沖縄「首里琉染」の貴重なサンゴ染め体験で一点もののお土産を!

沖縄「首里琉染」の貴重なサンゴ染め体験で一点もののお土産を!

更新日:2020/12/12 10:54

大坪 ともみのプロフィール写真 大坪 ともみ トラベルフォトブロガー
沖縄の青く美しい海で育ったサンゴがその命を終え、浜に打ち上げられた化石。そのサンゴの化石を使った優しい風合いの染色技法「サンゴ染め」が那覇にある工房「首里琉染」から誕生しました。
そんなサンゴ染めが気軽に楽しめる「サンゴ染め体験」は、様々な形、模様のサンゴの化石と染料を使い、素材を自分のセンスで染めていくというもの。形と色の組み合わせは無限大なので、世界で一つの作品を旅行の記念として持ち帰れます。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

まずはサンゴ染めしたい素材を選ぶ

まずはサンゴ染めしたい素材を選ぶ

写真:大坪 ともみ

地図を見る

首里琉染で体験できる「サンゴ染め」は、浜に打ち上げられたサンゴの化石に、布製の素材をかぶせて染料をのせて好みの色や形に染めていく制作過程を楽しめます。

サンゴ染め体験では、まず、どの素材に染めていきたいかを決めます。素材には普段使いしやすいTシャツやトートバックや、ハンカチ、日本で昔から愛用されている風呂敷や、手ぬぐい、それから新しい生活スタイルで活躍しているマスクがあります。

まずはサンゴ染めしたい素材を選ぶ

写真:大坪 ともみ

地図を見る

選んだ素材にどのようにデザインしていこうか、何となくイメージをしておくと、サンゴ染体験が始まった時にスムーズに作業に入れます。
首里琉染の店内には、サンゴ染めの作品が展示販売されていますので、体験の時間まで色々見てみるのがお勧めです。

いざ、サンゴ染め体験!

いざ、サンゴ染め体験!

写真:大坪 ともみ

地図を見る

サンゴ染め体験では、制作時間が50分用意されています。制作時間外で首里琉染のスタッフから、サンゴ染めの方法について説明があります。

サンゴの化石を素材に固定し、赤、青、黄、紫の4色の染料を使って色をのせていきます。素材にのせた染料は、すぐに乾きます。
スタッフが実際に道具を使用して実演して下さるので、とても分かりやすくて丁寧です。

いざ、サンゴ染め体験!

写真:大坪 ともみ

地図を見る

また、4色の染料の重ね方で色が増えるので、「黄色をのせた後に青を重ねると緑ができます。黄色に赤を重ねるとオレンジになります。」と色彩についても説明があります。

色については、テーブルに見本の用紙が用意されているので、確認しながら染めの作業が行えます。

いざ、サンゴ染め体験!

写真:大坪 ともみ

地図を見る

サンゴ染めで使用するサンゴの化石は、大小さまざまな形のものが7〜8個用意されている他、沖縄では家の守り神として玄関や屋根に置かれているシーサーをかわいくデザインした型や、海の生物の代表ともいえるお魚の型もあり、お子様にも喜ばれそうです。

染めの作業はとてもカンタン。小さなお子様でも楽しめます!

染めの作業はとてもカンタン。小さなお子様でも楽しめます!

写真:大坪 ともみ

地図を見る

実際にサンゴ染めの作業を開始。
好みのサンゴの化石に素材を被せて染料をのせていきます。染料のついたスポンジでゴシゴシこすると、サンゴの模様が浮かび上がってきます。

説明を受けた通り、素材にのせた染料はすぐに乾くので、小さなお子様でも体験しやすくて魅力的です。もし、染料が手についてしまっても、用意されているお手拭きで拭きとれます。

染めの作業はとてもカンタン。小さなお子様でも楽しめます!

写真:大坪 ともみ

地図を見る

創作やデザインが得意な方は、自身の感性のままどんどん作業を進められるでしょうけれど、どうデザインをしていけばよいのか迷ってしまうという方もいらっしゃるはず。

そんな時は、体験スペースのあちこちに、サンゴ染めの作品が飾られているので、それらの作品を見て真似していくというのがお勧めです。最初は戸惑ってしまっていても、いくつかサンゴの模様を重ねて行くうちに、染めていく作業自体が楽しくて、次から次へと染めの作業が続いていきます。

そのためか、グループでサンゴ染め体験をする方も多いのですが、皆さん会話がほぼないまま、染めの作業に“全集中”なのですよ。

染めの作業はとてもカンタン。小さなお子様でも楽しめます!

写真:大坪 ともみ

地図を見る

最後の仕上げは、自宅にて行います。
サンゴ染めは、汗や雨といった水分で色落ちしてしまうため、作品を使用する前にアイロンをかけます。旅先の体験の延長が自宅で行えるというのも面白いのではないでしょうか。

アイロンをかけて仕上げた作品は、洗濯も可能です。
普段使いできるサンゴ染めの作品、ぜひ世界でたった一つの作品をお持ち帰りください。

もちろん首里琉染の職人さんの作品も購入可能

もちろん首里琉染の職人さんの作品も購入可能

写真:大坪 ともみ

地図を見る

首里琉染では、サンゴ染め体験スペースの他、職人さんが制作した作品を購入することができるショップスペースが併設されています。

優しい風合いのサンゴ染め技法の作品の他、サンゴモチーフがモダンなデザインで表現されている、首里琉染オリジナルブランド「KANA-SANGO」、また、沖縄の伝統工芸品の一つである紅型の作品もあります。

もちろん首里琉染の職人さんの作品も購入可能

写真:大坪 ともみ

地図を見る

沖縄の美しい自然から生まれた様々なデザインの作品を手に取ってみて下さいね。

首里琉染へのアクセス

首里琉染へのアクセス

写真:大坪 ともみ

地図を見る

首里琉染は、首里城から歩いて5分程の場所にあります。かつて、首里へ入るための第一の門である中山門(ちゅうざんもん)があった場所に首里琉染はあります。

近くには世界文化遺産である「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つ、玉陵(たまうどぅん)もあります。

貴重なサンゴ染め体験のあとは、ぜひ首里の散歩をお楽しみください。

首里琉染の基本情報

住所:沖縄県那覇市首里山川町1-54
電話番号:098-887-3125
アクセス:沖縄バス「首里城前」バス停から徒歩5分
駐車場有

2020年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -