大阪「箕面ビール WAREHOUSE」で出来立てビールを楽しもう

大阪「箕面ビール WAREHOUSE」で出来立てビールを楽しもう

更新日:2020/12/24 10:45

岡本 大樹のプロフィール写真 岡本 大樹 原付旅人、アマチュア自然フォトグラファー
世界的なコンペティションで何度も受賞をしている「箕面ビール」は大阪北部の箕面(みのお)で生まれたご当地クラフトビールです。今回ご紹介する「箕面ビール WAREHOUSE」は、どこよりもフレッシュな箕面ビールが味わえるボトルショップ&パブ。

箕面ビールのファンはもちろん、まだ飲んだことがないという方も要チェックなスポットとなっていますよ。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

箕面ビールってご存知ですか?

箕面ビールってご存知ですか?

写真:岡本 大樹

地図を見る

箕面ビールはその名前の通り、大阪北部の箕面市で作られたビール。1997年に箕面にビール工場を作り、「スタウト」や「ヴァイツェン」など数種類の定番ビールを完成させました。

目指したのは「特別なビール」ではなく、日常的に楽しむことができる「デイリーなビール」。人気となった今でも様々な試行錯誤が続けられており、季節限定のビールも毎年生み出されています。

その努力の結果、箕面ビールは世界的なビアコンペティションで何度も受賞している実績を持ちます。その活躍ぶりは凄まじく、クラフトビールに興味がある人なら一度は聞いたことがある名前でしょう。

箕面ビールってご存知ですか?

写真:岡本 大樹

そんな箕面ビールが満を辞して2015年にオープンしたのが、今回ご紹介する「箕面ビール WAREOUSE(ウェアハウス)」です。

ビール工場の近くに作られた店舗は、ビールを楽しむことはもちろん、それだけではない様々な魅力に溢れた施設となっています。

まずはビールでしょ

まずはビールでしょ

写真:岡本 大樹

地図を見る

多くのビール好きなら箕面ビールは飲んだことも多いはず。ですが、このお店があるのは工場から徒歩数分の場所。どこよりも出来立てのビールを、もちろんドラフト(生ビール)で楽しめるのです。

ファンにとってこれほど嬉しいことはありませんし、まだ飲んだことのない方にとっても箕面ビールを味わうのに、これほど最適なスポットはありません。

まずはビールでしょ

写真:岡本 大樹

地図を見る

全国的にスーパーマーケットなどでも、瓶の箕面ビールは売られているため、多くの人が味わったことがあるかもしれませんが、やはりウェアハウスでは新鮮な生ビールを楽しみましょう。

定番のものに加えて、その時期その時期で変わるシーズナルビールが用意されていますよ。

もし、どのビールを選べばいいかわからないといった場合でも、詳細なビールの特徴を書いて並べてくれていますし、好みがあれば店員さんにアドバイスしてもらうのもいいでしょう。

また、瓶のビールも販売されているので、特に気に入った味のビールを見つけた時はお土産にどうぞ。

ビールとの相性が抜群なフードメニュー

ビールとの相性が抜群なフードメニュー

写真:岡本 大樹

地図を見る

フードメニューも充実の品揃え。やはりビールとの相性が考えられたものが多く、魅力的なラインナップに悩むこと間違いなし。

テッパンの一押しメニューとしては、ソーセージの盛り合わせ。ビールとソーセージ、正直文句のない組み合わせですよね。

ソーセージは3種類あって、注目なのは箕面の特産品である柚子を使用した一本。柑橘の爽やかな香りとソーセージの肉肉しさのマッチングは素晴らしく、もちろんビールも進みます。

ビールとの相性が抜群なフードメニュー

写真:岡本 大樹

地図を見る

他にも、河内鴨のモモスモークやビールの酵母を使ったバゲットなど、人気メニューは多くありますが、ジェラートもぜひ試してみてほしいものの一つです。

こちらのジェラートは、なんと原料にビールが使われているのです。さすがに飲んだ時と同じような味や香りが感じられるわけではありませんが、甘さが控えめで、麦の香りを感じる上品な味わいに仕上げられています。

ただ、1%ですがアルコールも含まれている点にはご注意くださいね。

オリジナルグッズも要チェック

オリジナルグッズも要チェック

写真:岡本 大樹

地図を見る

入り口付近にある物販コーナーもチェックしてみましょう。ロゴを使ったピンバッヂや、手ぬぐい屋さんとのコラボ商品などが並んでいます。

オリジナルグッズも要チェック

写真:岡本 大樹

地図を見る

最後にご紹介するのはこちらのお猿。お店のコースターにも描かれていますが、箕面ビールのマスコットで、期間限定ビールのラベルにも登場しています。

箕面は大阪の中でも滝や紅葉の名所として知られる自然豊かな土地で、山には多くの猿がいます。大阪の人は「箕面といえばお猿さん」というイメージを持っているほど。

そんな箕面で生まれた美味しいビールを、ぜひフレッシュな状態で楽しんでみてくださいね。

箕面ビール WAREHOUSEの基本情報

住所:大阪府箕面市牧落3-14-18
電話番号:072-725-7234
営業時間:11:00〜21:00(L.O20:30)
定休日:木曜日
アクセス:阪急箕面線「牧落駅」徒歩12分

2020年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/11/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -