宮古島の美リゾート「アラマンダ・シギラ・ベイサイド・スイート」で過ごす極上の休日

宮古島の美リゾート「アラマンダ・シギラ・ベイサイド・スイート」で過ごす極上の休日

更新日:2020/12/22 09:01

坂元 美鈴のプロフィール写真 坂元 美鈴 フードライター
宮古島の南岸、海岸線に沿って広がる「シギラ・セブンマイルズ・リゾート」。約100万坪もの広大な敷地に7つのホテルとゴルフ場、ビーチを有する大型リゾートです。そのなかのひとつ、「アラマンダ・シギラ・ベイサイド・スイート」は、全室テラスにジャグジーバスを備えるプレミアム・プライベートホテル。キッチンやランドリーも備える広々とした客室は、ゆったりとした長期滞在にもぴったりなリュクス空間です。

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)
プランをもっと見る

空港からのアクセス

空港からのアクセス

写真:坂元 美鈴

地図を見る

アクセスは宮古空港、下地島空港からの2パターンがあり、宮古空港からは車で約20分、下地島空港からは約1時間ほど。滞在中の島内の移動も考慮して、空港でレンタカーを借りる人が多いです。広大なリゾート内には駐車場が十分に確保されているのでご安心を。公共交通機関では、宮古空港からはシャトルバスが、下地島空港からは、中央交通のバス、エアポートライナーが運行しています。

空港からのアクセス

写真:坂元 美鈴

地図を見る

広大なリゾート内の中心部に位置する「アラマンダ・シギラ・ベイサイド・スイート」。ピンク色の外観が南米リゾートを思わせる、瀟洒な佇まいです。至る所に南国のグリーンやシーサーが配された空間にはゆったりとした島時間が流れ、リラックスムード満点。ロビーはコンパクトながら、レセプションやコンシェルジュカウンター、雑誌も完備されたウエイティングスペースもある快適空間です。

空港からのアクセス

写真:坂元 美鈴

地図を見る

広大なリゾート内の移動はシャトルバスが必須。宿泊ホテルとは別のホテルのレストランや、様々なアクティビティ参加時など、移動する場面はけっこうあります。15分間隔で運行しているほか、エントランス前のスタッフに声をかければ車での送迎を手配してくれます。

テラスにジャグジー付き!暮らすように滞在できる広い客室

テラスにジャグジー付き!暮らすように滞在できる広い客室

写真:坂元 美鈴

地図を見る

客室はベッドルーム、リビング、バスルーム、キッチン、ジャグジー付きテラスから成るゆったりとした贅沢な造り。優しいクリーム色を基調とした明るいインテリアにダークブラウンを効かせたコージー空間です。家族四人でもゆったりと過ごせるほどの広さに、簡易キッチンや洗濯機も完備され、暮らすように滞在できる居心地のいい客室です。

テラスにジャグジー付き!暮らすように滞在できる広い客室

写真:坂元 美鈴

地図を見る

目の前に広がるグリーンやその向こうには地平線まで見渡せる海を眺めながらバスタイムを過ごせるテラスのジャグジーバス。備え付けのバスソルトやソープをいれてバブルバスを楽しむのもおすすめ。お風呂上がりにはそのままバスローブを羽織って傍らのテラス席でグラスを傾けても。日常を忘れて優雅な時間に浸れるリュクス空間です。

テラスにジャグジー付き!暮らすように滞在できる広い客室

写真:坂元 美鈴

地図を見る

客室にはフリーのネスプレッソやさんぴん茶、マンゴーティなどが用意され、湯沸かしポット、冷凍庫付の冷蔵庫、電子レンジも完備されています。また客室内バスルームにはアラマンダブランドのシャンプー&コンディショナー、ソープにメイク落とし、化粧水も。フェイスシートもあるので、ゆったりとお手入れもできますよ。

カジュアルから高級店まで多彩なレストラン19軒

カジュアルから高級店まで多彩なレストラン19軒

写真:坂元 美鈴

地図を見る

リゾート内のレストランは全19箇所。高級店からカジュアルな一軒まで、和洋中の多彩なレストランが揃います。島のシーフードを満喫するなら地中海レストラン「シギラタートルベイ」がおすすめ。人気のイタリアン「グランマーレ」では、洗練されたイタリアンが楽しめます。

カジュアルから高級店まで多彩なレストラン19軒

写真:坂元 美鈴

地図を見る

こちらの朝食の特徴は、2つのスタイルから選べること。1階カフェ「マイヨール」では、ドリンクビュッフェ付きのワンプレートメニューが楽しめます。「あぐー豚のカツサンド」「エッグベネディクト&フレンチトースト」「BLTサンド」など、6種類が揃い、9時半〜11時半まで楽しめるので、朝昼兼用のブランチにもぴったり。その日のスケジュールに合わせて選べます。

カジュアルから高級店まで多彩なレストラン19軒

写真:坂元 美鈴

地図を見る

もうひとつのチョイスは1階「マラルンガ」でのビュッフェスタイル。シャルキュトリーやパン、サラダ、南国フルーツ、卵料理にグラノーラなど、一般的な朝食ビュッフェのメニューに加え、和食も充実しているのがこちらの特徴。「麩チャンプルー」「ゴーヤのさつま揚げ」など、沖縄らしいメニューもラインナップしています。お天気が良ければ、南国植物に囲まれたテラス席でいただくのが断然おすすめ!

子どもも大人も盛り上がる!ウミガメのエサやり

子どもも大人も盛り上がる!ウミガメのエサやり

写真:坂元 美鈴

地図を見る

こちらに宿泊したならぜひ参加したいのがウミガメのエサやり。ヴィラに面したウミガメ専用のプールに11匹が飼育されていて、ゲストは毎朝9時半からエサやりが楽しめるのです。大きなウミガメがエサを求めて何匹も集まってくる様子は圧巻。子どもも大人も大興奮のひとときです。

子どもも大人も盛り上がる!ウミガメのエサやり

写真:坂元 美鈴

地図を見る

シュノーケリング、ダイビング、カヤックなど多彩なマリンアクティビティツアーも用意されています。いずれのアクティビティもオンラインorチェックイン後にレセプションで予約可能。通年楽しめるカヤックは、ビーチ沿いの「シギラフィールドハウス」に集合し、インストラクターと共に海へ漕ぎ出します。運が良ければウミガメに遭遇することも。

子どもも大人も盛り上がる!ウミガメのエサやり

写真:坂元 美鈴

地図を見る

リゾートホテルとしてはちょっぴり珍しいアクティビティがリフト。広大な土地に丘を擁するシギラリゾートならではです。出発地から丘の上まで約3分ほど。丘からは、リゾートの全貌を眼下に望む、圧巻の風景が楽しめます。

リゾート内「うえのドイツ文化村」で異国情緒に浸る!

リゾート内「うえのドイツ文化村」で異国情緒に浸る!

写真:坂元 美鈴

地図を見る

余裕があれば、敷地内にある「うえのドイツ文化村」へ。なぜ宮古島にドイツ村? 実は明治時代、ドイツ船が宮古島沖で座礁し、島民が救助にあたったことがきっかけでドイツとの交流が生まれ、その記念として建てられたのだそう。ランドマーク「マルクスブルク城」は、ドイツの現存するお城を再現。中はお土産物店、博物館となっています。

リゾート内「うえのドイツ文化村」で異国情緒に浸る!

写真:坂元 美鈴

地図を見る

ドイツ村での隠れた見どころが、「キンダーハウス」に展示されたベルリンの壁。これ、現地から運んだ本物だそうです。ベルリン分断の象徴となったブランデンブルク門前の無傷の壁52個を東ドイツ通商公社が共産軍基地内に保管していたものから選んだもの、とのこと。宮古島で、いわばドイツの負の遺産であり、かつ平和への願いの象徴をする歴史遺産に出会えるなんて。そんな感慨を覚えずにはいられない重みある施設です。

ゆるりとした島時間が流れる寛ぎリゾート

ウミガメが多く生息する美しい海に囲まれた宮古島。ゆるりと流れる島時間に身を委ね、海と星空と、宮古の自然の恵みに溢れた美食を楽しむ…。都会の喧騒を忘れてリラックスできる、上質リゾートです。

2020年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/12/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -