小田原市「関東の富士見百景」見晴台で曽我梅林と大パノラマを堪能

小田原市「関東の富士見百景」見晴台で曽我梅林と大パノラマを堪能

更新日:2021/01/10 13:17

咲田 みつるのプロフィール写真 咲田 みつる 千葉県1周ランナー、鈍足のトレイルランナー
小田原市と富士山の直線距離は、箱根を挟んでわずか40キロほど。市内各所からの富士山の眺望は素晴らしく「関東の富士見百景」に選定されています。特にお勧めしたいのが、2月上〜下旬にかけて特産の梅の花とともに見る富士山。「小田原梅の里さんぽ」(例年は「小田原梅まつり」)会場である曽我梅林は、約35,000本の梅に彩られまさに花園!さらに「見晴台」は、富士山だけでなく、市内や相模湾を見渡せる絶景の地です。

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

小田原市は「関東の富士見百景」の地

小田原市は「関東の富士見百景」の地

写真:咲田 みつる

地図を見る

小田原市は酒匂川の河口部に開けた町です。酒匂川が注ぐ南側には相模湾、そして西側には箱根の山を挟んで富士山を望むことができる、風光明媚な地です。市内各所から見上げる富士山は、存在感たっぷりで、「関東の富士見百景」の地に選定されています。

また、小田原市は食用の梅の産地でもあります。梅の開花時期には、富士山と梅の花を合わせ見ることができます。そのため、2月上旬〜下旬にかけて、曽我梅林周辺から見る富士山が特におすすめです。

曽我梅林とは

曽我梅林とは

写真:咲田 みつる

地図を見る

曽我梅林とは、小田原市内にある別所梅林・原梅林・中河原梅林をまとめて呼ぶ際の呼称です。例年、1月下旬〜2月下旬まで「小田原梅まつり」の会場となっています。(例年50万人以上を動員するイベントですが、令和3年は、散策中心の「小田原梅の里さんぽ」として催行されます)

梅の開花時期には、近隣の農家の協力を得て、一部の梅林への散策が許可されています。公共交通が推奨されますが、マイカーの場合は、イベント用の臨時駐車場(有料)へ停めて、散策するようにしましょう。

<「小田原梅の里さんぽ」の基本情報>
会場:曽我梅林(別所会場)および小田原城址公園
電話番号:0465-20-4192(一般社団法人 小田原市観光協会)
アクセス:
曽我梅林(別所会場) JR下曽我駅から徒歩約20分
小田原城址公園 小田原駅東口から徒歩約10分
備考:市内小・中学校による絵画コンクールや、立春青空句会(会場:小田原城址公園)を開催。例年催行されているの流鏑馬神事などのイベントは中止

大パノラマ!見晴台は眺望絶佳

大パノラマ!見晴台は眺望絶佳

写真:咲田 みつる

地図を見る

梅林から見る富士山も素晴らしいのですが、健脚な方にはさらなる眺望を求めて「見晴台」へ足を延ばすことをおすすめします。見晴台への道はウォーキングコース『曽我の里散策コース(見晴らしコース)』として整備されています。最寄り駅から、広大な曽我梅林をぐるりと巡る周回コースで、所要時間は約2時間です。

周回することなく、「見晴台入り口」と「見晴台」のみの往復であれば、所要時間は1時間弱です。見晴台入り口は、 富士急湘南バスのバス停「下別所」が目印です。

大パノラマ!見晴台は眺望絶佳

写真:咲田 みつる

地図を見る

見晴台入り口から見晴台までは距離にして約1kmですが、標高差は約160mアップ!最初は緩やかですが、次第につづら坂になりますので、運動不足の方は少し息が上がってしまうかもしれません。

しかし、苦労した分、見晴台からの展望は抜群です。小田原市内がまるでジオラマのように見渡せます。南に相模湾、西に箱根や富士山、そして眼下には梅の花です。

大パノラマ!見晴台は眺望絶佳

写真:咲田 みつる

地図を見る

梅の里さんぽの会場へ視線を移せば、白いベールのように梅園が広がっています。紅梅の他、ピンクの際立つ河津桜もあるので、会場全体の彩りを引き締めるアクセントになっています。梅林へ引き返す際は、眼下にその美しい眺望をおさめながら、是非ゆっくりと下りの過程を楽しんでください。

「関東の富士見百景」の地 小田原市で富士山を見よう

小田原市内から見る富士山は「関東の富士見百景」に選定されており、どこから見ても非常に見栄えがします。特に2月上旬〜下旬の梅の開花時期の訪問がおすすめです。また、見晴台からの眺望は、富士山のみならず小田原市を見渡せる特等席です。見晴台への道のりは、急ではありますが、休憩をしながらゆっくり登り、散策を楽しんではいかがでしょうか。

2021年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/02/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -