大根干しにスイセンロード!三浦海岸から久里浜へ冬のサイクリング

大根干しにスイセンロード!三浦海岸から久里浜へ冬のサイクリング

更新日:2021/01/14 11:40

佐原 ねおのプロフィール写真 佐原 ねお フリーライター、旅リサーチャー
三浦海岸には、冬にしか見られない風物詩「大根干し」が見られます。広大な砂浜にズラッと並んだ大根干しは、三浦海岸ならではの光景で圧巻の美しさ。同じ時期に、久里浜へ行く途中にある「北下浦海岸通り」には、スイセンロードが現れますよ。海岸沿いを自転車で走り抜けていくと、波音を聞きながら潮風を頬で感じることができて爽快です!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

三浦海岸・冬の風物詩「大根干し」を見に行こう!

三浦海岸・冬の風物詩「大根干し」を見に行こう!

写真:佐原 ねお

地図を見る

京急「三浦海岸駅」から歩いて5分の三浦海岸は、夏にはビーチパラソルが立ち並んで賑わう海水浴場。実は冬には三浦海岸ならではの景色が見られるのをご存じでしょうか。三浦海岸駅では電動自転車やロードバイクのレンタルができるので、三浦半島での冬の風物詩を巡るサイクリングが楽しめますよ。今回ご紹介するのは三浦海岸を出発点として、久里浜までの海岸沿いを通るサイクリングコースです!

スタート地点の三浦海岸で見られる面白くて美しい景色は、海岸沿いにズラッと並ぶ大根干しの光景。真っ白な大根たちが、広い砂浜の上でカーテンのように並んでいる姿は圧巻!夏の光景を思い浮かべると、とても珍しくて面白い光景なのに、どこか美しくもあるのです。

三浦海岸・冬の風物詩「大根干し」を見に行こう!

写真:佐原 ねお

地図を見る

透き通るように白い大根たちは、目の前に広がる海を眺め、波音を聞いて、潮風にあたりながら日向ぼっこ。とても気持ち良さそうにしているように見えます。大根越しに見る海も味わい深いですよ!大根たちは1週間ほど干された後、「まいるど」という浅づけたくあんになります。

三浦海岸・冬の風物詩「大根干し」を見に行こう!

写真:佐原 ねお

地図を見る

農園の方が美味しくなるようにと心をこめて、一本一本干していったのだと思うと、優しさすら感じる光景。砂浜は風通しもよく、日も当たって暖かいため、大根干しに適した環境なのです。道路沿いには長坂屋(須原農園)の直売所もあって、浅づけを買っていくことができますよ。例年12月から1月末まで開いており、大根干しもその頃まで見られます。

※2021年1月中旬時点では直売所は閉まっており、宅配販売のみとなります。大根の状況次第で終了になりますが、年により2月初旬まで大根干しや販売がされていることもありますので、詳しくは長坂屋(須原農園)へお問い合わせください。

<長坂屋(須原農園)直売所の基本情報>
住所:神奈川県三浦市南下浦町上宮田1191-2
電話番号:046-888-3325
アクセス:京急「三浦海岸駅」から徒歩およそ10分

海に映える!北下浦海岸水仙ロード

海に映える!北下浦海岸水仙ロード

提供元:北下浦観光協会

http://kitashitaura.com/kankou/suisenroad.html地図を見る

三浦海岸から久里浜手前の野比海岸までは、海岸通りの道を進んで自転車で30分ほど。野比海岸から千駄ヶ崎トンネル手前までの北下浦海岸通りは、12月初旬から2月初旬あたりまでおよそ300万本の水仙が咲く「水仙ロード」が楽しめます。

可憐な水仙達が群れをなし、海に顔を向けて咲いている姿は息を飲む美しさ。潮風に揺られ、水仙の群生にも柔らかな波が立つ光景は、冬にしか見られない絶景です。

海に映える!北下浦海岸水仙ロード

写真:佐原 ねお

地図を見る

北下浦海岸通りの水仙ロードは日本水仙がメインとなるので、通常だと1月が見ごろとなります。海と水仙という組み合わせはこの時期ならでは。上品で甘い香りも楽しんでくださいね。千駄ヶ崎トンネルを超えると、椿などが楽しめる「くりはま花の国」に行くこともできますよ。

冬に水仙が並んだ海岸通りは、初夏にはテッポーユリが咲き誇ります。見ごろは4月から6月頃なので、その頃に三浦半島に行かれる方は海岸沿いに咲くユリも見に行ってみてくださいね。北下浦水仙ロードマップは、関連MEMOにある北下浦観光協会サイトでご確認ください。

見どころいっぱい野比海岸

見どころいっぱい野比海岸

写真:佐原 ねお

地図を見る

三浦海岸から久里浜へ行く途中にある「野比海岸公園」は、自転車で乗り入れることはできませんが、長い距離ではないので、ぜひ行きか帰りかのどちらかは自転車を押して歩いてみてくださいね。実は野比海岸はペリーの黒船が最初に発見された歴史ある場所で、公園には黒船発見場所の看板もありますよ。数々の映画やドラマのロケ地にもなっており、特に写真の休憩所あたりは旅行者にも人気。公園内でも水仙の群れが見られます!

見どころいっぱい野比海岸

写真:佐原 ねお

地図を見る

野比海岸公園に続く長沢海岸遊歩道には戦前の歌人、若山牧水歌碑なども見ることができます。妻の療養のために北下浦長沢に住んでいたことがあり、国道沿いには資料館もありますよ。

見どころいっぱい野比海岸

写真:佐原 ねお

地図を見る

自転車で走行ができる国道側には長沢橋という小さな橋があり、幸せを招く招き魚と呼ばれる欄干があるので、注意して見てくださいね。カップルが口に5円玉を載せると結ばれるようにと、製作者が思いを込めてデザインされたもので、なんともかわいらしい姿をしています!

<野比海岸公園の基本情報>
住所:神奈川県横須賀市野比2丁目9番付近
アクセス:京急「YRP野比駅」より徒歩7分ほど

冬ならではの三浦半島、海の光景!

今回ご紹介したサイクリングコースは、冬にしか見られない三浦海岸から久里浜にかけての景色が魅力のコースです。車窓からでなく、自転車でじっくり味わいながら三浦半島の冬の景色を見に行くのはいかがでしょうか。体力や時間に余裕のある人は、ウォーキングやジョギングで楽しむのもおすすめです!

2021年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -