。結婚式などイベント会場として使われることが多いですが、実はカフェだけで気軽に利用ができるのです。港の見える丘公園を散策しながらアクセスでき、横浜観光の定番・山手エリアも近いので、写真旅、女子旅、デート旅に最適です!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

元町・新山下にLAスタイルのビーチガーデン!

元町・新山下にLAスタイルのビーチガーデン!

提供元:Teafanny

http://www.teafanny.jp/地図を見る

横浜元町にほど近い新山下は、横浜港が広がる港町。実はその港町の一角に、アメリカ西海岸のリゾート地をイメージしたホワイトサンドビーチがあるのです。それが今回ご紹介する「Teafanny(ティファニー)」。真っ白な建物の中庭には、LAのプライベートビーチさながらのビーチガーデンが広がり、リゾート気分満載です。

人工的に造られた白砂の水辺は、ヤシの木やビーチベッドが配置されて、とても日本の街中にある景色とは思えないビーチシーン。流行に敏感な女子達の間でSNSを中心に話題となり、遠方から訪ねてくる人もいるほどの人気スポットとなっています。ウエディングや撮影スタジオとしても人気のある「THE BEACH YOKOHAMA(ザ・ビーチ・ヨコハマ)」内にあるのですが、カフェ利用のみでも気軽に入って写真を撮ることができるようになっています!

フォトジェニックカフェ「Teafanny」

フォトジェニックカフェ「Teafanny」

提供元:Teafanny

http://www.teafanny.jp/地図を見る

カフェ「Teafanny」では、オーガニック素材を使ったドリンクやクレープが楽しめるようになっています。全粒粉を使ったクレープは、食事系からスイーツ系までカラフルなお皿に載って写真映えするものばかり!写真はサーモンサラダのクレープです。

フォトジェニックカフェ「Teafanny」

写真:佐原 ねお

地図を見る

Teafannyの店内はどこもかしこもイチイチかわいくて、どの席に座るか迷ってしまうほど。店の外にはベンチスタイルのブランコもあり、女子旅で訪れたら色んなところで写真を撮りたくなりますよ。

ビーチガーデンでは飲食できないですが、撮影用のみドリンクを持ち込むことは可能です。屋外、室内全てのところがフォトスタジオのようになっているので、インスタ旅にも最適!いつの間に海外に行ってたの?と言われそうな写真が撮れますよ。

冬でも南国リゾート気分!カフェ「Teafanny」

冬でも南国リゾート気分!カフェ「Teafanny」

提供元:Teafanny

http://www.teafanny.jp/地図を見る

横浜新山下にあるTeafannyは、オールシーズン南国のようなリゾート感が広がって、店内もかわいらしく、思わずSNSで自慢したくなるようなオシャレスポット。常夏のビーチガーデンで、ドリンク片手にプチリゾートできますよ。

冬でも南国リゾート気分!カフェ「Teafanny」

写真:佐原 ねお

地図を見る

周辺は元町、山手エリアなど横浜観光も楽しめる場所にあるので、女子旅、写真旅、デート旅に特におすすめのスポットです!貸切になっていると使えない時もあるので、行く前にInstagramでチェックしてみてくださいね。

アクセスは港の見える丘公園を散策しながら!

アクセスは港の見える丘公園を散策しながら!

提供元:横浜市環境創造局 南部公園緑地事務所 都心部公園担当

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukur…地図を見る

Teafannyは、みなとみらい線「元町・中華街駅」から歩いて15分の港に近いところにあります。歩いて15分というと少し距離があるように感じますが、実は港の見える丘公園を通っていくと、観光しながら行けるのでそんなに遠く感じません。

港の見える丘公園は、その名の通り丘からの港の眺望がよく、港に架かる横浜ベイブリッジを広く見渡すことができます。縦に長い公園なので、端から端まで通り抜けるように歩いて行けます。

アクセスは港の見える丘公園を散策しながら!

写真:佐原 ねお

地図を見る

また春や秋にはバラ、桜、紅葉など、四季折々の景色を楽しんで散策することができるスポット。特に開港後に横浜から日本各地へ広まったと言われるバラは横浜市の花でもあり、春と秋には公園の至る所にバラが咲き乱れていますよ。

アクセスは港の見える丘公園を散策しながら!

写真:佐原 ねお

地図を見る

帰りは遠回りで山手観光をして駅まで歩くのもありですよ。海外の斬新なリゾート感のあるTeafannyから、歴史と伝統を感じる西洋館めぐりという、新しいものと古いものの魅力が混在しているのがとても横浜らしいコースです。もちろんずっと歩かなくても、「見晴橋」というバス停から歩いて1分なので、バスを利用することもできますよ!

Teafannyの基本情報

住所:神奈川県横浜市中区新山下3丁目2−5
電話番号:045-625-1661
アクセス:みなとみらい線「元町・中華街駅」徒歩15分
休み:年末年始 *ウエディング、撮影により変更あり

2020年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -