梅田・北新地を丸ごと愉しめる「ホテルモントレ ル・フレール大阪」

梅田・北新地を丸ごと愉しめる「ホテルモントレ ル・フレール大阪」

更新日:2020/12/22 09:55

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家
大都会大阪の中心部を分ける呼び方として「キタ」と「ミナミ」という言い方がよく聞かれます。ミナミとは難波や心斎橋などの繁華街で知られるエリアであり、キタは梅田、北新地などのビジネス街、歓楽街といったイメージでしょうか。今回は、観光にもビジネスにも便利な大阪・梅田を拠点により快適な滞在のできる「ホテルモントレ ル・フレール大阪」をご紹介。充実設備の大浴場や朝食など、特筆すべき魅力を深掘りします。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

キタの一等地に立地するスタイリッシュな高感度ホテル

キタの一等地に立地するスタイリッシュな高感度ホテル

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ホテルモントレ ル・フレール大阪は曾根崎新地1丁目に位置するホテル。いわゆるキタといわれるエリアの中心地にあります。地上17階で高さ64.5mのスタイリッシュな宿泊主体型ホテルです。ホテルの北側は曽根崎通でJR東西線北新地駅のすぐ近くでJR大阪駅からも徒歩約5分。大阪駅からも大阪メトロからもアクセス至便です。

大都会の中心にありながら隠れ家のように落ち着きあるホテルは、日本の伝統的な「文様」と「あかり」をテーマに、落ち着きのあるハイグレードな和をコンセプトにしています。

キタの一等地に立地するスタイリッシュな高感度ホテル

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ホテルモントレグループは全国各地に展開していますが、それぞれに秀逸なテーマ性を持たせています。ホテルモントレ ル・フレール大阪は大阪市内で4店舗目のホテル。

ホテルモントレ 大阪(2000年5月開業・194室)、ホテルモントレ ラ・スール大阪(2005年9月開業・240室)。ホテルモントレ グラスミア大阪(2009年7月開業・348室)、そしてホテルモントレ ル・フレール 大阪(2018年8月開業・345室)とそれぞれ個性溢れるホテル。大阪エリアで泊まり比べてみるのも楽しそうです。

伝統美感じる客室

伝統美感じる客室

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

客室も日本の伝統的な「文様」と「あかり」をテーマにしており、明るく爽やかな印象を演出しています。

全345室の客室はダブルルーム(19平方m)、クイーンルーム(21平方m)、ツインルーム(22〜23平方m)、コーナーツインルーム(26〜28平方m)があり、いずれもホテルクオリティの高さを感じる客室。特に高層階からの眺望は最高で、キタの夜景を独り占めできる気分になります。

伝統美感じる客室

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

プランによってはインルームダイニングの食事付きもあります。栓抜き&ワインオープナーの貸し出しもあるので客室でゆったりできそうです。

その他の貸し出し備品も充実。ズボンプレッサーやソーイングセットをはじめ、爪切り、氷枕、体温計、枕(そばがら、低反発)、電気スタンド(要予約)、アイロン&アイロン台(要予約)、毛布、食器類(お皿・フォーク・スプーンなど)、ベビーベッド(要予約)、携帯充電器、車椅子(要予約)など、充実のホテルステイが実現出来そうなラインナップです。

※数に限りの有るものもあり

安心のセキュリティ

安心のセキュリティ

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

客室フロアの特徴のひとつに、エレベーターホールのセキュリティ扉があります。客室通路へ進む際にはルームカードキーが必要となり、外部からの進入はもちろん、宿泊者以外は立入ることができません。特に女性のゲストは安心して利用できることでしょう。

また、ホテルエントランスにもセキュリティを導入しており、24時以降は施錠されますが、ルームカードキーをセンサーにかざすと開きます。

充実設備の大浴場

充実設備の大浴場

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ホテルモントレ ル・フレール大阪の大きな魅力が3Fにあるサウナ付の温浴施設「トリニテ」。宿泊者専用で1日の疲れを取りつつ心地よい癒しのひとときが過ごせます。男性浴室にはドライサウナ、女性浴室にはミストサウナを設けています。

ワクワクする朝食時間

ワクワクする朝食時間

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ホテルご自慢の朝食は2Fのレストラン「パルテール」にて。スタイリッシュなビュッフェレストランとして和食・洋食を取り入れた充実の朝食が提供されています。明るく開放的なスペースはライブステーションや動線の秀逸さも印象的ですが、何よりメニューの種類・充実度が凄いです。

ワクワクする朝食時間

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

出来立てパンは7種(クロワッサン、パン・オ・レザン、食パン、バケット等)、ジャムもストロベリー、ブルーベリー、マーマレードとポーションバターもあります。

洋食メニューとしては卵料理にミックスサラダ、各種ドレッシングも充実のラインナップ。ソーセージにベーコンは当然として、人気のスープにパルテール特製カレーまで。さらにチーズ各種、ファンも多いという小魚のエスカベッシュにミックスビーンズのトマト煮込み、ポークパストラミに自家製ハムと枚挙に暇がありません。

ワクワクする朝食時間

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

和食メニューも充実。白いご飯に季節の炊き込みご飯、お茶漬け用鯛出汁まであります。冷奴or湯豆腐に焼き魚、各種お惣菜。出し巻き卵や土手煮、茄子の揚げ浸し、筑前煮などご飯がすすむこと間違いなし。朝の充実時間が過ごせることでしょう。

1Fにはドラッグストアまで!

曽根崎通に面した1階にドラッグストアが入っておりホテルステイにも大助かり。もちろんコンビニエンスストアも。南側の1階にはローソンが入っています。滞在時には上手に活用してみてはいかがでしょうか。

2020年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/10/14−2020/10/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -