えっ?アマビエだるま!広島県三原市「三原だるま工房」で絵付け体験

えっ?アマビエだるま!広島県三原市「三原だるま工房」で絵付け体験

更新日:2020/12/21 12:39

旅人間のプロフィール写真 旅人間 はらぺこライター、旅ブロガー
広島県三原市と言えば「たこ」と「だるま」のまち。三原駅の周辺にはタコ料理の店があり、もみじ饅頭もタコが入っています。春を告げる神明市は“三原だるま”で知られています。
新幹線の停車駅でもあるJR三原駅の構内にある「三原だるま工房」では「だるまの面相書き体験」や「三原人形の絵付け体験」が出来、その横にある観光案内所(うきしろロビー)では一家に一つ欲しい話題の「アマビエだるま」が販売されています。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

広島県三原市は「たこ」と「だるま」のまち

広島県三原市は「たこ」と「だるま」のまち

写真:旅人間

地図を見る

新幹線の駅と空港と港がある広島県三原市は、古くから海上・陸上交通の要衝地として発展してきました。戦国時代に小早川隆景が築城した三原城は、その天主台跡を新幹線のホームが貫く珍しい景観となっています。

そんな三原市は「たこ」と「だるま」のまちと呼ばれています。

広島県三原市は「たこ」と「だるま」のまち

写真:旅人間

地図を見る

JR三原駅前には「やっさ踊り像」がお出迎え。毎年夏に開催される“やっさ祭り”は三原城の築城を大衆が祝い躍ったのが起源とされ、三原沖で獲れる名物のタコは“三原やっさタコ”と呼ばれるブランドです。

三原市の公式マスコットキャラクター“やっさだるマン”は三原神明市の大だるまだったとか。この“三原神明市”とは、別名“だるま市”とも呼ばれる「大だるま」がシンボルの歴史ある春を告げるお祭りとして知られています。

この「やっさ」は、祭りの賑やかな声。観光で三原に来たら、三原城跡、たこ、だるま、お祭り、これを押さえておけばバッチリでしょう。

「三原だるま工房」で縁起物“だるまの面相書き”体験

「三原だるま工房」で縁起物“だるまの面相書き”体験

写真:旅人間

地図を見る

「たこ」と「だるま」で知られるJR三原駅周辺には、タコ料理が楽しめるお店が複数あります。駅構内にある観光案内所(うきしろロビー)でグルメ情報をゲットしましょう。

その案内所の横にある「三原だるま工房」では、三原だるまの伝統工芸の体験が楽しめる“だるまの面相書き”の体験教室(600円)があり、所要時間は約30分が目安となります。

この面相書き体験は月曜日と木曜日の13:00〜16:00、土曜日は本格的な制作体験で10:00〜12:00です。定員には限りがありますので、事前予約がおすすめです。

「三原だるま工房」で縁起物“だるまの面相書き”体験

写真:旅人間

地図を見る

三原だるまの特徴は、両目に目玉が入った絞りハチマキ姿。もちろん意味があり、目玉が入るのは先が良く見通すこと。絞りハチマキは頑張っている様になります。

「三原神明市」では、家族の人数分のダルマを買い、背中に一人一人の名前を書き、安全や健康を祈願し神棚に祀る風習があります。この人間味のあるダルマ…。背中に自分の名前が入ると、まるで自分自身の分身のような存在にも思えてきます。

「三原だるま工房」で縁起物“だるまの面相書き”体験

写真:旅人間

地図を見る

この面相書き体験では、三原だるまの特徴をふまえ描くのが基本です。とは言え自由に描いてもOK。例えば好きなキャラクターをダルマにするのも良いでしょう。ただ、面白いのは描いたダルマの表情は、書き手本人に似ていることが多いのだとか!

ちなみに、「三原だるま」の中に鳴り物が入っているのは「願いが成る」の意味。七転び八起きで、必ず起き上がります。苦境でも必ず起き上がる自分の“分身のような縁起だるま”を心込めて一つ、ぜひ描いてみましょう。

アマビエダルマ!?個性的な「三原だるま」は購入も出来る

アマビエダルマ!?個性的な「三原だるま」は購入も出来る

写真:旅人間

地図を見る

三原だるま工房の横にある観光案内所「うきしろロビー」では、三原だるまが購入できます。その中でも疫病退散にご利益があると言われている「アマビエだるま」は大人気。

他にも、三原市の公式マスコットキャラクターの「やっさだるマンだるま」、置くと受験にパス(オクトパス)と評判の「タコだるま」などもあります。これらは数に限りがありますので、運が良ければ購入できると思っておくと良いでしょう。

売切れて入手が困難な場合は、工房で筆を手に持ち「アマビエだるま」を自身の力で描くことも出来ます。

塗り始めると、もう夢中!三原人形の絵付け体験

塗り始めると、もう夢中!三原人形の絵付け体験

写真:旅人間

地図を見る

同じく、「三原だるま工房」では、“三原人形の絵付け体験”(600円)もあり、目安の所領時間は60分〜120分となります。

三原に伝わる民芸文化「三原人形」は江戸時代から作られ、明治時代には初節句を迎える子どもの将来を祝福するため、土人形を贈与する習慣が盛んだったと言われています。

ここでは、素焼きの人形に約8色の絵具を使い、絵付けしていきます。

塗り始めると、もう夢中!三原人形の絵付け体験

写真:旅人間

地図を見る

ダルマの面相書きに比べ、塗る範囲が広く時間を要しますが、人形の表情から着物まで思うように描けます。塗り始めると夢中になります。

塗り始めると、もう夢中!三原人形の絵付け体験

写真:旅人間

地図を見る

この三原人形の絵付けは、お手本の人形を参考にすると分かりやすく、キレイに描けます。ただ、ダルマの面相書きと同じように決まったルールはありません。自分の思うように描いて見ても良いでしょう。

例えば、疫病退散を願いアマビエ、学問の神様である天神さん、閻魔大王、またアニメキャラを描くのも楽しそうです。

JR三原駅で買える!「たこ」と「だるま」の名物土産

JR三原駅で買える!「たこ」と「だるま」の名物土産

写真:旅人間

地図を見る

JR三原駅では、三原にちなんだお土産物が色々と売られています。例えば、三原名物のタコが入ったもみじ饅頭「たこもみじ」は中にクリームチーズ入り。冷やして食べると驚く美味しさで、話のネタにも買って帰りたいお土産です。

「たこもみじ」は駅構内でも買えますが、販売元のゑびす屋本店は駅前にあり徒歩1分です。

JR三原駅で買える!「たこ」と「だるま」の名物土産

写真:旅人間

地図を見る

他にも、ピリッと甘辛い味と食感がお酒のアテにも良いと人気の「たこせん」は定番中の定番。縁起物のだるま型をした「神明だるま最中」は、そのまま食べても美味しいですが、アイス最中のように冷凍庫で冷やして食べるとまた絶品です。

三原だるま工房の基本情報

住所:広島県三原市城町1-1-1
電話番号:0848-67-5877
定休日:火・水・金・日
営業時間:月・木曜13:00〜16:00、土曜10:00〜12:00
料金:600円

2020年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/11/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -