海の見えるパウダー天国!北海道「朝里川温泉スキー場」

海の見えるパウダー天国!北海道「朝里川温泉スキー場」

更新日:2021/01/06 12:49

大谷 修一のプロフィール写真 大谷 修一 北の風水師、北海道のグルメ・温泉・パワースポットの達人
2020-21シーズンに新たなリフトとコースが加わり、ますます魅力を増した小樽の朝里川温泉スキー場。ここは札幌中心部から車で40分、小樽市内からなら15分という利便性に加えて、リーズナブルなリフト料金、良質の雪、そして山頂からの絶景の三拍子がそろい、地元スキーヤー・スノーボーダーたちの「穴場ゲレンデ」となっています。ここでは新しくオープンした施設を交えながら同スキー場の魅力を紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

山頂エリアでパウダースノーを堪能

山頂エリアでパウダースノーを堪能

写真:大谷 修一

地図を見る

「山頂エリアを滑らずして朝里川温泉スキー場を語るなかれ!」

良質のパウダースノーと天気の良い日に山頂から眺めるオーシャンビューは「豪雪地帯の港町・小樽」でしか味わうことができない魅力です。朝里川温泉スキー場を存分に楽しむため朝一番のリフトに乗り込み、山頂エリアまで足を運んでみましょう。

山頂エリアでパウダースノーを堪能

提供元:朝里川温泉スキー場

https://asari-ski.com/地図を見る

レッド、グリーン、パープルの3本のリフトを乗り継いで標高660mの山頂に到着。ホコホコのパウダースノーを丁寧にグルーミングした朝里川名物のバーンがスキーヤー・スノーボーダーをお迎えしてくれます。そして眼下に広がる街並みのその先には、純白のゲレンデと鮮やかにコントラストをなすオーシャンブルーの絶景が…。

山頂エリアでパウダースノーを堪能

写真:大谷 修一

地図を見る

山頂のピュアな空気を深呼吸で取り込み、まずは一本。リフト沿いのパープルコースは、標高差230mでその滑走距離は1100m。斜度もスタート地点で最大24度、平均すると15度で、プルークでしっかりスピードコントロールができるなら初級レベルでも問題ありません。

北海道のメジャーなスキー場から比べると人も少なく、ゲレンデは「ゼロ密」状態。コースを独り占めし、思いっきり大回りする「わがままカービングターン」も思う存分楽しむこともできます。

山麓まで絶景ダウンヒルを満喫

山麓まで絶景ダウンヒルを満喫

写真:大谷 修一

地図を見る

山頂のパウダーを充分堪能したら、次はパープルリフト乗り場を右に抜け、そのまま山麓に向かって滑って行きましょう。

ここはグリーンB、レッドAを経てセンターハウスに至る全長3キロのダイナミックなロングコースで、うまくタイミングがあえば石狩湾をゆっくりと進む大型フェリーの船影を眺めながらの「絶景ダウンヒル」を満喫できます。

山麓まで絶景ダウンヒルを満喫

写真:大谷 修一

地図を見る

中腹のグリーンBコースは朝里川穴場ゲレンデの一つで、午後を過ぎてもグルーミングしたてのバーンが至る所に。短い距離ではありますが、バージントラックにシュプールを刻む心地よさに酔いしれ、もう1本、またもう1本と繰り返し滑ってみたくなります。

バーンを降りて左に曲がると山麓のメインゲレンデ・レッドAに。またそのままコースなりに直進すれば新しくオープンした林間のホワイトコースに滑って行きます。この分岐点は看板が出ていないので、方向を見誤らないよう注意してください。

山麓まで絶景ダウンヒルを満喫

写真:大谷 修一

地図を見る

山麓に広がるレッドAは、朝里川温泉スキー場のもうひとつのメインゲレンデ。最大斜度23度、平均で17度のフラットに整地された一枚バーンは中・上級レベルの基礎練習におあつらえ向きの斜面です。

新しいイエローリフトがちびっ子たちに人気

新しいイエローリフトがちびっ子たちに人気

写真:大谷 修一

地図を見る

2020-21シーズン、センターハウスから山に向かって右手に初心者用中間駅を兼ね備えた第4のリフト「イエローリフト」が新設され、その麓には雪遊び場「アサリファンパーク」も誕生しました。

新しいイエローリフトがちびっ子たちに人気

提供元:朝里川温泉スキー場

https://asari-ski.com/

イエローコースはリフト終点からでも最大斜度19度、平均すると15度程度の初級向きバーンですが、中間駅からならさらに斜面は緩やか。初心者やゲレンデデビューをするちびっ子たちにとって優しいゲレンデです。

雪良し、値段良し、さらに絶景クルージングも楽しめるゲレンデが町の郊外にある…こんな贅沢なスキー場は、まさに北海道の豪雪地帯・小樽ならではと言えるでしょう。

朝里川温泉スキー場の基本情報

住所:北海道小樽市朝里川温泉1丁目394
電話番号:0134-54-0101

ゲレンデコース数:11
リフト:4
初心者用スノーエスカレーター:1
最大斜度:36度
最長滑走距離:3km
コース状況:初級 30%/中級 40%/上級 30%

営業期間:12月上旬〜翌4月上旬(積雪状況により変更あり)
営業時間:平日9:00〜16:00、土休日9:00〜17:00
(ハイシーズンは平日9:00〜17:00、土休日8:00〜18:00)

料金:
リフト1日券 大人3800円、中高生2,700円、小学生2200円、シニア2800円
4時間券 大人3300円、中高生2,500円、小学生1800円、シニア2600円
アフター14(午後2時以降) 大人2500円、小学生1200円、シニア2200円

2021年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/12/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -