コツメカワウソと握手!おもしろカワイイが満載の「箱根園水族館」

コツメカワウソと握手!おもしろカワイイが満載の「箱根園水族館」

更新日:2020/12/16 12:45

さとちんのプロフィール写真 さとちん ご当地グルメライター、海鮮丼マニア、チェコ親善アンバサダー
日本でも有数の観光地、箱根。豊富な温泉や絶景が魅力ですが、ほっこり心を和ませてくれるのが「箱根園水族館」。ペタペタ館内を散歩するペンギンやコツメカワウソとの握手会、温泉アザラシのショーなど、パフォーマンスは悶絶級のかわいさ!屋内なので雨の日も楽しめます。
今回は子どもだけでなく大人も魅了する箱根園水族館の、見どころやオススメポイントを紹介します。


新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

日本で一番標高の高い所に海水の大水槽をもつ箱根園水族館

日本で一番標高の高い所に海水の大水槽をもつ箱根園水族館

写真:さとちん

地図を見る

有名な「箱根八里」の歌でも「天下の険」と例えられるほど、険しい箱根の山の中に水族館があるって知ってましたか?
箱根園水族館があるのは標高723メートル。海水の大水槽をもつ水族館としては、日本で一番標高の高い所にある水族館なんです。芦ノ湖の湖畔に広がるレジャー・グルメ・ショッピングの複合施設「箱根園」の中にあります。

日本で一番標高の高い所に海水の大水槽をもつ箱根園水族館

写真:さとちん

地図を見る

水族館の中に入ると目に飛び込んでくるのは、多数の魚の群れが泳ぐ巨大水槽。高さ7メートルの水槽は、オープンエアなので上から太陽の光が降り注ぐとキラキラと輝き、とっても幻想的な光景となります。

魚たちが泳いでいる1,255トンの海水は、駿河湾から毎日運ばれてきているもの。箱根の峠道を毎日往復しているのかと思うと、水族館の努力や苦労、魚への愛情がひしひしと伝わってきますね。

日本で一番標高の高い所に海水の大水槽をもつ箱根園水族館

写真:さとちん

地図を見る

アザラシたちがいるプールは芦ノ湖畔の湧水をひいています。水の透明度が高く、こちらも光が降り注ぐと水苔がゆらめき、うっとりと魅入ってしまう美しさ。

そんな中を愛嬌のある顔で泳ぐアザラシたち。今まではバイカルアザラシのアッシュくんだけでしたが、2020年11月にゴマフアザラシのぼたんちゃんとひまわりちゃんも仲間入りしました。気持ちよさそうに泳ぐ姿を見ていると、くよくよと悩んでいるのが馬鹿らしくなって心が軽くなりますよ。

子どもだけでなく、大人も十分楽しめる水族館です。

箱根園水族館には世界中の魚が大集合!

箱根園水族館には世界中の魚が大集合!

写真:さとちん

地図を見る

箱根園水族館には全部で450種類32,000匹の魚がいます。海水魚だけでなく淡水魚も!アマゾン川のピラルクはあまりの大きさに驚きますよ。ニジマスなど芦ノ湖で泳ぐ魚も見ることができます。

箱根園水族館には世界中の魚が大集合!

写真:さとちん

地図を見る

館内にはすばしっこく動き回るかわいいコツメカワウソのウメちゃんとレイワくんの姉弟がいますが、その両親となるフユくんとハナちゃんの暮らすお家が「古代杉の池」のほとりにあります。労働は子どもたちに譲り、ま〜ったり余生を寝て過ごす夫婦の姿は、「早くこんな生活を送りたい」と心にささるかも。こちらも必見です。

「箱根神代杉」と言われる3500年前の大涌谷の噴火で流された杉が、池の中に横たわっている古代杉の池には、悠々と鯉が泳いでいます。200円で鯉のエサが販売されているのでエサやりも楽しいですよ。エサはガチョウにもあげることができます。

箱根園水族館には世界中の魚が大集合!

写真:さとちん

地図を見る

アザラシ広場にはたくさんの亀も展示されています。ガメラのモデルとなったワニガメや凶暴なカミツキガメもガラス越しなら、ゆっくり観察できますね。

箱根園水族館はショーやパフォーマンスも見逃せない!

箱根園水族館はショーやパフォーマンスも見逃せない!

写真:さとちん

地図を見る

箱根園水族館の見どころは、展示だけでなくショーやパフォーマンスにもあります。
ロシア・バイカル湖出身のバイカルアザラシのショーが見られるのは日本ではここだけ!

ショーといっても内容は、とってもゆる〜いものですが、それがまたキュンキュンするかわいさなのです。一番人気はタオルを頭にのせて温泉に入っているような仕草をする温泉アザラシ。「いい湯だな〜」というアッシュくんの心の声が伝わってきます。

ゴマフアザラシのぼたんちゃんとひまわりちゃんも、ただいま芸を練習中。3匹一緒の芸が見られる日もそう遠くはなさそうです。

アザラシのショーは現在11時と13時の2回行われてます。

箱根園水族館はショーやパフォーマンスも見逃せない!

写真:さとちん

地図を見る

箱根園水族館にはキング、ジェンツー、マカロニ、マゼラン、ケープペンギンがいます。大きな水槽の中を自由自在に泳いでいる姿を見学できますが、1日1回水槽を飛び出してくるんです!

ケープペンギンのフクちゃんかコウちゃん、どちらか1匹が館内をお散歩します。目の前をよちよち歩く姿は動画撮影必須です。動画は少し先で待っていると、どんどん近づいてくるかわいい姿を撮ることができますよ。ただし気まぐれにコースアウトしてしまうこともあるので、何度かチャレンジしましょう。

途中3ヶ所で立ち止まるフォトセッションサービスもあり、あざとかわいい姿にメロメロです。

ペンギンのお散歩は毎日11時30分〜40分の間に行われます。

箱根園水族館はショーやパフォーマンスも見逃せない!

写真:さとちん

地図を見る

中央の巨大水槽ではダイバーがお魚たちにエサをあげる「海中ショー」が行われます。音楽に合わせて、大きなウミガメやエイがダイバーと一緒に悠々と泳ぐ姿や、エサを食べるかわいいお魚たちの様子は華やかで、まさしく海中ショー!

平日は13時45分、土日祝日は10時15分と13時45分の2回開催されます。

ぷにぷにの感触が忘れられない!コツメカワウソと握手

ぷにぷにの感触が忘れられない!コツメカワウソと握手

写真:さとちん

地図を見る

箱根水族館の入り口を入ってすぐ横にコツメカワウソの水槽があります。元気に動き回るウメちゃん・レイワくんの姿は、まわりの人たちを笑顔にしてくれます。この2匹の動きが止まるのが握手会。

ぷにぷにの感触が忘れられない!コツメカワウソと握手

写真:さとちん

地図を見る

握手会といっても手のひらにのせたエサを、アクリルの穴から手を出してとるだけなのですが、コツメカワウソの小さくてぷにぷにの手の感触が、その日の夢に出てきそうなくらい強烈にインパクトのあるかわいさなのです。

広げた手の上を小さな小さな指が動き回るんです。しっとりと濡れた小さな手は、人間とも猫とも違う未体験の感触。エサを捕ろうと手を伸ばしてきたタイミングで、軽〜くきゅっと握ると握手もできますよ。

開催時間は季節によって変わるので、関連メモにある公式ホームページで確認してくださいね。

動画:さとちん

地図を見る

かわいい動物たちのショーを動画にまとめました。実際に目の前で見ると、かわいらしさもひとしおですよ。コツメカワウソの動きにもぜひ注目してください。

箱根園水族館と一緒に楽しみたいグルメやレジャー

箱根園水族館と一緒に楽しみたいグルメやレジャー

写真:さとちん

地図を見る

箱根園水族館のある箱根園の中にある「箱根プリンスパン工房」では、プリンスホテル特製のオリジナルブレッドを、毎日その場で焼いて販売しています。メロンパンやカレーパンが評判ですが、かわいい温泉アザラシのパンもあるんですよ。表情がそれぞれ違って、どれもかわいいので選ぶのに迷っちゃいます。中はとろ〜り甘いクリームがたっぷりです。

芦ノ湖を見ながらひと休みのおやつにオススメです。

箱根園水族館と一緒に楽しみたいグルメやレジャー

写真:さとちん

地図を見る

箱根園水族館の隣にある「ふれあいどうぶつランド だっこして!ZOO!」では、ウサギ、犬、猫、ポニーやカビパラまで、いろんな動物と触れ合うことができます。
箱根園水族館とセットになったツインチケットは、入場料が割引になってお得です!

箱根園水族館と一緒に楽しみたいグルメやレジャー

写真:さとちん

地図を見る

箱根園水族館は一度チケットを購入すると、当日何度でも再入場が可能。ショーとショーの間は、ロープウェーで駒ヶ岳に登ったり、遊覧船で芦ノ湖をまわるのも良いですね。ロープウェーや遊覧船がセットになったお得なチケットもあります。
箱根園水族館だけ利用の場合、割引クーポンがある公式ホームページもぜひチェックしてくださいね。

車で箱根園水族館に出かける場合、東京方面からは東名高速厚木ICから小田原厚木道路・箱根新道を通り、須雲川ICではなく次の芦ノ湖大観ICで降りると、ヘアピンカーブが続く箱根七曲りを通らずに済みます。運転に自信のない人はこちらがオススメ!時間も数分しか違いません。

箱根園水族館の基本情報

住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139 
電話番号:0460-83-1151(箱根園内)
営業時間:9時〜16時半(最終入館は閉館30分前まで)
※季節により営業時間が変更になる場合があります。
入場料:大人1,500円、小人(4才〜小学生)750円
アクセス:小田原駅・箱根湯本駅より伊豆箱根バス「箱根園」下車。もしくは新宿西口より小田急箱根高速バスで約2時間25分

2020年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/12/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -