酒×瀬戸内×スパイス!?広島「山椒魚」の絶品コース

酒×瀬戸内×スパイス!?広島「山椒魚」の絶品コース

更新日:2020/12/10 14:37

なおぢ はるみのプロフィール写真 なおぢ はるみ 旅するデザイナー
日本酒とスパイスのマリアージュという斬新なコンセプトで、食通が通う名店として話題沸騰中の広島「山椒魚」。ミシュランと並ぶ権威ゴ・エ・ミヨのPOPに選ばれているだけあって、一度行くとはまる魅惑のコース料理は絶品! 瀬戸内の厳選食材を使ったコース料理の魅力を、ドドーンとご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

オーナーは世界中を旅した現役カメラマン

オーナーは世界中を旅した現役カメラマン

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「山椒魚」は、原爆ドームから歩いて10分ほどの場所にあり、広電・土橋駅が最寄り駅。カウンターだけの小さなお店で、超人気店なので、予約必須です。

オーナーは世界中を旅した現役カメラマン

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「山椒魚」を切り盛りする2人のオーナーは、なんと現役カメラマン! 2人は撮影で世界中を旅し、世界中の食文化に触れてきました。中でも東南アジアの料理が美味しくて、日本に帰ってきてからの2人の食卓は、スパイス料理を肴にお酒を楽しむスタイルが定着したそうです。

そんな2人の食卓を再現したのが、「山椒魚」のメニュー。料理担当の女性は、過去に2冊も料理本を出版している実力です!

オーナーは世界中を旅した現役カメラマン

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

日本酒とスパイスのマリアージュを提案するだけあって、選りすぐりの日本酒が揃っています。広島ではここでしか飲めない蔵元の銘酒もあって、どれも魅力的! 迷ったら日本酒担当の男性に相談してみましょう。

広島食材のポテンシャル

広島食材のポテンシャル

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「山椒魚」の料理は、コロナ以降、お任せのコースのみ。ドリンクを注文したら、お酒のペースに合わせて運ばれてくる料理をゆっくり味わいます。
さりげなく山椒魚のカタチをした箸置きが、粋な演出です。

広島食材のポテンシャル

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「山椒魚」コース料理の魅惑ポイントは、地元でしか流通しない食材に出会えること。新鮮な食材が揃う土地でありながら、希少さゆえ他県まで届かない素晴らしい素材が意外と多いことに着目している「山椒魚」は、そんな珍しい食材を使っています。

例えば、ある日のコース一品目。“蔓紫ともずく、ナンプラーで。バジルの花を添えて”。
ザクザクと歯応えのある太もずくは、きれいな海水でしか生息しない貴重な岩もずく。これをアジア料理の風味でいただくという新体験! 一瞬で心掴まれる料理です。

広島食材のポテンシャル

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「山椒魚」は、野菜やハーブも、地元産かつ一流の食材を選んでいます。
日本のレストランのサラダを根本から変えたと言われ国内外のシェフが惚れ込む“梶谷農園”や、東南アジアでの農業指導を経て広島で多種のハーブを育てている“つぼくさ農園”のハーブ達を楽しめるのも、「山椒魚」での貴重なコンテンツですよ!

上の画像は、“青いちじくと青パパイヤ、ピリ辛で”。
青いちじくはサラダとして使うため、農園に頼んで、甘みが少ない実が若いうちに摘んでもらうそうで、まさに素材の作り手と使い手の息を合わせた一品になっています。

口も目も楽しい料理

口も目も楽しい料理

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「山椒魚」の魅惑ポイント、次は海の幸!
「山椒魚」の魚介のほとんどは、週二回、広島県の最南・呉市倉橋島の漁師さんが生簀付きトラックで来て、店前で捌いてくれたもの。言うなれば海からあがってきたばかりの魚介と同じ鮮度ですね。

そんな素晴らしい素材を使った“広島産穴子の皮目炙り、山椒を添えて”。(上画像)
穴子の凝縮された旨味と、山椒がそれをさらにグッと引き立てているこの一品は、瀬戸内の魚介の力を感じるお料理です。

口も目も楽しい料理

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

もう一つ、穴子料理。こちらは“穴子のにごり、バジルの葉の素揚げとレモンを添えて”。
滋味深く且つさっぱりと爽やかな風味が、記憶に残るお料理です。同じ食材でも、舌のあらゆる場所を多様に喜ばせてくれる数々のメニューに脱帽!

口も目も楽しい料理

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「山椒魚」の器のセンスにも、ぜひ着目してください。多くの料理写真を撮影してきたカメラマンがオーナーというだけあって、どれも絵になります。

上の画像は、“鶏肉ときのこの椀もの”。一見、白濁した汁ものなので、お雑煮?白味噌?と思うのですが、食べると酸っぱ甘いスープ! アジア料理なのに、見た目が日本料理に似ているから、それを逆手にとった器選び。遊び心のある演出がニクイのです。

スパイスで始まり、スパイスで終わる

スパイスで始まり、スパイスで終わる

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

チャイのアイスでコース終了。
スパイスで始まり、スパイスで終わる、そんな広島のコース料理がいただけるのは、世界中探しても「山椒魚」だけです。

スパイスで始まり、スパイスで終わる

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

日本酒とスパイスのマリアージュを楽しむお店ですが、ラッシーやマサラティー、チャイなどもあるので、飲めない人も十分楽しめますよ。

「山椒魚」にハマる覚悟で!

「山椒魚」にハマる覚悟で!

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

この記事を読んで、「山椒魚」に行くぞ!と決めたあなたは、上の店前画像を覚えて行きましょう。
大通りに面していますが、目立った看板などがなく、ビル1階の入り口に店名を書いた紙が貼ってあるだけなので、通り過ぎないように見つけてくださいね。

「山椒魚」にハマる覚悟で!

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

店内入り口には、日本酒好きには嬉しい、気軽にお酒だけを楽しめる立ち寄りコーナーもあります。広島旅行中、「山椒魚」に毎夜通ってハマるのも、楽しい思い出になりますね。

山椒魚の基本情報

住所:広島市中区土橋町4-19 向田ビル1F
電話番号:082-232-9839
アクセス:広島電鉄・土橋駅から徒歩3分
定休日:月・火曜日および不定休
営業時間:17:00〜22:00

2020年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/11/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -